ピックアップ

2018年10月28日 (日)

ピックアップの音色は

私がピックアップを購入したのは、5月の下旬。

FishmanのNeo-D Magnetic Soundhole Pickup Single Coil。

初めて録音してみました。

ピックアップがどのような性能なのかを知るためには、「ピックアップの音」だけを拾うようにした方が良いのではと考え、パソコンに繋いでの録音を試みました。

初めは、ピックアップを直付けで録音してみました。

もちろん、ピックアップは標準プラグで、パソコンのマイクジャックは3.5mmのミニジャックですから、変換プラグを噛ませました。

ソフトは、SoundEngine Free。

これ、録音はできたのですが、やはりパッシブのピックアップでは、音量が足りません。いや、足りないと言うよりも、「お話になりません」レベル。蚊の鳴くような声(音)しか出ないのです。

そこで、ziziさんやこじさん、ガメらさんにアドバイスをいただき、VOX VX50-AGを間に挟むことにしました。

コードはこれ。

Cimg9147

たまたまありました。しかも、

Cimg9148

そうなんです。

片方が標準プラグ、もう片方がミニプラグ。好都合です。

しかも、私の好きな金色。(笑)

Cimg9146

問題は、LINE OUTから出すか、

Cimg9142

それとも、ヘッドホンジャックから出すか。

Cimg9152

まあ、両方試してみよう、ということで、まずはLINE OUTから。

標準プラグを差し込み、

Cimg9151

PCには、ミニプラグを。

Cimg9149

ジャキーン、と。

Cimg9150

うーむ。初めて分かったこと。

「LINE OUTは、ボリュームのコントロールができない」ということ。

でも、アンプのスピーカーからも音が出ます。録音には関係ありませんが。

次に、ヘッドホンジャック。

こちらはミニジャックなので、LINE OUTとは逆にミニプラグを差し込みます。

Cimg9153

PCには、標準プラグを。

Cimg9154

変換プラグを噛まして、

Cimg9155

繋ぎます。

Cimg9156

ジャキーン!

Cimg9157

こちらは、当然ですがボリュームをコントロールできます。

比べた結果、「ヘッドホンジャック経由の方が、ボリュームがあって良い」ということが分かりました。

さて、その音源は、こちら。

我が愛器、Guild D44M。

Cimg9096

「岬めぐり」のイントロ。

ヴィンテージ・メイプルの甘い音色です。

こうして録音しますと、、、、、うーん、やはり低音が出ていないんですよね。

高音は、問題ないと思います。

「やはり」というのは、、、。もちろん、ギターの生音は、低音高音ともにバランス良く出ています。

が、ピックアップを通しますと、低音が出てこないんですね。これはアンプ側の問題なのか、それともピックアップの性能の問題なのか。

これは、別のアンプか別の機器を挟んで検証してみないと、分からないでしょうね。

ということで、長い日曜日でした。

2018年6月24日 (日)

ついにマウント(その3)

また随分経ってしまいましたが。。。。

課題。

こちら。

Cimg8920

意識して弾かないと、こうなっちゃうんですね。

私はけっこう、サウンドホールの真ん中か、少しネック寄りで演奏します。

すると、ピックアップに当たっちゃうわけです。

自分の指で弾くなら問題ないのですが、サムピックとフィンガーピックは、弦間に深く入りますから。

こんな感じで、少し後ろで弾かないとね。

Cimg8921

2018年6月 9日 (土)

ついにマウント(その2)

寒い6月9日です。ストーブ焚かないといられません。

Cimg8930

気になる弦との「間合い」は。

こんな感じです。

Cimg8914

指板よりも近いんですね。

Cimg8916

コードは、L字側をアンプに繋ぎました。

Cimg8918

というのも。。。。

いや、又三郞さんからは真っ直ぐな方を、ということだったのですが、、、、。

バネ仕掛けカールコードですと、真っ直ぐな方をアンプに差しますと、何と、引っ張られてピサの斜塔状態になっちゃうんです!

それで断念しました。

EFFECTSは、ギターだけの音色で勝負ということでOFFです!

Cimg8919

2018年5月31日 (木)

ついにマウント(その1)

ハイ。

いよいよ、です。

まず、挟みます。

Cimg8907_2

サウンドホールに入れるのに、けっこう苦労しました。

意外と厚みがあるんですよね。1弦側の隙間から入れたのですが、少し寄せる感じでした。ということは、調弦後ではマウントできないということになります。

挟むのも、一苦労。初めてというのは、こんなもんですね。

で、まずこちらをネジ止め。

Cimg8908

次に、こちら。

Cimg8909

まあ、どちらが先でも良いのでしょうが、何となくこんな順になりました。

このとき思ったこと。

「ギターを立てた状態でネジ止めした方が良い」

なぜならば。

もし、寝せた状態で、手が滑ってネジ回しをギターの上に落としたら。。。。

考えるだにおぞましい。

いや、あるんですよ。別の物を落としたことが。プラスチック製の軽い物だったので、大した傷も付かずに済みましたが。

ということで、完了。

Cimg8910

こんな感じです。

Cimg8911

つづく。。。

2018年5月28日 (月)

こんなケーブルを

まあ、直差しでもよかったのかもしれませんが。

将来的な拡張性も考えて、こんなケーブルを買いました。

Vpc7m1

VITAL AUDIOのVPC-7M。

Vpc7m2

カールケーブルということで、邪魔になりません。

しかも、7メートルまで伸びる模様。それに、

Vpc7m3

有名人?がここまで言うなら、これにしよう!と。

こちら。

Cimg8923

片方がL字プラグになっています。

と、困ったことが。。。。

このケーブルの先端は、プラグ。Fishmanピックアップの先端も、プラグ。

ん?どう繋ぐ?

ということで、いや~、世の中、何でもありますわ。

Cimg8925

ハイ、φ6.3mmプラグ同士を繋ぐ、audio-technicaのATL436CM。

こんな感じ。

Cimg8927

さて、いよいよマウントしてみますか。。。

2018年5月27日 (日)

Fishman買いました。

先日はアンプを買いましたが、、、、。

今回ピックアップ本体。

十分に検討した結果(?)、

Fishman Neo-D Magnetic Soundhole Pickup Single Coil

に決めました。

ちょうど中古で安い物があったので、まあ、いいかなと。(たいして検討していない?)

新品買えるレベルの腕でもないし。

こちら。

Cimg8924

ご覧のとおり、サンドイッチ用のコルクがイマイチの状態ですが、どうせ中古だし。(笑)

裏面には、

Cimg8926

ハイ、「Single Coil」文字が。

パッシブタイプなので、電池も不要で扱いやすそうです。

2018年5月 6日 (日)

こんなの買っちゃいました

ピックアップというのには、あまり興味がなかったんですが。

来たるべき?ライブに備えて。(笑)

こんなの買いました。

Img_0566

スピーカーというか、まあ、アンプです。

VOX VX50-AG という機種。

Img_0567

けっこう軽いので、持ち運びには便利そう。把手も付いていますし。

スイッチ関係は、こんな感じです。

Img_0568

値段的にはそんなに高いものではありませんが、ネット上では評価が高いようです。

が!

実は「失敗したなあ」と思っていることがあるのです。

これです。

Img_0572

流離いの後ろ姿?

ノーノーノー。

こちら。

Img_0573

ハイ、ACアダプターですね。

何とかこんな風にまとめましたが、邪魔もいいところ。

こんなのあるの知らずに、というよりちゃんと書いてあるのによく読まずに買っちゃったんですね。

わかっていたら、正直、買わなかったかな。。。

今の時代、電源ぐらい内蔵の設計してよ、という感じです。理想としては、電源コードが掃除機のようにヒュルヒュルと内部に巻かれていく、、、、、ですかね。

掃除機でさえできているのですから(掃除機には失礼ですが)。

VOXさん、ユーザーのこと、大して考えていないのでしょうね。

まあ、一頻り文句言いましたが、買ってしまったものはしゃーない。

Img_0563

大切に使います。

とは言いながら。。。。

実は、まだピックアップがない! マイクもない! という状態。

候補としては、一応、FISHMANのNEO-D シングルコイルというヤツ。

サウンドホールに着けると、こんな感じ。(すいません。アマゾンのサイトから拝借してます)

Picup

サウンドホールからコードが垂れますが、まあ、1個買えばどれにでも使えますし。これにしようかと。

マイクは、あまり仰々しくしないで済みそうなTOMOCA EM-700。私の声なんて、ピンマイク程度で十分かな、と。

ピックアップとマイクは、もう少し検討してからにします。今回みたいに失敗?しないように。(笑)

2015年2月12日 (木)

また「18」です。。。

はい。

またもやMartin D-18の話題ですが。

Cimg6721

いや、D-18そのものではなく、、、、。

これ。

Cimg6713

My Guitarの中で、Martin D-45とD-18にだけ、これが付いています。

パッシブタイプの、メーカーも分からないような安物のピエゾピックアップです。

これ、太いんですよね。径が。

ですから、普通のストラップの穴では入りません。

私が使っているストラップたち。

Cimg6676

右側が、D-18用です。この写真はネック側です。

エンドピン側は、こうなってます。

Cimg6671

左側は、普通のエンドピン用です。右側のD-18用は、1cm径のポンチで穴を広げました。

付けると、こうなります。

Cimg6726

ピッタリなのはいいんですけどね。外れるんじゃないかという不安が脳裏をかすめます。

石川鷹彦さんのMartin D-45は、買ってすぐ、友人が試奏したときにストラップが外れて落下、トップとサイドが中が見えるぐらいに割れてしまったそうです。

まあ、石川鷹彦さんのD-45に比べれば、私のはおもちゃレベルのものですけれど。

プラグを差していれば大丈夫なのですが、まず使いませんから。

皆さんはどうしているんですかね。

知りたいところですね。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

2014年6月20日 (金)

録音機材は・・・

 たいしたもの使っていません。

P1000882
 こんなんです。

 正面から見ると、

P1000883

 こうなります。

 ブツの拡大写真。

P1000884

 もう一丁。

P1000885

 まあ、クリップチューナーの画面なし、みたいな感じですね。

 1000円ぐらいで買えちゃいます。

 ケーブルは2mぐらいあって、ステレオプラグが付いています。それをPCのマイク端子に差し込んで。

 あ、ミニプラグへの変換プラグも必要ですね。

 ソフトはフリーのSoundEngine Free。

 安上がりなので、音も安上がり。(笑)

 ベッドにつけても録音できますが、サウンドホールのほうが音がクリアですね。邪魔くさいですが。。。

 私のレベルには、いいとこですかね。

2014年4月14日 (月)

Martin D-45の内部(4)

 この位置ですね。

P1000513

 エンドピンのところから外に出ています。

 まあ、あまり高性能のものではありません。一応、あるか、程度のもので。

ポチッとよろしく!

より以前の記事一覧

最近のトラックバック