« 「一番の宝物」弦交換 | トップページ | さらばYAMAHA L-15 »

2018年5月 2日 (水)

寒いGWに・・・

まあ、別に珍しいことではなく。

毎年のように寒いGW。

Cimg8905

いつものようにストーブ焚いて。

寝るときは、まだ電気毛布が活躍してます。

寒いのって、切ないですからね。

そんなときに、心も温まるMartin D-45。

Cimg8493

うーん。やはり縦ロゴ。

ミーハーとしてはね、Martinなんだなあ、憧れのD-45。

Cimg8405

さて、どんなGWになるのでしょうか。

Cimg8407

桜は、いつ咲いてくれるのでしょうか。

まだまだ枯れ木です。。。。

« 「一番の宝物」弦交換 | トップページ | さらばYAMAHA L-15 »

Martin D-45」カテゴリの記事

コメント

丸の橘さん
寒い連休ですね
家もストーブをまた点けました。
その寒い中、混みあう所を避け
稚内方面へドライブ
寒くて外に出られませんでした。

D-45は触った事さえありませんが
あこがれますね。
弾いてみたいですね。
今はヤエリの45のコーピーギターでガンマンです。

敏さん、いつもコメントありがとうございます。
寒いのには参りますね。
しかも、北に向かったのですね。(笑)
Martin D-45。
まあ、「気持ち」と言いますか。
「持っている」それだけで何だか幸せな気分。
遠くから見れば、コピーも本物も同じ。そんな腕ですが。(笑)

こちらは、初夏前ですが、爽やか風
(薫風)が吹いています。
(オリジナル曲を制作中ですが)

そうそう
え〜、一番の宝物は、マーチンD-45では?
(笑)。やはり、我々フォークソング
世代は、マーチンD-45に憧れます。
丸に橘さんは、それが手元にあり、弾いて
いるのですね(笑)。

前日、東京 新大久保の中古楽器店で
ショーウィンドウのマーチンD-45
(1979年製)を観ていると。
スタッフの方が、弾きますか(試奏)
と言われ、「いえ、いいです」と。
弾いてしまうと、たぶん音にしびれ
VISAカードを出すので・・(笑)。

私は、永遠の憧れで、見果てぬ夢 を、
思いは、20代のままを継続しています(笑)。

又三郎さん、いつもコメントありがとうございます。
薫風ですか~。こちらはいつになったら吹くのやら。まだまだ冷たい風で、外を歩くにはコートとマフラー。
薫風が吹いたら、よし、私もオリジナルを。(笑)
しかし、見透かされてますね。D-45。お値段的には一番の宝物はこちら。
しかしながら、「同級生」という視点では、D-28(1962)。
やはり、どちらも「一番」。同率首位。
危うくVISAカードを出すところだったとのこと。
思い切りが必要ですね。
次回こそ!(笑)
夢を現実に!

こんにちは。

そろそろD-45にも慣れて落ち着いた頃ではないでしょうか。

自分は何の迷いもなくD-28を残し、D-45コメモレイティブを手放しましたが、丸に橘さんは二本とも大事にして下さいね。

しばしばさん、お久しぶりでした。いつもコメントありがとうございます。
どうなんですかねえ。私もD-45を手放した「実績」がありますし。(笑)
D-28(1962)を手放すことはないと思います。誕生年ですから。
が、D-45(1975)には、それ程の執着はないのです。「年下」だからかな。(笑)

多角経営に失敗したギブソンが破産したというニュースがありました
やたらと新機種や高額限定品を乱発する近年のマーチンに眉をひそめる方々も多いですが、多角どころかエレキも出さず、生ギターとウクレレだけで創業以来独立企業を維持し続けているのは、何だかんだ言って凄いと思います

Gibsonのニュースには驚きましたね。
ただ、これまでも何度か経営者(親会社)が替わっているそうですし、Guildもそうですからね。
今回も「またかい」的な感じですかね。
そう考えると、Martinはすごいですね。日本の老舗企業みたいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571672/66676499

この記事へのトラックバック一覧です: 寒いGWに・・・:

« 「一番の宝物」弦交換 | トップページ | さらばYAMAHA L-15 »

最近のトラックバック