Guild D55

2017年12月 1日 (金)

過ぎたるは猶及ばざるが如し

ハイ。

Cimg8686

実は朝から3台の加湿器全開にして仕事に行きました。

ストーブのタイマーは午後5時にセットしています。

その結果。

まあ、過ぎたるは猶及ばざるが如し。

前回ではなく、半開ぐらいがいいのかもしれません。

ただ、だいたい1時間後には50パーセント程度になりましたので、今日は久々の演奏でした。

Guild D55。ナッシュビル・チューニング。

Cimg8687

久しぶりなので、指に負担かけないように。

Cimg8689

ナッシュビル・チューニング。気持ちいい音色です。

みなさんも、是非試してみてください。

2017年10月15日 (日)

「あいつ」をナッシュビル・チューニングで

久々の登場、Guild D55。

Cimg8217

ナッシュビル・チューニングのレパートリーも、不動のメンバー。

「22才の別れ」

「あいつ」

「なごり雪」

の正やんシリーズはもちろんのこと、

「あの素晴しい愛をもう一度」

「秋止符」

「歳時記」

などなどなど。。。。

Cimg8219

Guild D55 ナッシュビル・チューニングのキラキラ感が、ホント、堪りません。

ということで、今回はこれ。

https://youtu.be/YSM4BT3benc

いつものように、下手っぴなのはご容赦ください。(笑)

2番でミスしたため、フェイドアウトしています。やり直す気力が、、、、ちょっと、、、、。

これ、雑音ひどいですけど貴重な動画です。

こんなももありました。

なんと、イルカさんも歌ってました。

ファースト・アルバム「イルカの世界」というアルバムに入っているようです。

そんな日曜日をゆったりと過ごしました。

2017年5月28日 (日)

これまた久々のナッシュビル・チューニング

午前中は我慢していたのですが、、、、やはりストーブを焚いてしまいました。。。。

それはともかくとして。

Guild D55は、ナッシュビル・チューニング専用器。

Cimg8219

言葉では表現できない音色が、また格別なのです。キラキラ感が堪りません。

Cimg8215

レパートリーは、

「22才の別れ」

「海岸通」

「なごり雪」

「あいつ」

「歳時記」

などなど。なぜか正やんの曲が多いですね。

今日も気持ちよく弾きました。

さて、

Cimg8324

サドルです。

ナッシュビル・チューニングの場合、レギュラー・チューニングと同じサドルでは弦高が低くなってしまってビリビリしてしまう場合があります。

(それにしても、細かい埃が付いてますね。こうして拡大しないと分かりませんが。ピックガードの縁は、ピックガードを貼り付けている両面テープにゴミが付いてしまうんですよね。皆さんはどうしてますか)

Cimg8325

それで、私はこんな高々としたサドルを装着しています。もちろんナッシュビル・チューニング専用です。レギュラー・チューニング用は別にあります。

Cimg8328

うーむ。高い。

こんな感じです。

Cimg8327

弦高は、

Cimg8214

いいところですね。

2017年1月20日 (金)

久々のナッシュビル・チューニング

Guild D55。

久々のナッシュビル・チューニング化。

ハイ。

Cimg8108

Martin MSPHT10です。

Img_0430

紙の箱ではないMartinの弦は、1本ずつの弦袋に入っています。

Cimg8107

実は今回、ペグを交換しました。

Img_0429

これまで、オリジナルのGrover 102GからGOTOHのSG301に換えて使っていましたが。

Img_0433

GuildのG-shield ロゴ入りのペグを米国在住の友人から送ってもらい。

英国のDIXONというメーカーの製品のようです。型番は、SKG395GDとありました。

Grover 102G、GOTOH SG301とは完全互換で、簡単に交換できました。

うーん。カッコいい・・・・。

さて、そのMartin MSPHT10。

以前書いたように、ゲージが「.010  .012  .008  .013  .017  .025」となっています。

そこで。

Cimg8111

4弦用の.013と2弦用の.012を逆にして張りました。

つまり、「.010  .013  .008  .012  .017  .025」としたのです。

Cimg8110

2017年1月 3日 (火)

今年もよろしくお願い申し上げます。

皆様。

Img_0301

今年もギターに励みます。

Img_0269

よろしくお願い申し上げます。

念頭にGuild D55をもってくるあたり、やはり私にはGuildに拘りがあるのですね。

さて、どんな年になるのでしょうか。

Img_0303

人間、齢50を過ぎますと、どんな病を得ても「そんな馬鹿な」とか「まさか」などという言葉は使えません。

悔いのない年にできれば。。。。

ただ、それだけですね。

明日、仕事始め。例年の如く、支店長全員本社に集められて。がんばります!

2016年9月16日 (金)

そろそろ、弦も限界か

今回は長かったですね。

Img_0268

弦。交換したのは、たしか5月のGW。

ということは、4か月使ったわけで。

Img_0300

それは、なかなか交換する時間がとれなかったということでもあるのですが。

Img_0303

反省ですね。

やはり、3か月ぐらいで交換したいところ。

Img_0306

それは、指板などのメンテナンスを考えて。

これまでは、休日にいっぺんに交換していましたが、他法の折、なかなかまとまった時間がとれません。

こけからは、「1日1台」を基本にチマチマとすることにしました。

ということで、Guild D55。

レギュラーの弦で弾くのは、あと1回ぐらいかな。

Img_0308

久しぶりにナッシュビル・チューニングで行きたいと考えているのです。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

2016年6月22日 (水)

音色にうっとり・・・Guild D55

私は「Guild病」なのでしょうか。

今日のGuild D55は、いつになく?いい音色。

Img_0263

私の「その日の指標」は、「岬めぐり」。

Img_0265

ほぼ毎回、一番最初に弾きます。

これが気持ちよく(下手は下手なりに)決まれば、いい感じでその日は終われるのです。

「気持ち」ですから、そこには音色も関係してくるわけで。

Img_0267

てなことで、いい一日でした。。。。

因みに、昨夜は火を焚かずに過ごせました。

ただ、寝るときは、まだ「タオルケット+毛布+掛け布団」です。。。。

今夜も火を焚いていません。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

2016年6月 4日 (土)

これもまた、全盛期は70年代

Guild D55。

Img_0262

これはですね、以前も書きましたがカミさんに買ってもらった大切な物ですから、生涯手放すことはありません。

が、新しい個体ですから、音色はまだまだ硬いですね。

Img_0302

やはり、Guildの全盛期と言えば70年代。

できれば前半の逸品が欲しいところ。

人間の欲望というのは、限りがないものですね。

でも、そうして「夢を見る」というのもいいかもしれません。

Img_0305

そんなことを思いながら、ギターを弾ける幸せを感じていたのでした。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

2016年5月15日 (日)

Guild D55 レギュラー弦復活

Guild D55は、しばらくナッシュビル・チューニングにしていたこともあり、登場回数が減っていましたね。

で。

Img_0273

ハイ。

今回の弦交換により、レギュラーチューニングの弦に戻ってきました。

Img_0261

これはこれで、すごくいいんですね。

まだまだ音は硬めですが、たぶんこれがGuild D55のデフォルトではないかと思っています。

弦高も。

Cimg7952

2.5mm。うーん、ナイス。

いいですねえ、G-Shield ロゴ。

Img_0264

このロゴ、すべてのギターに欲しいところですが、、、、まあ、Martinで言えば縦ロゴ、つまりは高級機種の証なわけで。

今日は、なぜか「海岸通」に酔い痴れましたね。

切ない調べですね。。。。

私はGuild D55での「海岸通」アルペジオ。

私も、いつか公開します。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

2016年2月28日 (日)

またもや!

日曜日はナッシュビル・チューニングってことで、

Img_0110

Guild D55。

ま、昨日は「12弦サタデー」ということでGuild G-312stdでしたからね。

「ナッシュビルサンデー」ですかね。

Img_01111

このか細い弦の奏でるキラキラした世界。

たまりせん。

やはり、一家に1台、ナッシュビル・チューニング。

と思いきや。

調子よく弾いて、さあ、磨いてしまおう、弦を緩めて・・・・・・「プツン!」

Img_0129

もう、無言です。

Img_0130

続いています。

6弦。ナッシュビル・チューニングの6弦であれば、027の太さですからあり得ると言えばあり得るわけで。

もちろん、初めてですけど。

自然現象であると思うしかないですね。それだけはったり緩めたりしたということ。つまり、弾いたということ。

およそ3か月。いいところですかね。

しかし、交換するセットがありません。注文しますか。。。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

より以前の記事一覧