« 暫く振りながら | トップページ | 令和最初の日に・・・・ »

2019年4月30日 (火)

平成最後の日に・・・・

Martin D-18。

Img_0726
 
Martin D-18(1962)。
 
Img_0729
 
Img_0731
 
Img_0733

« 暫く振りながら | トップページ | 令和最初の日に・・・・ »

Martin D-18」カテゴリの記事

コメント

丸に橘さん
ご無沙汰しています。
お元気でしたか。
色々とあったと推察します。
会社(仕事)や家庭?

私は、そろそろ会社(仕事)は
エンディングに向かっています。

マーチンD-18は良さそうですね。
私は、マーチンD-45を目指します。

半年ぶりの更新となりました。
天皇陛下が譲位され、改元されるこのときを逃したら、もう再開できないのではないかと思い。。。
Martin D-18(1952)とサヨナラして以来、マホガニーの音色のない生活に寂しさを感じていました。
又さんも、D-18、残しておかないと後悔するかもしれませんよ。(笑)

お久しぶりです

D18は以前危うく買いかけた事があったんですが、
「朴訥で肩肘張らずに気軽に弾ける」という立ち位置がJ45と被るので思い直しました
「ギター欲しい欲しい病」の完治は無理ですが、「金無し置き場無し弾く暇無し」の呪文でなんとかしのいでます

平成から令和(元年)へ。
バースデーイヤーのD-28に続き、
D-18ですか。

売却(委託販売)は、D-76だけで、
D-18、D-28は残します。
マホガニーのカラッとした明るい
音と、ローズウッドの重いダーク
な音を使い分けて弾いています。

あとは、きらびやかな倍音のD-45
です(笑)。

丸に橘さんとどちらが、先に購入
するかですね(笑)。

まあ、色々とあるでしょうが、
ギターの音を琴線に。

幹さん、お久しぶりです。
「危うく」ですか。(笑)
マホガニーの魅力って、語り尽くせませんね。
J-45があるんですから、D-18は不要ですよね。
性質は違うのかもしれませんが。。。。

又さん、再びのコメントありがとうございます。
D-18は残しとのこと。安心しました。
うーん、やはり「45」ですよね。
私は、ついついその前に「18」に走っちゃいました。1962だったもんですから、これを逃すともう終わりだと考えまして。。。。
ですが、次は「45」ですよね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 暫く振りながら | トップページ | 令和最初の日に・・・・ »

最近のトラックバック