指板

2014年3月26日 (水)

HD-28Vの魅力

 もちろん、それぞれのギターにはそれぞれの魅力があるわけで。

 HD-28Vなら、一つは指板のインレイね。

 いろんなのがあるけれど。

P1000370

 派手さはないけれど、キラリと自己主張していますね。

 それと、ギザギザのトリム。この模様は「ヘリンボーン」っていうんだってね。だから、「H」D-28とついているとのこと。そのビンテージシリーズだから、さらに「V」がついて。

 不思議ですね。のっぺらぼうよりは「いいなあ」と。

 こういう「見た目」も、音を感じる一つの材料になっているんだと思う。

ポチッとよろしく!

2014年3月19日 (水)

Guild D55

 今日のD55。

 やはりいい音出してくれましたね。

P1000268

 指板のこのインレイもね、きれいでいいね。

 『神田川』。

 カポ2のAmで弾いています。オリジナルはカポ7のAmですね。

 ジーンときます。

 誰もが「1枚」しか買わない時代に、160万枚。

 世紀の名曲ですね。

ポチッとよろしく!

2014年3月 5日 (水)

今日はイマイチでした・・・

ギターは毎日弾いています。

「毎日弾かなきゃダメよ」とは、カミさんの弁。

ということで、今日は、、、

P1000213

ん?

こ、これは。。。

P1000210

指板にヘキサゴンのインレイが・・・。

指板の縁とボディ周りにアバロンが・・・。

もったいぶってごめんなさい。

そうなのです。

P1000216_3だれもが憧れる、Martin D-45。

やはり、この縦ロゴだよね。

いや、カミさんがね。

「腕が悪いんだから、せめて道具ぐらい最高のを持ちなさい!」と。

なるほどなあ、と。一理あるかな、と。

で、清水の舞台から100回ぐらい飛び降りました。

まだまだ若いので、音の成長はこれからなんでしょうけど。

・・・・そして今日は、ヘッドに取り付けようとしたチューナーを落とし、それを拾おうとしたときに弦の切り口を指に刺し・・・血を見ることに。

おバカな私でした。

痛くて暫し萎えましたが、その後は立ち直り、『22才の別れ』や『秋止符』などを爪弾き・・・。

ポチッとよろしく!