チューナー

2017年1月21日 (土)

同じ物?

近頃使っているチューナーは、これです。

Cimg8156

KORGのクリップ型チューナー、PitchHawk-G2 BK。

性能は、もちろん抜群です。

が、以前使っていた同じKORGのAW-2と比べると、正直、反応が遅いです。僅かですが。

たぶん、私の推測ですが、カラーLCDディスプレイになったからだと思います。これは、KORGのサイトからです。

Korg01

私はホント、ミーハーなので、こちらの方がカッコいいのでさっさと乗り換えました。(笑)

多少の反応の遅さは、気になりません。

スペックは、こうなっています。(KORGのサイト)から。

Korg_spec

しかし。。。。最近、大発見?しました。

こちら。

Vox01

VOXのクリップ型チューナー、AC Clip Tune。

ん?どこかで見たような形だな。。。でも、こっちのほうがデザイン的に好み。カッコいい。

で、買ってしまったわけです。

Cimg8117

開けてみると。

Cimg8153

おおっ!瓜二つ。

取り付けてみると。

Cimg8147

うーむ。Martinと合うかも。

VOX社のサイトでは、

Vox02

裏側は、

Vox03

完璧、同じですね。実物を比べても、まったく同じです。デザインと品名、ロゴが違うだけ。

スペックも、

Vox_spec

同じです。

買って驚いたこと。

こちら、楽天の愛曲楽器。

Vox_rakuten01aikyoku

送料込みで990円!

こちらは、石橋楽器。

Vox_rakuten02isibasi


は?送料別で2,160円!

倍以上の値段の違い!

因みに、KORGのPitchHawk-G2も2000円以上します。不思議ですね。

もちろん、私は安い方を買いました。

VOXと言えば、アンプ。その模様は、有名ですね。

それが何と、クリップ型チューナーになったわけで。

もう一つ買っちゃおうかな。。。

2014年12月 9日 (火)

チューニングの不思議

前からずーーーーーっと不思議に思っていたこと。

チューニングのこと。

普通は、まあ、開放弦で合わせるわけですよ。

5弦は、Aですよね。

昔は音叉しかなかったものだから、まず5弦を最初に合わせていたような気がします。

それはともかく、5弦はAなのですが、コードを押さえていると、どうもシャープするわけですね。

5弦だけではなく、すべての弦が。

特に、2弦がひどいですよね。。。。。と、同意を求めてしまったりしますが、皆さんはそんなことないですか?

ですから、私はチューニングの時、2弦は3フレットで合わせるのです。

こんなふうに。

Cimg6159

つまり、「3フレットを押さえてD」です。

開放では、こうなります。

Cimg6157

本当はBでピタッと止まらないとならないのですが。

開放弦Bで合わせると、押さえたフレットすべてがシャープしてしまいます。

5弦も、「3フレットC」で合わせます。

Cimg6169

開放弦はAなのですが、こんな具合です。

Cimg6163

すべての弦がこんな調子です。

 1弦=3フレットG

 2弦=3フレットD

 3弦=2フレットA

 4弦=2フレットE

 5弦=3フレットC

 6弦=3フレットG

でチューニングしているのです。

それで音程が狂うかというと、ほぼピッタリなのです。2弦開放だけが少しフラット気味になる程度です。が、あまり気になりません。

また、このギターだけかというと、違います。すべてがそうなのですね。

まあ、そんなもんなんだろうなあと思うしかないのですが、ギターの宿命なでしょうね。

チューニングの不思議でした。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

2014年3月 8日 (土)

日々使っている道具達(1)

 便利な世の中になりました。

 ギターを弾くときに使う道具も、すごく変わりましたよね。

P1000225 こんなチューナーなんてあなた、なかったよ。昔は。

 音叉でね、膝で叩いて「ぼわーんわぁーん・・・」とか鳴っているうちにボディに当てたりなんかしてね。それで5弦を合わせて。合ってんだか合ってないんだか分かんないけど、まあ、いいか、と。

 楽でいいですね。KORGのAW-2。

 こんなふうにね、ヘッドに付けてますけど、きっとこれが普通でしょうね。

P1000237

 こんな角度で。P1000241

 でもねえ、、、、針がピタっと真ん中に来ても、来なくても、音の違いはよく分かりませんよね。あ、皆さん、分かります?

 分からないくせに、真ん中に来ないと納得できないんだよね。そんなことより、もっと納得できる腕前になんなさい!と言われればそれまでなんだけど。

 そう考えると、音叉の時代がゆったりとしてて良かったような気がします。ちょっとぐらい外れていても、まあ、いいか、と。

 そんな時代は、もう来ませんね。

ポチッとよろしく!

2014年3月 7日 (金)

気を取り直し・・・・

 この前壊したKORGのチューナー。

 実は、何個か持っていたのでした。

 ・・・・とは言いますけどね、決して自慢にはなりません。何だか気付いたら余計に買っちゃうんだよね。

 たとえて言えば、体操の鉄棒で、着地の時に両足で止まらずに片足出ちゃう、あれ。

 ん? 余計分からなくなった?

 まあ、閑話休題。

 で、気を取り直してね。今日は、これでした。P1000167_3

 おっ、横ロゴだ。

 横ロゴもまたいいですね。見ていてうっとりします。

 弾かないほうがいいかも。(自虐的)

 弾くとね、誰もうっとりしてくれません。(カミさんもね)

 悲しいけれど、事実。(また自虐的)

 ・・・いかんいかん。またネガティブになってきてる。せっかくタイトルを明るくしたのに。

 再び、閑話休題。

 このヘッドに、指板には白いバインディング。

 いや、白くはないかな。もう黄色になっちゃってるか。飴色と言うかね。

 そうでした。

P1000153_3

 Martin D-35。1967年。

 これがまたいい音でね。。。。乾いていながら、深みのある、染みこんでくるような音。

 表現しきれません。

 ボロボロですが、古いギターって、いいなあ。

 『花嫁』。

 坂庭省悟さんバージョンで。ただ、Gでは声が出ないので、私の場合はカポ2のCです。

 歌いながら、泣けてきます。何ででしょうね。。。。今の時代には、泣ける歌がないですね。。。。

ポチッとよろしく!

2014年3月 6日 (木)

ああ、ショック・・・・

 しかしね、タイトルがネガティブかもね。

 でも、昨日落としたKORGのチューナーAW-2。

P1000220 壊れちまっただよ。

 ショックでね。

 見た目は何でもないし、スイッチも入るんだけれど、Piezoが逝ってしまったのだ。反応なし。

 ああ。。。。

 しゃあない。

 形ある物は、いつかは壊れる。

 ただ、それだけのこと。

 それでも練習は続く。ヘタだけど。

ポチッとよろしく!