メンテナンス

2019年6月19日 (水)

こちらも・・・

Martin D-28(1962)。

こちらも、

Cimg9413

弦交換。

Cimg9414

ピカピカに、

Cimg9412

磨いて。

Cimg9417

気持ちいい。。。。

Cimg9416

やはり、ロングサドルだなあ。

Cimg9415

よっしゃ!

Cimg9044

2019年6月15日 (土)

Martin D-18 Kluson tuning machine クリーニング(4)

弦を張ります。

Cimg9368

いつものMartin MSP4100。ライトゲージです。

うむ。いい感じ。

Cimg9369

気持ちいい。

Cimg9370

ピシッとして。

Cimg9371

弦高も、OK。

Cimg9385

2019年6月 2日 (日)

Martin D-18 Kluson tuning machine クリーニング(3)

ペグを取り付けます。

準備をして、

Cimg9360

装着。

Cimg9361

うーむ。ネジ穴が馬鹿になっていました。

Cimg9362

ここは、爪楊枝で、

Cimg9364

埋めます。

Cimg9365

けっこう短くなりました。

Cimg9366

バッチリ。

Cimg9367

(つづく。。。)

2019年5月30日 (木)

Martin D-18 Kluson tuning machine クリーニング(2)

ペグを外したヘッド。

Cimg9348

裏側。

Cimg9351

けっこう、「歴戦の勇士」ですね。(笑)

ついでに、いろんなところをクリーニング。

Cimg9349

ボディも。

Cimg9350

このウェザーチェック、渋くていいですね。しかも、ピックガードの塗装まで。

2019年5月29日 (水)

Martin D-18 Kluson tuning machine クリーニング

動きがイマイチの、Martin D-18 オリジナルKluson tuning machine。

外しました。

Cimg9347

グリスを、

Cimg9346

注入。

Cimg9344

つづく。。。。

2019年5月14日 (火)

こんな風に拭いてます

やはり、大切にしないとね。

Cimg9183

マイクロファイバーの手袋をして。

Cimg9184

こんな風に。

Cimg9185

拭いてます。

Cimg9186

ギターは、ある意味分身みたいなもの。

我がMartin D-28(1962)。

中古のボロですが、少しでもきれいになれば、ね。

さて、次回、新しい弦張ります。

2018年11月 4日 (日)

弦高調整用ゲージ買いました

プロミュージシャンでもないし。

ギターをいじるような仕事もしていないし。

でもね、ついつい買っちゃうんですね。

Cimg9137

ハイ。

D'Addario PW-SHG-01 String Height Gauge。

Cimg9158

ブツを剥がしたら、

Cimg9160

正面から。

Daddario_pwshg01_string_height_gaug

ブツの裏側は、こんな感じ。

Cimg9162

早速測ってみますと、

Cimg9165

こんな感じです。

0.25mm刻みで線が引かれているのですが、まあ見づらいこと。(笑)

欲を言えば、この部分にも目盛りがあるといいですよね。

それはともかく。

Cimg9096

我がGuild D44M。

Cimg9097

相変わらず、感動的な鳴りでした。

2018年10月20日 (土)

最近、こんなのを・・・

冬だから、というわけではないですが。

Cimg9127

こいつを着けて、

Cimg9128

もちろん、両手に。

Cimg9129

ギターをゴシゴシ。

Cimg9130

裏板も。

Cimg9131

ペグも。

Cimg9132

ネックも。

Cimg9133

表板も。

Cimg9134

弾き終わった後、いつもギターを磨きます。

愛情込めて、しっかりと乾拭き。

そう。この手袋は、マイクロファイバー製なのです。

うーん。痒いところに手が届くクリーニンググッズ。

Guild G-312std.。今日もまた、ウットリするような、いい音色を奏でてくれました。

感謝とともに、きれいに磨きました。

皆さんも、ぜひマイクロファイバー製手袋を!

2018年10月 6日 (土)

私が使っているオレンジオイル

指板などを磨いたり、潤いを与えるために使っているオレンジオイルやレモンオイル。

私ももちろん使っています。

私のBlogに時々コメントを下さる幹さんが使っていらっしゃるレモンオイルは、「火気厳禁 第二石油類」なのだということでした。

これには驚いてしまいました。

「たしかにオイルだから・・・・」

とは思いましたが。成分までマジマジと確認してことはありませんでした。

そこで、私が愛用しているオレンジオイルを、初めてじっくりと見てみました。

Cimg9063

これは、blog友のこじさんも使っているとのこと。

舶来品なんですね。英語なのでちんぷんかんぷん。

Cimg9064

「飲み込んだら、有害で致命的」と書いてあります。ゾッとしますね。

でも、一部日本語の説明も書いてありました。

Cimg9065

「天然のオレンジオイルとミネラルオイルを配合した木部のクリーナーです」

とのこと。

残念ながら、成分は書いてないですね。

天然のオレンジオイルとミネラルオイルだけなのか。それとも石油が混ざっているのか。

結局は分かりませんでした。

ただ、ラッカー塗装に使ってもOKというのには驚きましたね。つまり、ギターの塗装面に付着しても何でもないということ。

これにはホッとしました。

2017年12月 1日 (金)

過ぎたるは猶及ばざるが如し

ハイ。

Cimg8686

実は朝から3台の加湿器全開にして仕事に行きました。

ストーブのタイマーは午後5時にセットしています。

その結果。

まあ、過ぎたるは猶及ばざるが如し。

前回ではなく、半開ぐらいがいいのかもしれません。

ただ、だいたい1時間後には50パーセント程度になりましたので、今日は久々の演奏でした。

Guild D55。ナッシュビル・チューニング。

Cimg8687

久しぶりなので、指に負担かけないように。

Cimg8689

ナッシュビル・チューニング。気持ちいい音色です。

みなさんも、是非試してみてください。

最近のトラックバック