« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月

2018年9月29日 (土)

12弦ギターの弦張りは疲れる。。。

実は前回、久しぶりのメンテナンスということで弦を全部外し、クリーニングしておいたのでした。

というのも、いつもそうなのですが、3弦というか、3コースの主弦が「死んで」しまったのです。

こんな表現でいいのか分からないのですが、弦が劣化すると、音が「ポン」というような感じになってしまうのです。倍音がまったくなくなる、ということなのでしょうか。

このような症状は、3弦にしか出ないんですね。不思議です。どのギターでもそうなります。

皆さんはどうでしょうか。

いずれにせよ、Guild D55に続き、連続の弦張りです。

まずは、ベッドと枕を用意して。

Cimg9045

こんな風に見ていると、何だか手術台みたい。(笑)

「患者」を乗せて、と。

Cimg9046

あ、弦ですが、12弦ですから、例によってこの組み合わせです。

Cimg9047

副弦 Martin MSPHT10 PHOSPHOR BRONZE HIGH TUNING

主弦 Martin MSP4000 PHOSPHOR BRONZE EXTRA LIGHT

Cimg9048

ゲージは、(1弦から順に)

副弦 .010 .013 .008 .012 .017 .025

主弦 .010 .014 .023 .030 .039 .047

こちらはMSPHT10。

Img_0346

そしてMSP4000。

Cimg9049

こうしてみますと、実は、2コースの組み合わせが.013と.014ということで、同じになっていないのです。

でも、この微妙な違いが面白いように思います。私のダメ耳でも分かるぐらい、音色が違うのです。

さて、そんな私の弦張り。

自分の方法は、自分ではごく普通と思っているのですが、どうなのでしょう。

ぜひ比べてみてください。

(つづく・・・また続いちゃった(笑))

2018年9月28日 (金)

身を清めて弦交換2

ホントは「つづく」じゃダメなんですけど。弦交換ぐらいで。

でも、前回は何だか疲れちゃって。(笑)

50代後半ですからね。(笑)

何はともあれ、弦を差し込んで。

Cimg9027

6、5、4弦の順に張って、

Cimg9029

ひっくり返して1、2、3弦の順に張って完成。

Cimg9035

しっかりとテンションが掛かっています。

Cimg9031

たぶん、張る順番は皆さん同じですよね。

糸巻きは、Guildのロゴ入り。

Cimg9033

英国DIXON社のSKG395GD。

早速、正やんの「22才の別れ」。

やはりこれですね!

2018年9月24日 (月)

身を清めて弦交換

自分の身と心は、なかなか清められなくて困ってるんですけどね。(笑)

こちらは、しっかりと。

Cimg8999

我が愛器。ファースト・GuildのD55(2008)。

オレンジオイルで潤いを。

Cimg8998

ブリッジにも。

Cimg9000

指板にも。

Cimg9002

ほどよく乾くのを待って。

Cimg9001

弦を張ります。

Cimg9005

Martin MSPHT10 High Tuning Phosphor Bronze弦。

Cimg9006

中身は、

Cimg9007

ただ、私の場合は、このままの順番では張りません。

4弦用の.013と2弦用の.012を逆にして張ります。

というのも、4弦のDの方が、2弦のBよりも高音だからです。高音の方に、より細い弦を張る、というのが自然ですよね。

こちらは、何て書いてあるのかちんぷんかんぷん。

Cimg9008

まあ、「Made in Mexico」だけは分かります。(笑)

(つづく・・・)

2018年9月22日 (土)

弦交換グッズ

この三連休は、のんびり自宅に戻って。

愛しのギター達とも暫し別れて。

その代わり、というわけではありませんが、ちょっとしたものを紹介します。

こんなものを買いました。

Cimg9022

ん?猫耳?

上から見ますと、

Cimg9024

横からは。。。

Cimg9025

これは。。。

Cimg9021

ハイ、Martinの原稿肝要、もとい、弦交換用のグッズです。

Microfiber Martin Guitar Neck Rest

ちゃんとタグまで付いています。数字は、何ですかね、製造番号か何かでしょうか。

Cimg9020

たぶん、「2018」は2018年のことだと思います。

「0101」は、、、1月1日ではないことは確かですね。「101番」でしょうかね。

それはともかくとして、要するに、これは「枕」です。

猫耳の間に、ネックを乗せるわけですね。

枕の中身が何なのかは分かりませんが、触ってみると、蕎麦枕の雰囲気です。ネックを乗せたときの安定感は、抜群です。

もう一つ。

Cimg9026

Martin Axe Mat

こちらは、謂わばベッドですね。

薄いですが、クッション的にはまずまずです。

気持ち、弦交換が楽しくなりました。(笑)

2018年9月16日 (日)

身も心も休めて

今日は、身も心も休めて、Guild D44Mの一日でした。

Cimg8994

私の唯一のメイプルギター。

Cimg8989

メイプルの音色の素敵なこと。

Cimg8993

まるで、メイプルシロップ!

先週は、地震から復活して、何とか職場の操業に漕ぎ着けました。

もちろん、まだ三分の二、いや、半分かな。。。

でも、震源近くの被災地の皆さんのことを思えば、これ以上のことは望みません。

ついでに、内部も1枚。

Cimg7793

心の中も明るく、という意味を込めて。

お陰様で、今日は身も心も休めて、久々のギター三昧でした。

2018年9月 8日 (土)

地震を乗り越えて

亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。

今もなお、避難生活を続けていらっしゃる方が多数。。。。

そんな中、私の勤務先と社宅は、何とか電気が復旧しました。

勤務先は、まだ稼働できない状況ですが、人的被害がなかったのは何よりでした。

単身赴任者は、一刻も早く、その日のうちに家族の元に帰しました。もちろん、鉄道、バスは不通、信号機もダウンということで、明るいうちに着けるように。

私も単身赴任者ですが、勤務先の復旧に向けて陣頭指揮を執らねばならず、帰宅どころではありません。

まあ、カミさんも無事ですし、電気も点いたということなので、、、、。

停電によってネット回線もダウンし、通じていたのは社内に設置しているピンクと緑の公衆電話のみ。

今回、公衆電話の偉大さに改めて気付きましたね。お陰で、本社や支社など、各方面と連絡を取り合うことができました。

携帯電話も繋がりにくい状態でしたが、意外や意外、スマートフォンのインターネットは健在でした。もっとも、私はスマートフォンというものにまったく興味がなく、持っていないのですが。。。

ピンク電話のみならず、スマホにも敬意を表した次第。持ってもいいかな、と。

幸い断水はしていなかったのですが、水が出たのは一戸建ての社宅と2階建ての社宅のみ。

勤務先と3階建ての集合住宅の社宅は、ポンプで揚水して配水しているため、ダメでしたね。

そこで、2階建てで空いている社宅を開放して、社員とその家族のトイレと水需要に対応しました。

一段落付けたところで、忙中閑あり。

Img_0612

やはり取り出したのは、「同級生」。

Cimg8973

それにしても、都市部ではガソリンスタンドやコンビニで長蛇の列が発生したり、品切れになったりということもあったようですが、田舎ではありませんでした。

ガソリンも食料も豊富で、助かります。

しかし、停電の夜は真っ暗でしたが、星空の凄さに感動しました。

まさに、「星の数」ほど星が瞬いていました。

久しぶりに、北斗七星、カシオペア、、、、。

また週明けが勝負です。

再開に向けて、本事業所の全社員を召集します。

2018年9月 3日 (月)

Thalia Capo(タリア・カポ)-その5

ところで、これ、どうやって装着するのかですね。

こんな風になってます。

Img_0599

親指側のレバーを握ると、、、、

Img_0600

バネ仕掛けの口が開きます。

そのままネックにジャキーン!

バネを戻せば、

Img_0599_2

締め付けるという寸法です。

要するに、あの「洗濯挟み式」と原理は同じ。(笑)

さて、装着すると、こうなります。

Cimg8971

上から見ると、、、

Cimg8970

ちょっと、、、金属部分が分厚いですね。何だかな~。

外人さんの好きな、下からの装着。

Cimg8965

上からは、

Cimg8969

これはこれで、美意識的に「何だかな~」。(笑)

でも、取り付けやすさという点では、圧倒的に下からですね。さすが、合理的な外人さん。(笑)

でも、私は痩せ我慢の美学を大切にする日本人ですから。(笑)

ゴムの部分には、Martin用の厚い方を使っています。

薄い方だと、締め付けテンションが低くてビリつきます。正直、もっと厚くてもいいぐらい。

「洗濯挟み式」の限界ですね。

試しに、12弦Guild G-312にも付けてみました。

Img_0601

これは、まったくダメでした。

まず、Martin用を取り付けてあるので、この時点でダメです。指板にまったく合いません。

でも、いちいちGuild用に取り替えるかというと、私のような面倒くさがり、ズボラな人間は、そういう気にはなりません。

実に不思議です。他のカポは、MartinだろうがGuildだろうが使えるのに。。。。。

というわけで、5回に渡るレポートでした!

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

最近のトラックバック