« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月

2019年5月30日 (木)

Martin D-18 Kluson tuning machine クリーニング(2)

ペグを外したヘッド。

Cimg9348

裏側。

Cimg9351

けっこう、「歴戦の勇士」ですね。(笑)

ついでに、いろんなところをクリーニング。

Cimg9349

ボディも。

Cimg9350

このウェザーチェック、渋くていいですね。しかも、ピックガードの塗装まで。

2019年5月29日 (水)

Martin D-18 Kluson tuning machine クリーニング

動きがイマイチの、Martin D-18 オリジナルKluson tuning machine。

外しました。

Cimg9347

グリスを、

Cimg9346

注入。

Cimg9344

つづく。。。。

2019年5月15日 (水)

まだまだ寒い日々

桜吹雪。

Img_0782

とうとう桜も終わりです。社宅前の桜も、半分散りました。

ですが。。。。。

まだまだ寒い日々。

Cimg9335

ストーブの火は、なかなか消えませんね。。。

しかし!

こっちは熱い!

Cimg9331

Guild D44M。

いつ弾いても、確かなキラキラ感。

Cimg9330

「岬めぐり」向きだなあと、いつも思います。

夏までには、Guild D44Mで「岬めぐり」、公開したいですね。

2019年5月14日 (火)

こんな風に拭いてます

やはり、大切にしないとね。

Cimg9183

マイクロファイバーの手袋をして。

Cimg9184

こんな風に。

Cimg9185

拭いてます。

Cimg9186

ギターは、ある意味分身みたいなもの。

我がMartin D-28(1962)。

中古のボロですが、少しでもきれいになれば、ね。

さて、次回、新しい弦張ります。

2019年5月13日 (月)

Martin D-18(1962)

ひょんなことから手に入れたMartin D-18(1962)。

Img_0727 

同級生。

やはり、気持ちが違いますよね、同級生と思うと。

マホガニー恋しさが募っていただけに、喜びも一入です。

オリジナルのクルーソン・チューニングマシン。

Img_0734

所謂「シングルライン」です。

Img_0735

でもね、けっこう固いんですよ。

使いやすさを考えて、新しい「シングルライン」に交換しようかなと思っています。

あ、その前に、この穴からグリスを注入してみますか。。。

2019年5月 1日 (水)

令和最初の日に・・・・

Martin D-28(1962)。

Cimg8975

Cimg9042

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

最近のトラックバック