ナッシュビル・チューニング

2017年1月20日 (金)

久々のナッシュビル・チューニング

Guild D55。

久々のナッシュビル・チューニング化。

ハイ。

Cimg8108

Martin MSPHT10です。

Img_0430

紙の箱ではないMartinの弦は、1本ずつの弦袋に入っています。

Cimg8107

実は今回、ペグを交換しました。

Img_0429

これまで、オリジナルのGrover 102GからGOTOHのSG301に換えて使っていましたが。

Img_0433

GuildのG-shield ロゴ入りのペグを米国在住の友人から送ってもらい。

英国のDIXONというメーカーの製品のようです。型番は、SKG395GDとありました。

Grover 102G、GOTOH SG301とは完全互換で、簡単に交換できました。

うーん。カッコいい・・・・。

さて、そのMartin MSPHT10。

以前書いたように、ゲージが「.010  .012  .008  .013  .017  .025」となっています。

そこで。

Cimg8111

4弦用の.013と2弦用の.012を逆にして張りました。

つまり、「.010  .013  .008  .012  .017  .025」としたのです。

Cimg8110

2016年6月 6日 (月)

Martinもナッシュビル・チューニング用の弦を

ついに出しましたね。Martinも。

ナッシュビル・チューニング用の弦。

Mspht10

MSPHT10という弦です。パッケージの左上には「HIGH TUNING」と書いてあります。

Martinのサイトによれば、弦の太さは、

20160505_175856

となっています。

値段は、クロサワさんで税込\1,134+送料¥270。

20160505_175946

対するD'Addarioのナッシュビル・チューニング用の弦は、High Strung/Nashville Tuning、EJ38H。

20160505_181134

太さは、

20160505_180736

値段は、かなり違います。

こちら最安のサウンドハウスで、税込\572。(送料無料)

20160505_181259

倍以上も違うのですから驚きです。

ただ中身としては特徴的な違いがありました。

ゲージを並べてみますと、、、、。

Martin    D'Addario

.010       .010

.012       .014

.008       .009

.013       .012

.017       .018

.025       .027

うーむ。こ、これは。。。

ポイントは、お気づきでしょうか、そう、第2弦と第4弦です。

Martinは第4弦の方が太いのに対して、D'Addarioは第2弦の方が太いのです。

弾いたときの音がかなり違うはずです。

普通に考えれば、高音ほど細い弦になるわけですから、その点ではD'Addarioの配列が正しいのです。

なのに、なぜMartinは逆にしたのか。。。。。

Martinですから、何か深い考えがあってのことだと思いますが。園井とが、私レベルにはわかりません。

実際に弾いて、、、、、いや、弾き比べてみないと。

でも、税込\1,134+送料¥270かあ~。「クロサワ価格」だからなあ。。。。

サウンドハウスで入荷するかどうか、問い合わせてみますか。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

2016年5月21日 (土)

ナッシュビル・チューニングへの思い已まず

Martin D-35の登場は、いつ以来なのでしょう。

Img_0312

ずっと、弦を外したままケースの中で眠っていました。いろいろありまして。。。

そして、ナッシュビル・チューニングへの思い已まず、、、、、。

そうなのです。Martin D-35にを、ナッシュビル・チューニングにしたのです!

Img_0313

といっても、専用の弦セットは手元にありませんので、半端物の寄せ集めにしました。

Img_0311

1弦は、D'Addarioの.011。

2弦は、D'Addarioの.016。これは、4年ぐらい前に買ったものですね。

3弦は、D'Addarioの.008。

4弦は、YAMAHAの.014。たぶん、8年か9年前に買った弦です。

5弦は、D'Addarioの.019。これも4年ぐらいは軽く経っています。

6弦は、D'Addarioの.032。巻き弦です。これも、4年ぐらいですね。

捨てるに忍びない弦を使うことができました。

Img_0314

早速、「22才の別れ」、「あいつ」・・・・。

やはり、「一家に1本ナッシュビル・チューニング」ですね。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

2016年2月28日 (日)

またもや!

日曜日はナッシュビル・チューニングってことで、

Img_0110

Guild D55。

ま、昨日は「12弦サタデー」ということでGuild G-312stdでしたからね。

「ナッシュビルサンデー」ですかね。

Img_01111

このか細い弦の奏でるキラキラした世界。

たまりせん。

やはり、一家に1台、ナッシュビル・チューニング。

と思いきや。

調子よく弾いて、さあ、磨いてしまおう、弦を緩めて・・・・・・「プツン!」

Img_0129

もう、無言です。

Img_0130

続いています。

6弦。ナッシュビル・チューニングの6弦であれば、027の太さですからあり得ると言えばあり得るわけで。

もちろん、初めてですけど。

自然現象であると思うしかないですね。それだけはったり緩めたりしたということ。つまり、弾いたということ。

およそ3か月。いいところですかね。

しかし、交換するセットがありません。注文しますか。。。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

2016年1月24日 (日)

日曜日ナッシュビル・チューニング

元々、12弦ギターにしてもナッシュビル・チューニングのギターにしても、出番は休日ばかりでした。

これからは、なんていう大それたことを言うつもりはありませんが、基本運用として、

土曜日=12弦ギター

日曜日=ナッシュビル・チューニングのギター

という感じにしていこうと思います。

ということで、今日はGuild D55、ナッシュビル・チューニング。

Img_0036

以前、コメントをくださったMEGUMIさんが、「ナッシュビル弦は特に爪がないと均一な音にならなくて困っています。フィンガーピックは感覚的にどうしてもなじめなくて」と書いていらっしゃいました。

私は、フィンガーピック派です。

Img_0053

サムピックとフィンガーピックに慣れるまで、何年かかかりました。

諦めかけていたとき、ある日突然、使えるようになりました。もっとも、未だに違う弦を弾いてしまったりしていますが。(笑)

今はもう、フィンガーピックなしでは弾けません。

特に、ナッシュビル・チューニングは絶対ダメですね、指の肉では。

それにしても、毎回書いていますが、Guild D55のナッシュビル・チューニングは最高です。もう、いつまでも弾いていたいぐらいです。

Cimg7908

Guild D55つながりで、いつもの森恵さんの動画です。

「真夏の果実」。桑田さんのより、森恵さんのほうが好きですね。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

2016年1月17日 (日)

うーん、いい音色です。。。

Guild D55をナッシュビル・チューニングのギターにして、2回目の出番。

Cimg7906

1回目は大して感じなかったのですが、今回は「えっ?こんなにすばらしい音色なの?」と驚いてしまうほどでした。

高音弦から低音(いや、高音よりももっと高音だから。。。ややこしい。。。)弦まで、ギンギンに鳴ってくれましたね。

Cimg7907

私のナッシュビル・チューニングでの定番曲は、

「22才の別れ」

「あいつ」

「海岸通」

「秋止符」

「歳時記」

「なごり雪」

です。

Cimg7923

このうち、「なごり雪」はレギュラー弦の時と違って、スリーフィンガー(私はフォーフィンガーですけど)で弾きます。

また、「秋止符」も異なったアレンジで弾くようにしています。

前にも書いたかも知れませんが、一家に一台、ナッシュビル・チューニングを!ですね。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

2015年12月 6日 (日)

久々のナッシュビル・チューニング

4か月ぶりぐらいになりますか。

実に久しぶりにナッシュビル・チューニングの弦を張りました。

一度張りますと、まあ、半年ぐらいは専用器となります。

選ばれたのは、どのギターかといいますと、、、、こちら。

Cimg7546

Guild D55。

レギュラー・チューニングとは暫しお別れ。

名残惜しさを感じながら、弦を外す前に、

「神田川」

「岬めぐり」

「秋止符」

Cimg7549

そして弦を外し、

Cimg7707

しっかりとメンテナンスします。

Cimg7709

オレンジオイルで指板とブリッジを磨き、フレットの縁も綿棒でゴシゴシ。

Cimg7710

ご覧ください。けっこう汚れが溜まっているのです。

Cimg7711

乾くまで、スタンドに立てておきます。

Cimg7712

のっぺらぼうです。

Cimg7713

乾いたら、糸巻きを外してヘッドを磨きます。

Cimg7719

いつもはここまでしませんが、まあ、たまには。。。

ということで、いよいよ弦を張ります。

Cimg7704

D'AddarinのEJ38H。

右肩部分に、「High String」と書いてあります。

Cimg7701

太さは、、、。

Cimg7703

作業開始。

Cimg7720

しかし、弦交換というのは、けっこうな作業ですね。何回やっても。

完成。

Cimg7721

細いですね。

Cimg7722

ただただ細く。

Cimg7724

細い。。。

Cimg7725

疲れてしまって。今日は、「22才の別れ」を一度試奏しただけで終わりました。

今日の動画は、ナッシュビル・チューニング関係で。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

2015年5月 6日 (水)

GW=「Guitar Week」も終わり。。。

GW最終日でした。私にとっては、「Guitar Week」でしたね。

久しぶりに、ナッシュビル・チューニングの美しい音色も。

Cimg6544

これは、Cm。「歳時記」を弾いているときのフォームですね。

オリジナルはカポなしですが、私は声が出ないのでカポ4で弾いています。

「歳時記」は、ナッシュビル・チューニングよし、レギュラー・チューニングよし、12弦ギターよし。

さだまさしさんの美しい歌です。

それにしても、Martin D-41のナッシュビル・チューニングは最高です。本領発揮、ですね。

弦高もよし。

Cimg7081

そして、D-45。

Cimg6752

今日はちょっと硬めの音でしたが、鳴っていました。

弦高はこんなもんです。

Cimg7086

弦の巻き具合です。

5弦はこんなもんです。

Cimg7078

こちらは3弦。

Cimg7079

以前も書きましたが、これだけ巻くようにしてから、ほとんど切れなくなりました。次の交換時期まで、まず切れません。(しかし、、、きれいにしているつもりでも、けっこう埃が・・・)

他の弦と同じ巻き数にしていたときは、早ければ交換してから3日ぐらいで切れていました。

1弦もです。

Cimg7080

巻くの疲れますけどね。

でも、これで切れなくなるのですから、不思議です。何かに書いてあって、真似したんですよね。

一応、切れたときに備えてバラ売りの1弦、3弦をストックしていますけど、年に1回使うかどうか。

ただし、Martinのバラ売り弦はないものですから、D'Addarioを買っています。

今日は、「歳時記」の日でした。

さて、明日からまた仕事頑張ります。週末は出張です。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

2015年4月25日 (土)

猛特訓の日・・・ヘトヘトです

体力考えるべきか。

あまりギターに触れる時間が取れなかった4月。

それを取り戻そうと思ったわけでもありませんが。

休日ということもあって、いつものように幕が開き、、、もとい、Guild G-312を取り出し。

Cimg6853

12弦の定番になっている曲、

「あいつ」

「あの素晴しい愛をもう一度」

「歳時記」

「なごり雪」

・・・

ここで急に思い立って、「ホームにて」を弾いてみたら、12弦の音色がドンピシャ。

弾いてみるもんですね。レパートリーが一つ増えました。

ここで、Guild g-312は退場。

Cimg6762

次は、Martin D-45。これまた久しぶりでした。

Cimg6738

やはり縦ロゴの魅力。

Cimg6749

音色的には絶好調で大満足。。。。が、少し違いが。。。

音に微かな違いを感じます。弾いている感触も。「あれ?」という程度なのですが。

ん?と思って弦高を図ってみると。

これ、2月の写真が残っていました。

Cimg6729

こちら今日の写真です。

Cimg6970

微妙に下がっていますね。今日はほぼ2mmフラットです。

感じた違いはこれだったのですね。わずかこれだけの違いでも、大きく感じるものだということがわかりました。不思議なものです。

仕上げは、Martin D-41。ナッシュビル・チューニング。

Cimg6699

私のギターの中では、このD-41のコンディションが最も安定感があるのです。どっしりとした感じ。

にもかかわらず、ナッシュビル・チューニング。

うーん。D-41って、これと言った特色がないですよね。だから安定感もあるのかも知れませんが。

フラッグシップのD-45と、最もスタンダードなD-28に挟まれ。

D-42も似たような境遇にありながらも、ブレーシングがフォワード・シフテッドという強烈な個性の主張があり。

でも、D-41は「だからこそのナッシュビル・チューニング専用」ということなわけです。

真価を発揮しています。

それにしても、今日は、3本の特訓。

疲れました。。。。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

2015年2月 1日 (日)

少し恢復し・・・Martin D-41を弾く

まあ、年齢的にもね、ここが痛いだの、あそこが痛いだのと言うようになっちゃってます。

私の職場は、部署ごとにけっこう平均年齢が違っているのです。

ちょうど私の目の前にある部署は平均年齢が高めで、主な話題は「どこそこの整骨院がいい」とか「あそこは痛いらしいよ」とか、そんな感じ。一人だけいる30代は、その話題になかなか付いていけないみたいで。

その隣の部署は、20代から30代半ばが多く、聞いていると「あの店美味しいよね」とか芸能ネタが多いですかね。

平均年齢の違いが、もろに出てますね。ここまで違うか!というぐらい違います。

。。。。何やら話がずれてしまいましたが、指は少しずつ恢復してきています。

私は、まあ、そんな年ではありますが、ギターを弾く者はそれだけ「若い」と思ってますから。(笑)

それはさておき、久しぶりのナッシュビル・チューニングにトライしました。

Martin D-41。

Cimg6700

指がよくなっているとはいえ、無理は禁物。

静かに「22才の別れ」を弾いて。

Cimg6701

試しに「卒業写真」を弾いてみたら、なかなかgood!

さらに磨きをかけていきます。

Cimg6541

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ