« Martin D-18 Kluson tuning machine クリーニング(3) | トップページ | こちらも・・・ »

2019年6月15日 (土)

Martin D-18 Kluson tuning machine クリーニング(4)

弦を張ります。

Cimg9368

いつものMartin MSP4100。ライトゲージです。

うむ。いい感じ。

Cimg9369

気持ちいい。

Cimg9370

ピシッとして。

Cimg9371

弦高も、OK。

Cimg9385

« Martin D-18 Kluson tuning machine クリーニング(3) | トップページ | こちらも・・・ »

Martin D-18」カテゴリの記事

ペグ」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

弦高」カテゴリの記事

メンテナンス」カテゴリの記事

コメント

先日、イベントがあり、久しぶりに
ヤマハCPX1000(エレアコ)を使用する
かな、とハードケースを開けると、
ギターの弦が錆びていました。
ノンメーカーのケースですが、密閉性
が悪いのかなと思いました。
(シリカゲルを入れていますが)
直ぐに弦を張り替える気持ちがなく、
バックパッカーを使用しました。

そろそろ自由人となるので(笑)
張り替えようと思います。
マーチン弦は、マーキスのキラキラ音
が好きです。

又さん、いつもコメントありがとうございます。
荒間。もとい、あらま。錆。
季節柄、そうなんですかね。
でも、バックパッカーは気軽ですね。
1本ぐらい、気軽なギターもあると良いのですね。
弦は、やはりMSP4100ですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Martin D-18 Kluson tuning machine クリーニング(3) | トップページ | こちらも・・・ »

最近のトラックバック