« Thalia Capo(タリア・カポ)-その4 | トップページ | 地震を乗り越えて »

2018年9月 3日 (月)

Thalia Capo(タリア・カポ)-その5

ところで、これ、どうやって装着するのかですね。

こんな風になってます。

Img_0599

親指側のレバーを握ると、、、、

Img_0600

バネ仕掛けの口が開きます。

そのままネックにジャキーン!

バネを戻せば、

Img_0599_2

締め付けるという寸法です。

要するに、あの「洗濯挟み式」と原理は同じ。(笑)

さて、装着すると、こうなります。

Cimg8971

上から見ると、、、

Cimg8970

ちょっと、、、金属部分が分厚いですね。何だかな~。

外人さんの好きな、下からの装着。

Cimg8965

上からは、

Cimg8969

これはこれで、美意識的に「何だかな~」。(笑)

でも、取り付けやすさという点では、圧倒的に下からですね。さすが、合理的な外人さん。(笑)

でも、私は痩せ我慢の美学を大切にする日本人ですから。(笑)

ゴムの部分には、Martin用の厚い方を使っています。

薄い方だと、締め付けテンションが低くてビリつきます。正直、もっと厚くてもいいぐらい。

「洗濯挟み式」の限界ですね。

試しに、12弦Guild G-312にも付けてみました。

Img_0601

これは、まったくダメでした。

まず、Martin用を取り付けてあるので、この時点でダメです。指板にまったく合いません。

でも、いちいちGuild用に取り替えるかというと、私のような面倒くさがり、ズボラな人間は、そういう気にはなりません。

実に不思議です。他のカポは、MartinだろうがGuildだろうが使えるのに。。。。。

というわけで、5回に渡るレポートでした!

« Thalia Capo(タリア・カポ)-その4 | トップページ | 地震を乗り越えて »

カポタスト」カテゴリの記事

コメント

丸に橘さん
ずっと更新を読んできましたが、
見た目は豪華ですし
格メーカに合わせてゴムを変えられるし
良いものだと思いました。
自分は全部メーカの違うギターですから
ちょっと使えないな~
先日のライブのプロの方の話では
15000円もするカポがあるとか、
チューニングが狂いづらいとか言っていました。
話は聞いたけれど買う気は置きません。
弦を買った方が良い。(-_-;)

敏さん、いつもコメントありがとうございます。
たしかに。
モーリスとかヤイリとか載ってないですしね。
メーカーによって指板のRが違うことは知っていても、それでゴムを替えるのも慣れないうちは大変です。
15,000円のカポですか。
金色なら買うかも。(笑)

正直、前面がアバロンでなく、
金ピカを想像していました。
(私は、如何にも成金趣味の
オヤジみたい(笑))

私のカポは練習会やライブでは、洗濯
バサミ風が取り外し、移調が楽くで素早く
出来るので・・・。
(それぞれの使用や目的に応じて)。

それと、シルバーカポ以外にカラーカポ等は、
気分が変わって良いですね。

次のグッズ(小物)紹介は?
(続編を、期待しています)

又さん、いつもコメントありがとうございます。
金ピカは私も大好きです。(笑)
洗濯挟みは、正直、実用的です。登場したときに世間を震撼させた「一発傘」みたいな感覚がありますね。(笑)
私の「小物癖」、まだ紹介してないのが、、、、、あります。(笑)
乞うご期待!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Thalia Capo(タリア・カポ)-その5:

« Thalia Capo(タリア・カポ)-その4 | トップページ | 地震を乗り越えて »

最近のトラックバック