« 随分サボりました・・・ | トップページ | いつでも美しい音色ナッシュビル・チューニング »

2018年8月16日 (木)

実は「さらば」してました Martin D-18(1952)

さらば涙と言おう。

けっこう好きな歌です。森田健作さんのね。

「俺は男だ!」夢中になって見ましたね。

それはともかく。

この後ろ姿。残っていた貴重な1枚。

Cimg8774

なんとなく寂しそう。

忙しくてあまり弾けない最中に、サヨナラしてしまっていました。

やはりね、ピックガードが手に負えませんでしたね。

さて、またMartin D-18探しの旅に出ます。やはりマホガニーの音色が恋しいので。

あ、D-45も探しています。

最近手放す一方なので、資金的にはアレなので。

がんばります。

« 随分サボりました・・・ | トップページ | いつでも美しい音色ナッシュビル・チューニング »

Martin D-18」カテゴリの記事

コメント

♪〜さらば〜涙と言おう〜♪
ご存知の通り、千葉県知事は、森田健作
(本名、鈴木栄治 )。
最近、家内と娘が CS-TV の「とんとんとん」
若かりしころの 森田健作 が主役で。
娘が「この人、本当にあの知事なの」と。
私と家内は顔お見合わせ笑っています。

さて、マホガニーのD-18は、出番なかった
ですが、熱望するフリークの方に渡る事を
期待します。

D-18、28、45は、トランプのロイヤル
ストレートフラッシュのようで・・。
そのうち、揃い踏みで、マーチン三兄弟
の写真と音源(ユーチューブ)を公開して
下さい〜(笑)

又三郎さん、いつもコメントありがとうございます。
そうですね。又三郎さんも、やはり「18」は残すわけで、マホガニーは必須の1本です。
まさに、「ロイヤル ストレートフラッシュ」(笑)。
いつかまた!ですね。

丸に橘さん、こんにちは。

> 「俺は男だ!」夢中になって見ましたね。

同じですね~。夢中になって見てましたよ。私の青春の一部はそこにある感じです。

> 忙しくてあまり弾けない最中に、サヨナラしてしまっていました。

おっと。そうでしたか。

> やはりね、ピックガードが手に負えませんでしたね。

なるほどね。古いギター探しの旅もなかなか大変ですね。

> 最近手放す一方なので、資金的にはアレなので。

いいなあ。少し分けてください(笑)。

J minorさん、いつもコメントありがとうございます。
古き良き時代、、、、、だったなあと、つくづく思います。
ギターは、手放すと結局資金ロスが出ますから、慎重にしないとダメですね。
これまたつくづく思います。
やはり、「少数精鋭」がいいですよね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 実は「さらば」してました Martin D-18(1952):

« 随分サボりました・・・ | トップページ | いつでも美しい音色ナッシュビル・チューニング »

最近のトラックバック