Martin D-18

2019年6月15日 (土)

Martin D-18 Kluson tuning machine クリーニング(4)

弦を張ります。

Cimg9368

いつものMartin MSP4100。ライトゲージです。

うむ。いい感じ。

Cimg9369

気持ちいい。

Cimg9370

ピシッとして。

Cimg9371

弦高も、OK。

Cimg9385

2019年6月 2日 (日)

Martin D-18 Kluson tuning machine クリーニング(3)

ペグを取り付けます。

準備をして、

Cimg9360

装着。

Cimg9361

うーむ。ネジ穴が馬鹿になっていました。

Cimg9362

ここは、爪楊枝で、

Cimg9364

埋めます。

Cimg9365

けっこう短くなりました。

Cimg9366

バッチリ。

Cimg9367

(つづく。。。)

2019年5月30日 (木)

Martin D-18 Kluson tuning machine クリーニング(2)

ペグを外したヘッド。

Cimg9348

裏側。

Cimg9351

けっこう、「歴戦の勇士」ですね。(笑)

ついでに、いろんなところをクリーニング。

Cimg9349

ボディも。

Cimg9350

このウェザーチェック、渋くていいですね。しかも、ピックガードの塗装まで。

2019年5月29日 (水)

Martin D-18 Kluson tuning machine クリーニング

動きがイマイチの、Martin D-18 オリジナルKluson tuning machine。

外しました。

Cimg9347

グリスを、

Cimg9346

注入。

Cimg9344

つづく。。。。

2019年5月13日 (月)

Martin D-18(1962)

ひょんなことから手に入れたMartin D-18(1962)。

Img_0727 

同級生。

やはり、気持ちが違いますよね、同級生と思うと。

マホガニー恋しさが募っていただけに、喜びも一入です。

オリジナルのクルーソン・チューニングマシン。

Img_0734

所謂「シングルライン」です。

Img_0735

でもね、けっこう固いんですよ。

使いやすさを考えて、新しい「シングルライン」に交換しようかなと思っています。

あ、その前に、この穴からグリスを注入してみますか。。。

2019年4月30日 (火)

平成最後の日に・・・・

Martin D-18。

Img_0726
 
Martin D-18(1962)。
 
Img_0729
 
Img_0731
 
Img_0733

2018年8月16日 (木)

実は「さらば」してました Martin D-18(1952)

さらば涙と言おう。

けっこう好きな歌です。森田健作さんのね。

「俺は男だ!」夢中になって見ましたね。

それはともかく。

この後ろ姿。残っていた貴重な1枚。

Cimg8774

なんとなく寂しそう。

忙しくてあまり弾けない最中に、サヨナラしてしまっていました。

やはりね、ピックガードが手に負えませんでしたね。

さて、またMartin D-18探しの旅に出ます。やはりマホガニーの音色が恋しいので。

あ、D-45も探しています。

最近手放す一方なので、資金的にはアレなので。

がんばります。

2018年4月20日 (金)

Martin D-18 「残念なところ」その4-3

いやはや。

大変なブランクでした。

突然の異動命令。会社に仕える身としては、「はい!わかりました!」以外の答えはなく。

今度は、支店サイズも少し大きく、出張所もあるので、合計140人ほどのスタッフに囲まれています。その他、パートさんも20人ぐらいはいますか。。。。

異動しておよそ半月、ようやく落ち着きました。

ということで、Martin D-18の続きです。

ええと、どこまで書きましたかね。(笑)

あ、ピックガード関係でした。

はたと困ったところでしたね。(笑)

これなんです。

Cimg8769

わかるでしょうか。

ヒビのようなものが入っているのです。

ちょうど1弦の下辺り、ピックガードの内側ですね。

いわゆる「マーチンクラック」ってヤツなんでしょうか。

ピックガードの外側は、このとおり。

Cimg8770

何でもありません。

ですが、

Cimg8843

もう一枚。

Cimg8845

ボディの内部を見てみますと、異常ありません。

幸い、割れ?ヒビ?は、貫通していないのです。

さて、どうしたものか。ハタと困りました。

表面のヒビは、放っておいていいものかどうか。

いいのであれば、そのまま両面テープでピックガードを貼ってしまおうかと。自分で。

悩みどころです。

2018年3月25日 (日)

Martin D-18 「残念なところ」その4-2

「うーん」なピックガード。

前回は「衝撃の写真」を見ていただきました。

ただ、「にもかかわらず、なぜ購入したか」ですよね。

その理由は、これです。

Cimg8781

オリジナルのピックガードが付いているのです。

Cimg8782

ようするに、「な~んだ、貼ればいいんだ!」ということですね。

しかし、ここで、はたと困る私でした。。。

2018年3月18日 (日)

Martin D-18 「残念なところ」その4-1

なかなかですね。

更新が思うように行かず。。。。

さて、「その4」です。

これは極めつけです。

でも、しつこいようですが、「それを承知の上で」私は購入したのです。

その衝撃の写真は、こちら。

Cimg8778

ハイ。

ピックガードが剥がれています。

Cimg8766

別の角度から。

Cimg8773

もう一枚。

Cimg8780

さて。。。

より以前の記事一覧

最近のトラックバック