« 身も心も休めて | トップページ | 身を清めて弦交換 »

2018年9月22日 (土)

弦交換グッズ

この三連休は、のんびり自宅に戻って。

愛しのギター達とも暫し別れて。

その代わり、というわけではありませんが、ちょっとしたものを紹介します。

こんなものを買いました。

Cimg9022

ん?猫耳?

上から見ますと、

Cimg9024

横からは。。。

Cimg9025

これは。。。

Cimg9021

ハイ、Martinの原稿肝要、もとい、弦交換用のグッズです。

Microfiber Martin Guitar Neck Rest

ちゃんとタグまで付いています。数字は、何ですかね、製造番号か何かでしょうか。

Cimg9020

たぶん、「2018」は2018年のことだと思います。

「0101」は、、、1月1日ではないことは確かですね。「101番」でしょうかね。

それはともかくとして、要するに、これは「枕」です。

猫耳の間に、ネックを乗せるわけですね。

枕の中身が何なのかは分かりませんが、触ってみると、蕎麦枕の雰囲気です。ネックを乗せたときの安定感は、抜群です。

もう一つ。

Cimg9026

Martin Axe Mat

こちらは、謂わばベッドですね。

薄いですが、クッション的にはまずまずです。

気持ち、弦交換が楽しくなりました。(笑)

« 身も心も休めて | トップページ | 身を清めて弦交換 »

」カテゴリの記事

コメント

丸に橘さん、こんにちは。

> Martinの原稿肝要、もとい、弦交換用のグッズ
> 猫耳の間に、ネックを乗せるわけですね。

へえ!これは面白そうですね!
弦交換のときにあったら便利そうだし。

そういえば古谷さんは木製のこういうのにネックを載せて作業をしていましたね。

Jさん、いつもコメントありがとうございます。
欲を言えば、マットがもっと(何だか語呂がいいですね(笑))厚くてクッション性が良ければとは思いますが。。。
何せミーハーなので、やはり「Martin」なんですよね。素人ですから、こういう「ブランド」が一番!(笑)
もしかしたら、もっと使い勝手の良いものもあるんだろうなとは思います。
ぜひ使ってみてください!

丸に橘さま、こんにちは。

先ほどはコメントありがとうございました。


こちらにお集まりのみなさま、はじめまして。
「こじ」と申します。

詳しくは存じませんが色々と大変だったのですね。

お疲れさまでした。


どうぞ、このマーチンロゴの入った枕でお休みくださいませ(笑)

また、お邪魔させてください。

よろしくお願いします。

こじさん、初めまして。コメントありがとうございます。
そうですね。寝るのもいいですね。枕ですから。(笑)
そのぐらい大きいのも作ってくれると、きっと買っちゃいます。(笑)

丸に橘さん、こんばんは!

先ほどは、コメント誠に有難うございました。
改めて、Toshiです。宜しくお願い致します。

この枕は、安定感があって良さそうですね!
私が使ってるものは、プラ製のえらい軽いもので、
すぐ、コテンと倒れてしまう根性なし。(笑)

それにしても、すごいギター達と、私が中学時代へとトリップしてしまう楽曲達!またお邪魔させてください。今後ともぜひ宜しくお願いします!

 Toshi

Toshiさん、コメントありがとうございます。
Martinを枕に、熟睡しましょう!(笑)
たぶん、同じような年代ですよね。
フォークの復権を目指して!

木製のネックピローは知っていますが、
布製のピローですね。
私は、ソファーの肘を置く場所をピロー
代わりにネックの下に置き、ギター本体
にはクッションを置いて、弦交換します。
あまり物を置くと狭いので(笑)。
でもメーカー品(マーチン製)は意外高い
ですね。

又さん、いつもコメントありがとうございます。
ネックピローって言うんですね。
なるほど~、ソファーそのものを枕兼ベッドにね。それはギターに優しいですね。しかも、高さ調整も兼ねて、さらにクッションを。
私なら、Martin製のクッション(そんなのあったかな・・・)にしちゃいそうです。(笑)
まあ、メーカー品は。。。。同じ物でも、ブランド品は何でも値段が違いますよね。
でも、それに惹かれちゃうのが、私のような一般庶民。「ネームバリューに弱い」「長いものに巻かれる」「寄らば大樹」です。(笑)

ご無沙汰しております
北海道地震の一報を耳にした時、blog主様の安否を心配しておりましたが、熊本地震の様に「後日もっと凄い本震」が来る可能も否定出来ないので、blogが再開されても迂闊に「御無事で良かった」と書き込めず、すっかりタイミングを逃してしまいました

さてレモンオイル
自分も購入してはみたのですが、よくよく成分を読んでみると、
【火気厳禁 第二石油類】
と書いてある
柑橘類の芳醇な香りで気付きにくいですが、言われてみれば確かに手触りは灯油そのもの
う〜ん石油かぁ
そりゃ汚れはよく落ちるけど、灯油をギターに塗りたくるのは嫌だなぁ
という訳で、使用を中止し空拭きで我慢してます

特に実害が生じたという話も聞かないので、ま気分の問題なんですけど

代わりに車のウッドパネル(こちらは丈夫なポリウレタン塗装)に使ってますので無駄にはなりませんでしたが

幹さん、お久しぶりでした。
何とか生きてます。。。。
あ、「オイル」と言うぐらいですから、油とは思っていましたが、天然由来ではないのですね。
私も後で成分を見てみよう。
けっこう、見ないで使っているものって、多いですよね。
それだけ適当なのかもしれません。。。。

そちらの様な環境ならともかく、実際に「乾燥で視板がひび割れた」という話もまた聞かないのでまぁいいかなと
考えてみれば、「手脂」という油分を常に供給している訳で

幹さん、再度のコメントありがとうございます。
手脂。(笑)
まあ、たしかに。(笑)
手脂を取るために、油を使う。何だか道理に合ってますね。(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 弦交換グッズ:

« 身も心も休めて | トップページ | 身を清めて弦交換 »

最近のトラックバック