« また弦張りました・・・ | トップページ | ベロンベロン! »

2018年10月14日 (日)

弦トラブル!

休日の12弦。

いつものように、Guild G-312std.を調弦していると、1弦が「プツッ!」と同時に「カラン、コロン・・・」。

ん?弦切れた?

弦がはじけたのは確かなので、切れたには切れた、しかし。。。。弦は、いつもと反対の方向にはじけたのです。。。

調弦中に切れた場合は、弦は左から右にはじけるのが普通。大概は、チューニングマシンの部分で切れますから。

ところが、今回は逆。右から左に。

つまり、こういうことです。

Cimg9104

ハイ、エンドボールの部分で切れたのでした。

「カラン、コロン」は、エンドボールがボディの中を転がった音。鬼太郎は出てきません。(笑)

Cimg9108

今までに1回か2回、同じことがありました。エンドボールの部分で切れるというのは、珍しいことですよね。

Cimg9113

いや、切れるのは仕方のないこと。でもなあ、確か、この前張り替えたばかりだよなあ。。。。(こちら参照)

そこで、登場。

Cimg9110

あ、これは、バラ弦ではありません。Martinのバラ弦は売ってないんですよね。

ダダリオのバラ弦張っても良いのですが、色が違うので。。。。

そこで、これまで弦交換で外した弦で、状態が良いのを捨てずに取って置いたのです。

ですから、

Cimg9111

こんな感じで、まあ、中古です。

張ったばかりの弦が切れて、また全交換というのは不経済ですから。

張ってから3か月以上経っていれば、全交換してもOKなんですが。

ということで、

Cimg9115

こんな感じで完成です。

Cimg9072

それにしても、外した弦を保管しておくなんて。。。。こんなことしてるの私だけかもしれないですね。

保管することにしているのは、1弦用と3弦用、ときどき切れる4弦用だけです。

こんな風に、ときどきですが、役に立ちます。

一件落着。

閑話休題。

これまで何日も我慢に我慢を重ねてきましたが、とうとう寒さに耐えきれず。。。

Cimg9126

スイッチ、オン。

もう、冬です。

« また弦張りました・・・ | トップページ | ベロンベロン! »

Guild G-312」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

丸に橘さん、こんにちは。

あらま。エンドボールの方で切れるってことがあるのですね。

っていうか私は普通に張っていて弦が切れたことって、滅多にないように思えます。
フラットピックでガンガン弾いたりってことがないせいかな。
フラットピックは年数回しか使いませんからね。

それにしてもギターを何本も持っていると張り替えだけでもたいへんですね。
私は Water Road Arte Cutaway 以外は、いつまでも使っている気がします(笑)。

Jさん、いつもコメントありがとうございます。
いろんな切れ方してくれます。(笑)
けっこう多いのは、弦を緩めるときですね。
意外と、演奏中に切れたことはありません。
演奏中って、想像するだけでも怖いですね。
結局、3か月に1回は張り替えている感じでしょうか。多いか少ないか、わかりませんが。。。

丸の橘さん
紅葉も始まりましたね。
私も2度ほどエンドポールの所から
切れた?
私の場合はエンドポールに巻いてある
弦が緩んでポールが取れた事があります。
ギターを弾き始めの頃は、
取り替えた弦を残していました。
あの頃の弦は高価な買い物でした。

丸に橘さん、こんにちは。
ボールエンドのところで、切れるとは珍しいパターンでしたねえ。。
私は、弦が切れた瞬間の、あのバチンッ!というのが嫌で嫌で。。。(好きな人はいませんね。笑)
チューニングの際に、たまにナットで鳴る、キンッ!という音も心臓に悪いっす。(笑)

Toshi

敏さん、いつもコメントありがとうございます。
あ、やはり経験ありですか。
私だけじゃなくてホッとしました。
弦も、決して安くはないですよね。
でも、なぜか安い弦は使いたくないんですね。
このあたり、強がりなんでしょうね。(笑)

Toshiさん、いつもコメントありがとうございます。
調弦途中に弦が切れると、ときどき右手の甲にバシッと当たることがあります。けっこう痛いですよね。
あれって、トラウマになります。弦を張るとき、ペグをゆっくりと慎重に回すようになっちゃって。まさに羮に懲りて膾を吹くってヤツですね。
あの音もね。心臓止まりそうになります。(笑)

ナットの軋み音に対しては、シャーペンの芯を擦りつけて滑りをよくしています

弦を張り替えるのは苦手です。
でも、張り替えた後のあの音、
音色、音量はギターが生き返った
ようで暫く余韻に浸っています。

昔のギターライフ(音楽雑誌)に
正ヤンは、毎日弦を張り替え
していた(カワセ弦)記事が。

ナットの滑りを良くする(必要以上の
抵抗)ためエンピツの芯を塗る。
「幹さん」がコメントに。
そう言えば、「しばしばさん」も
言っていました。是非、試してみては
どうですか。

そろそろ冬将軍が・・・。
暖房の中ではギターを弾きません。

千葉県 住んでる部屋は機密性が高い
のですが、家内や娘は衣替えです。
でも私はまだ夏バージョンのTシャツ
と短パンの素足、
寝る時は、下着とタオルケットです(笑)。

冬場のマラソンレースやトレラン(山岳
マラソン)に備えて、常に薄着で抵抗力
や免疫力が高まり、ほとんど風邪をひき
ません。
家内曰く、年寄りの冷や水と(笑)

幹さん、いつもコメントありがとうございます。
シャープペンの芯、鉛筆の芯の件は、よく聞きますね。
まだ自分ではやったことないですけど。
イメージ的に、白いナットが黒くなるのもなあ、というのがあって。
ただ、調整に出したギターが戻ってくると、ナット溝が黒くなってる、というのはときどきありますね。(笑)

又さん、いつもコメントありがとうございます。
正ヤンは、毎日弦を張り替えてた!
ひえ~。いくらプロでも、それは大変。
経済的にもね。
私には、とてもとても。。。労力&経済の両面で。
さて、いよいよ暖房の季節。
でも、ランナーにとっては我が世の春。(笑)
まあ、冬でも上半身裸で裸足、という幼稚園もありますから。(笑)

丸に橘さま、こんにちは。

アップに気が付きませんで出遅れました(;^_^A

張りたてを切ってしまった日には一瞬固まっちゃいますよね。

自分も1,3弦はとりあえずキープしておりますよ。
あ、でも最近はぜんぜん切れませんね。

それにしてもポールエンド側とは・・?
とりあえず、ダメもとでメーカーに不良品でしたと交換要求しますね。

自分なら(笑)

こじさん、いつもコメントありがとうございます。
こじさんも1,3弦はとりあえずキープしていらっしゃるとのこと。
私だけじゃなくてよかった。。。
やはり、経済は大切ですから。(笑)
それにしても、たしかにポールエンド側というのは不良品臭いですよね。しかも、たった1か月で。
でも、気が弱いからなあ、、、、。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 弦トラブル!:

« また弦張りました・・・ | トップページ | ベロンベロン! »

最近のトラックバック