カポタスト

2018年9月 3日 (月)

Thalia Capo(タリア・カポ)-その5

ところで、これ、どうやって装着するのかですね。

こんな風になってます。

Img_0599

親指側のレバーを握ると、、、、

Img_0600

バネ仕掛けの口が開きます。

そのままネックにジャキーン!

バネを戻せば、

Img_0599_2

締め付けるという寸法です。

要するに、あの「洗濯挟み式」と原理は同じ。(笑)

さて、装着すると、こうなります。

Cimg8971

上から見ると、、、

Cimg8970

ちょっと、、、金属部分が分厚いですね。何だかな~。

外人さんの好きな、下からの装着。

Cimg8965

上からは、

Cimg8969

これはこれで、美意識的に「何だかな~」。(笑)

でも、取り付けやすさという点では、圧倒的に下からですね。さすが、合理的な外人さん。(笑)

でも、私は痩せ我慢の美学を大切にする日本人ですから。(笑)

ゴムの部分には、Martin用の厚い方を使っています。

薄い方だと、締め付けテンションが低くてビリつきます。正直、もっと厚くてもいいぐらい。

「洗濯挟み式」の限界ですね。

試しに、12弦Guild G-312にも付けてみました。

Img_0601

これは、まったくダメでした。

まず、Martin用を取り付けてあるので、この時点でダメです。指板にまったく合いません。

でも、いちいちGuild用に取り替えるかというと、私のような面倒くさがり、ズボラな人間は、そういう気にはなりません。

実に不思議です。他のカポは、MartinだろうがGuildだろうが使えるのに。。。。。

というわけで、5回に渡るレポートでした!

2018年8月29日 (水)

Thalia Capo(タリア・カポ)-その4

ということで、いよいよ本体編です。

まずは、正立。

Cimg8957

何と、、ロゴが机にも映っています。

金ピカですね~。

こちら、倒立。

Img_0597

インレイ面。

Cimg8958

青いアバロンも、なかなかのものです。

上から。

Img_0598

何と言いますか、ここまで分厚くなくてもいいと思うんですけどね。どうなんでしょ。

内部の機構とか、前面にインレイを入れようとすると、こんな厚さになっちゃうんでしょうかね。

金属部分が厚ければ、それだけ重くなるわけで。

次は、装着してみますか。

(つづく)

2018年8月27日 (月)

Thalia Capo(タリア・カポ)-その3

本体に行く前に。

ケースの中に、こんな巾着が。

Img_0590

横で月のように寄り添っているのは、ピックです。

Cimg8981

thaliaのロゴ入り。厚さは何と、1.4mm。

薄いのが好きな私としては、インテリアになりそうです。

裏側。

Img_0593

さて、巾着の中身です。

Img_0591

2つのビニール袋が。

裏返すと、、、、。

Img_0592

交換用のゴムラバーがどっさりと!

厚いゴムラバーの袋と、薄い(スタンダード)ゴムラバーの袋になっています。

しかも、一つ一つサイスやRが違うのです!

中に入っていた説明書には、

Cimg8979

Martinには何番、Guildには何番と、親切なリストが載っていました。

ちょっと待て。いちいち交換しろってこと?

うーん。。。。

ケースの底には、

Img_0595

ちんぷんかんぷん。(笑)

解読はziziさんにお任せします。(笑)

おまけ。

Img_0594

こんなの要らんわな。(笑)

(つづく)

2018年8月26日 (日)

Thalia Capo(タリア・カポ)-その2

さて、Thalia Capo。

ケースを裏返すと、こんなことになってます。

Img_0596

まさか、裏側にまでこんなに書いてあるとは。

ただ、英語?なので、何て書いてあるか、さっぱり分かりません。というよりも、英語なのかどうかも分かりません。(笑)

ただ、交換用のゴムがたくさん入ってるんだなあ、というのだけは、写真で分かります。

ということで、まずは付属品から。

説明書です。

Img_0588

説明書の着いているか歩って、もとい、付いているカポって、初めてかな。

写真では、逆さまに装着していますね。ダサ。。。(笑)

他にも、

Cimg8977

徹底的に逆さまです。うーん、外人さんの好みなのかな。。。

その説明書。

開いてみると、

Img_0589

ちんぷんかんぷん。(笑)

ただ、

Cimg8980

ゴムには大きく2種類あって、普通のテンションのと、ハイテンションのとがあるとのこと。

ゴムの厚みで分かります。

こちらは「HOW TO USE」。 使い方ですね。

Cimg8976

これまた、イラストでは逆さまに付けてます。

もしかしたら、これが標準、つまり私が逆さまだと思っているのが逆さまではなくて、逆さまではないと思っているのが逆さまなのかも。。。うーむ。

(つづく)

2018年8月25日 (土)

こんなの買ってみました

我ながら、しょーもないなあー、、、、などと思いつつ。

Img_0585

Thalia Capo(タリア・カポ)なるものを買ってみました。

Img_0586

24K BLUE ABALONE仕様。

ん? 24K?

24Kと言ったら貴方、純度99%以上の金、つまり純金じゃないですか!

これ以上の純度の金は存在しないという、あの24Kですよ!

またまた~。いくら何でも、高がカポに。いくら1万円以上したからといって。そりゃないでしょ。

メッキでしょ、メッキ。五輪の金メダルだって、所詮メッキなんだから。

でもね、メッキだと分かっていても、「金」に吸い寄せられてしまう私。

こんなの買っちゃったわけです。

また貝も好きなものだから。ABALONE仕様を選びました。

詳しくは、また次回にでも。

(つづく)

2017年6月14日 (水)

カポタスト考

もう、完全にJIM DUNLOP Johnny Cash Capoに移行してしまいましたね。

Cimg8358

どのフレットでも、これです。

Cimg8360

以前は、3フレット以上の時はNSカポを使っていたのですが、今はもう使いません。

Cimg8363

なぜかと言いますと、理由は一つなんです。

「楽だから」

何が楽かというと、ネジを巻くのに必要な力がまったく違うのです。

Cashカポの楽なこと。

もちろん、機能的には、どちらも同じだと思うのです。

Cimg8365

ということで、決着つきました。

JIM DUNLOP Johnny Cash Capoの逆転勝ち!

2017年2月19日 (日)

カポタストはこの辺に・・・

この頃は、JIM DUNLOP Johnny Cash Capoばかり使っています。

私が弾く曲は、カポ5が2曲程度しかありませんし、あとはカポ1か2なので、どうしても使用頻度がNSカポよりもJIM DUNLOP Johnny Cash Capoの方が多くなります。

そのためか、だんだん使いやすくなってきました。

もう1個買おうかと思うくらい。(笑)

最近では、カポ5もJIM DUNLOP Johnny Cash Capoだったりします。

さて、その取り付け位置。

これが普通なのでしょうか。

Cimg8213

フレットぎりぎりに寄せて付けた方が、たぶん弦の押さえ的に良いのでしょう。

しかし、、、。

Cimg8212

これ、私の場合です。

だいたいは、フレットの真ん中付近。

なぜこうしているかというと、押弦時にカポのネジの頭が手に当たってしまうからなんですね。

皆さんは、どんな感じですか。

2017年1月22日 (日)

JIM DUNLOP Johnny Cash Capo/Curvedその後

NSカポと共存共栄。

Cimg8141

まあ、私はJohnny Cashさんがどのような方なのか知らないのですが。

カポの背面には、ちゃんとCashさんの名前が入っています。

Cimg8169

お陰様で、重宝しています。

NSカポとの住み分けですが、、、、大概はJohnny Cash Capoを1~2フレットに使っています。NSかぽは、3フレットから先ですね。

こんな感じ。

Cimg8168

目下の悩みは、これです。

Img_0405

この頭の部分。

フレット寄りに装着すると、コードによっては指や親指の根元あたりが当たっちゃうんですね。

ですから、フレットからなるべく離して付けたり、弾きながらカポの頭を意識したりしています。

皆さんはどうですか。当たったりしませんか。

2016年8月28日 (日)

しつこいですが、JIM DUNLOP Johnny Cash Capo/Curved その3

blogの更新も、すっかり滞るようになってしまいました。。。。

それはともかくとして、「JIM DUNLOP Johnny Cash Capo/Curved」第三弾。

Img_0398

以前にも書きましたが、私は座って弾くのが苦手で、いつも立って弾きます。

当然ストラップをつけるわけなのですが、ボディやネックヒールにストラップピンを打ち込んで、、、、というスタイルも得意ではありません。ネックが安定しないような感じで、どうも弾きにくいのです。また、改めてストラップピンを取り付けるのが面倒、というのもあります。

必然的にヘッドにストラップを付けることになりますが、ループの支点を上の写真のようにしています。こうすることで、ギターの重心が下がり、ギターが「立つ」感じになって体への密着度が高くなるわけです。

ところが、

Img_0399

ハイ、1フレットにNSカポを付けますと、つまみの頭がストラップに接触します。

すると、、、

Img_0400

回しにくいこと、回しにくいこと。この上ないのです。

カポを1フレットに付けることがすごく多い私にとって、これは実に面倒でした。

ですから、1フレットにカポを付けるときは、こんな風に下から取り付けていました。

Cimg4829

まあ、別にこれで何か支障があったのかと言われると、特に思い浮かばないのですが。

しかし、JIM DUNLOP Johnny Cash Capo/Curvedの登場により、

Img_0401

ご覧のとおり。

Img_0402

余裕でつまみを回せます。

お陰様で、すっきりしました!

Img_0403

これからは、NSカポと共存共栄でいこうと思います!

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

2016年8月21日 (日)

JIM DUNLOP Johnny Cash Capo/Curved その2

皆様に励まされ。

力を込めて回した結果。

Img_0397

前回よりも少し開き。

無事、「カポ5」もOKとなりました。

やはり、最初はきついものなんですね。

お蔵入りせずに済みました。。。。

さて、今夜も台風を迎え撃つとしますか。。。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

最近のトラックバック