Martin

2015年12月31日 (木)

Martin(1962)の出物とは

いよいよ、今年も暮れていきます。

本blogをご覧くださった皆様、誠にありがとうございました。

また、コメントをくださった方々には、深く感謝申し上げます。

さて、大晦日の時点で、J-guitarにあるMartinの1962年物は、こんなところです。

Martin1962

わずか7本。

この中に、私の求めるものはありません。(akogi305さん、1963には素晴らしいD-28出てますよ)

来年、素晴らしい出会いがありますように。。。。

最後は、この動画で締めくくりたいと思います。私の、第一のテーマ曲です。

また来年もよろしくお願い申し上げます。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

2015年12月30日 (水)

こんなのが。。。

今年はついに手にできなかったMartin D-28(1962)。

生まれ年ギター佐賀市、もとい、探しの旅は、来年も続きます。(おいおい、ATOK2015、おかしくないか? あ、私、一太郎派閥なんで、ATOK使ってます)

いや、単なる「生まれ年」なら、ほかにもいろいろあるわけで。

たとえば、こんなのが。。。

Martin_d21_1962

サイトは、こちら

うーん。迷っちゃいますよね。Martinだし。

と思ったら、こんなのも。

Hummingbird1962

おっと、Gibson Hummingbird。

これは、こちらのサイトです。1962年ですと、オール単板でしょうか。どうなのでしょうか。

でも、いかんいかん。雑念は無用。

とかなんとかいいながら、もし彗星のごとくD-18が目の前にぶら下がったら。。。

いかんいかん。(ブルル)

けっこう誘惑が多いですね。(笑)

めざすは、Martin D-28。これあるのみ。。。。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

2015年10月 8日 (木)

南こうせつさんのギター(2)

9/29の「南こうせつさんのギター」で、こうせつさんのMartinを紹介したのですが、しばしばさんから「あれ? こうせつのD-45は正やんと同じ71年製じゃなっかたでしたっけ???」という疑問をいただいていました。

そこで!

こんな本を見つけました。

Cimg7353

平成12年の発刊ですから、もう15年も前の本です。

古本も、インターネットのお陰で本当に手に入れやすくなりましたね。

さて、そこには!

ありましたよ。

Img_0000

南こうせつさんのMartin D-45が紹介されていました。

ここでは間違いなく「'71年製」となっています。

これが、「南こうせつさんのギター」で紹介したMartin D-45と同じかどうか、というのは、正直、分かりません。

たしかに、この「'71年製」はピックアップがついていますし、前回紹介したのはピックアップが付いていないという解説はありましたが。それをもって「別のギター」とは断定できません。

もっとも、9/29「南こうせつさんのギター」でお示しした本は、平成19年の発刊ですから、今回のよりは7年ほど新しいことになります。ですから、7年の間に「買い替えた」ということも考えられます。

うーん。考えれば考えるほど謎ですね。

それはさておき。

こんなのも紹介されていました。

Img_0003k

さすが、凄いスペックのものばかりですね。

この本には、正やんとパンダさんのギターも載っています。

正やんのTerry's Terry。

Img_0001

インレイがシブいですね。

パンダさんのGibson Dove。

Img_0002

これは、サドルが変わっています。Tune-O-Matic(チューン・オー・マチック)という、弦それぞれにサドルがあって、一つ一つ調整するタイプです。エレキギターと同じですね。私のような雑な人間には合わないかも。(笑)

しかし、Doveもカッコいいですね。

さらに、

Img_0003


まとめて。

パンダさんのMartin D-45は'72年製なのですね。

楽しそうな対談でした。

Img_0004

こちら、パンダさんが珍しくギターを弾いている映像です。しかも、Gibson Dove。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

2015年9月29日 (火)

南こうせつさんのギター

かぐや姫ファンとしては。

南こうせつさんのギターは気になりますね。

こんな本持ってます。

Cimg7229

この本には、コレクションの一部が掲載されています。

最初は、やはりこれですかね。

D45kohsetsu

Martin D-45。

1970年製とのこと。「惜しい!」ですかね。(笑)

ピックアップを付けていないというのは、ステージで使っていないということなのかも知れません。

そして、

D28kohsetsu

D-28ですねえ~。

1956年製とのことで、すごい風格です。

が、ショートサドルが付いています。ブリッジを張り替えたのでしょうか。あるいは、ロングの溝にわざとショートを取り付けているのか。はっきりとは写っていませんが、ロングサドルの溝があるようにも見えます。

こんな説明がついています。

D28kohsetsu2

1966年製も所有とは、流石です。

その他、Martinでは、

00028kohsetsu

000-28。しかも、1949年!

なるほど。やはり「生まれ年」なのですね。

誰もが憧れる、「Birth year Guitar」。

さらにさらに盛り上がった次第です!(これがオチでした)

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

2015年9月14日 (月)

手にしたいギター

恥を承知で、リストアップしてみたいと思うのです。

これから、可能であれば手に入れたいギターたちです。

当然のことながら、Martin D-28(1962)は必ずや!です。

が、それ以外にも、、、、、。

資金的に、私の辞書に「不可能」という言葉がでっかく載っているのは事実です。

が、何事も思わなければ実現しませんし、「思う」だけなら只ですから。(笑)

まず、YAMAHA L-41。

L41

これはですね。まず見つかりませんね。ネットで検索できるすべての楽器店で売っていません。

この写真は、某ショップから拝借したのですが、もちろん、sold品です。しかも、かなり前の。

1980年代当時のYAMAHAレギュラーラインでは、最上位機種でした。定価25万円。

製作された期間が僅か数年でしたから、入手するのは極めて困難ですね。

次に、YAMAHA L-15。

L15

この写真も、上記のショップの物です。しかも、現行販売品です。

が、手が届きません。28万円!

確かに「高級ハカランダ単板」ですが、当時としては定価15万円。L-41の下位機種です。

もっとも、L-41と併存していたのはこのドレッドノートタイプではなく、ジャンボ(フォーク?)タイプの後継機種。

同じL-15でも、値段が格段に違います。10万円ぐらいの違いがあるのです。

私の好みは、もちろん、この1970年代ドレッドノート。

YAMAHAから2機種がランク・インしましたが、やはり日本人としては、ね。

そして、Guild D-55、1970年代。

D55

持ってはいます。近年物は。

と言っても、Fender傘下のTacoma工場製ですから、一世代前、いや、Fenderを離れた今、二世代前ぐらいの感覚かも知れません。

カミさんからのプレゼントですから、もちろん愛器です。

が、1970年代は「別格」ですよね。

Gibson Hummingbird。

Hummingbird

ちょっと前まで、「Gibsonの選択肢はない」などと嘯いていましたが、深く反省しております。

数か月前、久しぶりに都会に出まして、ある楽器店でHummingbirdを試奏したのです。

Martinとは似ても似つかぬマホガニー・サウンドに驚きました。同じマホガニーでも、D-18とは、まったく違うのです。

で、悪くはないかな、と。

ということで、シメはGuild D-40。

D40

Martin D-18、Gibson Hummingbirdと来れば、Guild D-40を外す理由は見つかりません。

これもやはり、1970年代以前ですね。

ああ、、、、今日はいい夢を見ました。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

2015年8月22日 (土)

Birth year guitar計画

一つのね、「目標」って言うんでしょうかね。

自分が生まれた年に製造されたギターを手にするのは。

私の場合は、昭和37年つまり1962年。

そうなると、ものすごく限定されてしまうわけですね。

それは、ある意味幸せなことであり、しかし、ある意味辛いことでもあり。

どういうことかと言いますと、、、、、。

1962年となりますと、まず国産ギターでは存在していないわけです。

YAMAHAの第1号機は、1966年10月に発売されたFG-180とFG-150ですからね。

国産以外でも、調べてみると、、、、。

こちらはJ-Guitar。

Jguitar1962

そして、デジマート。

Degi1962

なんとなんとなんとなんと!

そうなのです。

MartinとGibsonしかないのですよ!(デジマートの方は「不純物」が2つ混じってますが」

いずれにしても、Birth year guitarを持つならMartin、Guild、Gibson以外は考えられないわけで。

しかも、Gibsonは、、、、ですし、Guildを見つけるのはほぼ不可能ですから、必然的にMartinに絞られ。

さらに、私の好みから言えばドレッドノートしかないわけで。

ということで、「幸せ」はまさにヴィンテージの真っ只中であるということ。Martinであっても、当時の最上位機種はD-28なんですね。まだ、35も41も45も存在していないというのも、「幸せ」の一つかも知れません。

「辛い」のは、ぶっちゃけ、値段ですよね。(笑)

けっこうキツいッスよね。

まあ、それはそれで仕方ないということで、今年は機種も整理しつつあるので、1962年製「Martin D-28」を手に入れることを目標として据えます!

J-Guitarやデジマートのリストにない物の発掘も含めて、鋭意探索いたします!

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

2015年3月29日 (日)

12弦ギター考

私の大好きな12弦ギター。

持っているのは、Guild G-312。

Cimg6852

でも、正直、12弦ギターというのはスタンダードではありません。

あまり売れませんよね。ですから、G-312も廃盤となってしまったわけで。

他のメーカーはどうかと調べてみたら、、、、。

Gibsonはレギュラーモデルにラインナップされていません。

Martinは、これ。

D1228

D12-28ですね。D-28の12弦バージョン。

D1228_f

詳しくは、こちらこちらもどうぞ。

D1228_h

しかし、、、、Guildもそうですけど、すごいヘッド。。。

D1228_b

サイド・バックは、インディアン・ローズウッド。

スペックは、もちろんD-28とほぼ同じなのですが、もちろん指板幅は違います。ナット幅がD-28が42.9mmなのに対して、D12-28は47.6mm。弦の本数が違いますから、これは当然です。

が、、、、なんとなんと。もう一つ。スケールつまり弦長が違うのです。

D-28が645.2mmなのに対して、D12-28は632.5mm。12.7mmも違います。

なぜなのか。これは推測ですが、弦の張力を、少しでも軽くするためではないでしょうか。何せ12弦ですから。大変なものです。が、スケールが短ければ、張力はかなり違うはずです。

その他、いろいろな写真を見ますと、ブリッジの厚さも相当なものですね。

D1228_t

値段は、定価いわゆるメーカー小売り希望価格は税込¥486,000なり。実勢価格は、J-guitarによれば¥364,500円。どこの楽器店も同じ値段です。不思議。D-28よりも4万円ほど高いですね。

米国のMartinサイトでは、$3,449。円換算すると、定価とほぼピッタンコ。

どんな音がするのでしょうか。。。

さて、YAMAHAも、ありました。

LL16-12 AREという機種です。LL16の12弦モデルとのこと。

Ll1612_are

詳しくはこちらにありますが、トップがイングルマンスプルース単板(A.R.E.)にもかかわらず、なんと税込135,000円。実勢価格108,000円は実に魅力的。しかも、パッシブタイプながらピックアップ付き。

Ll1612_are2

ヘッドもカッコいい。。。。Goldのペグも嬉しいですね。

YAMAHAも、6弦の弦長650mmに対して、12弦は634mm。16mmも短くしています。

なるほど。。。

で、Guild G-312はどうか。。。

Cimg6759

驚きました。6弦モデルと同じです。それどころか、650.9mmです。Martin D-28より長い!

しかも、ブレイシングはスキャロップド!

Cimg6200

うーむ。ということは、もうかなり音が違いますね。同じスプルース、インディアン・ローズウッドでも。

こんな動画を見つけました。

それがメーカーによる違いということなのでしょうね。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

2015年2月27日 (金)

Martinギターの値段とは。。。

たしかにGuildは好きなのですが、無論、Martinも好きですよ。

我がMartinラインナップは、

D-18。

Cimg6722

D-35。

P1000852

D-41。

Cimg6698

D-45。

Cimg6799

といったところです。

めちゃめちゃ「定番」ばかりですが。

ネットでMartinの値段など見ていますと、あることに気づきます。

それは、

「ロングサドルの年代のものはメチャクチャ高い」

ということです。

もちろん、いわゆる「ビンテージ」ということになるわけですが、それでもロングサドル期のものとショートサドルになってからのものとでは、かなりの価格差がある、という感じがするのです。

きっと、つくりとか使用材とか、いろいろな違いがあるのでしょうね。詳しくはわかりませんが。

実は、上記の「定番」の中で、「定番中の定番」たるD-28がありません。

これはどういうことかと言いますと、実は「自分の生まれ年のD-28を入手したい」という願望の表れなんですね。そのために「欠番」となっているのです。

ところが、ここで難関が立ちはだかっているわけです。

生まれ年のMartin D-28は、なんと「ロングサドル期」になってしまうのです。

うーん。これは。。。

しかし、これを聴くと。。。

欲しくなりますよね。

私の場合は豚に真珠、猫に小判ではありますが。

一つの目標ですかね。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

2014年9月15日 (月)

ギターと芸術

何でもそうなのでしょうけれど、「実用品」なのか「美術品」なのかということ。。。

ちょっと、ネットから拾ってみました。

すごいですよね。漢字で書きたくなりますね。「凄い」って。

Martin D-100 Deluxe。

Martin_d100_0

「100」ですからね、何てったって。

Img_6812

我々の世代って、「100」という数字に弱いですね。

まずはトップから。

Martin_d100_5

サウンドホールのヘリンボーン、ピックガードとブリッジのインレイ。言葉もありません。

別の角度から。

D100deluxe_t

ピックガードの色が黒というのが救い?でしょうか。

Img_7467

それにしても、ここまで・・・。

ブリッジ。

Img_7487

ブリッジピンまで特殊ですね。このドットは、まるで宝石のようです。

ピンの素材は、象牙っぽいですね。サドルもそうでしょうね。

ロングサドルではなく、普通のサドルというところがちょっとした驚きです。

バックです。

Martin_d100_4

ギョギョッ!

拡大してみます。

Martin_d100_2

「・・・」ですねー。

さらに真ん中を拡大。

Img_7419

もう少し拡大。

Martin_d100_3

いやはや。溜息しか出ません。

別の部分には。。。

Img_7574

なんと、マーチンさんの顔が。。。これは、ちょっと、、、ですかね。

ヘッドです。

D100deluxe_h

斜め45度から。

Img_73502

まさに「貝だらけ」。Waverlyのペグまで彫金されています。

指板はこんな感じ。

まずは全体像。

Img_7516

ジョイント部分。

Img_7568

花でしょうか。

フレットは、Goldメッキです。

同じところを別角度から。

Img_7366

トリムがヘリンボートというのは以外ですが、どうしてどうして、ヘリンボーンもね、貝です。HD-28Vなどとは違って。キラキラしてます。それ以外も、とにかく貝を使っています。

私だったら、サウンドホールも含めてヘリンボーンではないほうがいいですけど。D-45のようなタイプが好きですね。

最後に・・・。

何と、ネックブロックの焼き印も、こんなんです。

Martin_d100_6

ちゃんとね、尻尾の先っちょまで餡子が詰まってますね。

さすが、Martin。

結論としましては、これは「弾くギター」ではないですね。

鍵をかけたガラスケースに入れて、うっとりと眺める、というギターです。

でも、弾くとこの夜のものとは思えないような音色なのでしょうね。

なお、Martin社のサイトによりますと、次のようなスペックになっています。

◆◆◆

Model: D-100 Deluxe
Construction: Mahogany Blocks/Dovetail Neck Joint
Body Size: D-14 Fret
Top: Solid Adirondack Spruce
Rosette: Herringbone Pearl
Top Bracing Pattern: Standard ''X'' Scalloped, Forward Shifted
Top Braces: Solid Adirondack Spruce 5/16''
Back Material: Solid Brazilian Rosewood - Custom Pearl Inlay
Back Purfling: none
Side Material: Solid Brazilian Rosewood
Endpiece: Style 45
Endpiece Inlay: Select Pearl with Black/White Fiber
Binding: Grained Ivoroid
Top Inlay Style: Style 50 with Black/White/Black Fiber
Side Inlay: Abalone Pearl with Black/White/Black Fiber
Back Inlay: Abalone Pearl with Black/White/Black Fiber
Neck Material: Genuine Mahogany
Neck Shape: Modified V
Nut Material: Fossilized Ivory
Headstock: Solid/Diamond/Square Taper/Pearl Border
Headplate: Solid Brazilian Rosewood /Custom Inlay
Heelcap: Grained Ivoroid
Fingerboard Material: Solid Black Ebony
Scale Length: 25.4''
Number of Frets Clear: 14
Number of Frets Total: 20
Fingerboard Width at Nut: 1-3/4''
Fingerboard Width at 12th Fret: 2-1/4''
Fingerboard Position Inlays: none
Fingerboard Binding: Grained Ivoroid
Finish Back & Sides: Polished Gloss
Finish Top: Polished Gloss w/ Aging Toner
Finish Neck: Polished Gloss
Bridge Material: Solid Black Ebony
Bridge Style: Belly
Bridge String Spacing: 2-1/4''
Saddle: 16'' Radius/Compensated/Fossilized Ivory
Tuning Machines: Waverly Gold Hand Engraved w/ Butterbean Knobs
Recommended Strings: Martin SP Lifespan Phosphor Bronze Medium Gauge (MSP7200)
Bridge & End Pins: Fossilized Ivory/Green Tourmaline Dots Bordered in 14-Karat Gold Settings
Pickguard: Beveled Black Micarta w/ Tree of Life & Mother of Pearl Border Inlay - Under Finish
Case: 545DLBLACK Geib style w/ Black Leather Exterior & Black Velvet Interior
Interior Label: Signed by CFM IV, Numbered In Sequence with Total (50)
Electronics: Optional
Other Options: Available left-handed at no additional charge
Other Comments: All prices & specifications are subject to change without notice.

◆◆◆

気になるお値段ですが、サイトには、

List Price: $114,999.00

とありました。ん?一、十、百、千、万・・・。約11万5千ドル、ですか。

つまり、せ、せ、せ、せんにひゃく万円!

思わずひらがなになっちゃいましたが、1200万円。

クラッ。。。

実勢価格はもう少し下がるでしょうが、いずれにしても、大富豪の邸宅にのみ存在しうる物ということになりましょう。

ネック起きちゃっても、リペア業者さんも手を付けたくないですよね。

まったくもって、「実用品」ではなく「美術品」ですね。

2014年5月18日 (日)

愛しきストラップたち(5)

 Martinもう1本。

P1000703

 これもね、レザーなんですよ。

 これまで紹介してきたのとは違う質感のレザー。

 ロゴは印刷ですね。同じレザーでも、こちらは淡泊な感じ。

 これはこれで使いやすいですけれど。

 D-18専用にしてます。というのも、D-18にはピックアップが付いていて、エンドピンジャックにしているものですから、ストラップも穴の径が大きくしておかないと。

 で、専用になりました。いやなに、自分でポンチを打ち込んで穴の径を広げたわけです。

 しかし、、、腕の悪い男は、好不調の波も激しいね。

 今日は、けっこう気持ちよく弾いてます。

ポチッとよろしく!