« 2018年5月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年6月

2018年6月26日 (火)

(またもや)さらばMartin D-45(1975)!

あれは1年前~。(3年前じゃなくてね)

ついに来ました」と報告したのでしたが。

今日、上記のような題名で、また皆様に報告することになるとは。

Martin D-45(1975)。

Cimg8400

別に、不満はありませんでした。

が、「バージョンアップ」(と言えるのかどうかはわかりませんが)のための放出ということで、決断しました。

もちろん、次なる目標は、やはりMartin D-45。

これはね、やはりMartin D-45を一度持ってしまうとやめられませんよ。私のようなミーハーは。

近く、新たなMartin D-45をお披露目できるときが来るかと思います。

まあ、委託先でうまく売れてくれれば、なんですけどね。。。。。

売れてくれないと、買えません。。。

2018年6月24日 (日)

ついにマウント(その3)

また随分経ってしまいましたが。。。。

課題。

こちら。

Cimg8920

意識して弾かないと、こうなっちゃうんですね。

私はけっこう、サウンドホールの真ん中か、少しネック寄りで演奏します。

すると、ピックアップに当たっちゃうわけです。

自分の指で弾くなら問題ないのですが、サムピックとフィンガーピックは、弦間に深く入りますから。

こんな感じで、少し後ろで弾かないとね。

Cimg8921

2018年6月 9日 (土)

ついにマウント(その2)

寒い6月9日です。ストーブ焚かないといられません。

Cimg8930

気になる弦との「間合い」は。

こんな感じです。

Cimg8914

指板よりも近いんですね。

Cimg8916

コードは、L字側をアンプに繋ぎました。

Cimg8918

というのも。。。。

いや、又三郞さんからは真っ直ぐな方を、ということだったのですが、、、、。

バネ仕掛けカールコードですと、真っ直ぐな方をアンプに差しますと、何と、引っ張られてピサの斜塔状態になっちゃうんです!

それで断念しました。

EFFECTSは、ギターだけの音色で勝負ということでOFFです!

Cimg8919

« 2018年5月 | トップページ | 2018年8月 »

最近のトラックバック