« Martin D-18 「残念なところ」その4-2 | トップページ | 久々の登場Guild G-312std »

2018年4月20日 (金)

Martin D-18 「残念なところ」その4-3

いやはや。

大変なブランクでした。

突然の異動命令。会社に仕える身としては、「はい!わかりました!」以外の答えはなく。

今度は、支店サイズも少し大きく、出張所もあるので、合計140人ほどのスタッフに囲まれています。その他、パートさんも20人ぐらいはいますか。。。。

異動しておよそ半月、ようやく落ち着きました。

ということで、Martin D-18の続きです。

ええと、どこまで書きましたかね。(笑)

あ、ピックガード関係でした。

はたと困ったところでしたね。(笑)

これなんです。

Cimg8769

わかるでしょうか。

ヒビのようなものが入っているのです。

ちょうど1弦の下辺り、ピックガードの内側ですね。

いわゆる「マーチンクラック」ってヤツなんでしょうか。

ピックガードの外側は、このとおり。

Cimg8770

何でもありません。

ですが、

Cimg8843

もう一枚。

Cimg8845

ボディの内部を見てみますと、異常ありません。

幸い、割れ?ヒビ?は、貫通していないのです。

さて、どうしたものか。ハタと困りました。

表面のヒビは、放っておいていいものかどうか。

いいのであれば、そのまま両面テープでピックガードを貼ってしまおうかと。自分で。

悩みどころです。

« Martin D-18 「残念なところ」その4-2 | トップページ | 久々の登場Guild G-312std »

Martin D-18」カテゴリの記事

コメント

丸に橘さん、こんにちは。

> 突然の異動命令

あらま。それは大変でしたね。それにしても150人を超えるスタッフやパートさんと仕事をするなんて、個人店の私には想像もつきません。

にしても、ヒビは気になりますね~。
私なら地元のルシアーさんに見てもらうところですが、そちらはそうはいかないのでしょうか・・・。

J minorさん、お久しぶりでした。いつもコメントありがとうございます。
まあ、ピックガード跡の表面を少しヤスリが消して、もとい、ヤスリ掛けして、平らにするついでにスプルースの粉を作り、それをボンドと混ぜて擦り込むという手もあります。
どうせピックガードの下になるし、やってみようかな。。。

「セルロイドが縮んでPG跡の形にぴたり収まらない」というオチを予想していたんですが外しましたね

素人が木屑を混ぜたボンドで埋めるくらいなら、余計なことをせずにそのままPGで覆い隠したほうがまだマシだと思いますよ
「自己リペア自体が趣味」の方もいらっしゃるので、それはそれで否定はしませんが

幹さん、いつもコメントありがとうございます。
正直、縮んではいます。少し。
でも、木部がそんなに露出するわけでもないので・・・。
たしかに、素人が下手に何かするよりは、そのまま貼っちゃった方がダメージ少ないかもしれませんね。高級機であれば、尚更ですね。

丸の橘さん
良い季節になってきましたね。
やっと家の裏も雪が無くなりました。
ヒビですか~
裏にヒビがないなら、大丈夫だと思います。
でも、気になりますね。
リペアを見てもらうのが一番なんだけど
なかなか~田舎では大変だものね。

敏さん、いつもコメントありがとうございます。
やっと、氷点下とはサヨナラしましたね。(笑)
タイヤ交換も間近です。
まだ所々に残雪がありますが、程なく消えるでしょう。
それにしても、近くにギター修理工房があるところがうらやましいですね。。。。

お久しぶりです

悩ましいですが、
僕も素人修理はしない方が良いと思います
万一本格的な修理が必要になったときに
素人の修理痕は妨げになるとも聞きました

ピックガードは、
自分だったらということで言えば、
張ると木部のヒビの変化が
観察できなくなってしまうので
半年か1年くらいはヒビの変化を確認し
「開く様子が無い」と思えた段階で張るかな~
無塗装の木部をさらしておくのも
あまり良い気分では無いですけど(笑)
どの程度の期間PGなしでいたのか
購入店に確認して
もしも数年この状態だったというのなら
少々放置してても大丈夫かなと思います

もちろん私も「ど素人」なので(爆)
ご参考までに

ziziさん、お久しぶりでした。
いつもコメントありがとうございます。
素直な私としては、アドバイスに従います。(笑)
相手は木ですからね。湿度次第でとんな動きを見せるか分かったものではありません。
当面はこのままにしておいて、様子を見ようかと思います。

■人事異動
我が社は、本人内示は8日前。社内は
1週間前にWebで人事報が開示です。
丸に橘さんも年齢的に微妙な時期
ですが、頑張ってください。
私は、年齢満了で嘱託の身分なので
もう先は(笑)。

■ピックガード
リペアショップで自分の思いなど
伝えて納得するリペアを行なっては、
如何ですか。

又三郎さん、いつもコメントありがとうございます。
異動の度に思うのは、同じ会社でも支店が違うと「文化」が大きく違うこと。
だから改革改善が必要なのでしょうね。
ピックガードは、取り敢えず様子を見て、いずれはどこかに依頼して貼ってもらおうと思います。
近くにあればねえ。。。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571672/66632483

この記事へのトラックバック一覧です: Martin D-18 「残念なところ」その4-3:

« Martin D-18 「残念なところ」その4-2 | トップページ | 久々の登場Guild G-312std »

最近のトラックバック