« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年4月

2018年4月30日 (月)

「一番の宝物」弦交換

やはりですね。

今の私にとって、一番の宝物です。

Martin D-28(1962)。

Cimg8507

弦交換しました。

Cimg8894

弦をすべて外し、指板をオレンジオイルで磨いて。

ほどほど乾いてから、

Cimg8895

弦を。

Cimg8897

積雪前のスキー場みたい。(笑)

弦は、いつものMartin MSP4100。

Cimg8898

3本セットなのですが、開封前はパンパカパンです。中にガス?が入っているんですかね。

としたら、劣化防止?

よくわかりませんが、まあ、いいや。

中の弦は、紙の袋に1本ずつ入ってました。紙のパッケージの時は、1弦と4弦、2弦と5弦、3弦と6弦が一緒に入ってましたよね。

1本ずつの方がいいですね。

ということで。

Cimg8899

張りました。

Cimg8901

うーん、絵になります。

Cimg8902

気持ちよく、いつものレパートリーを演奏しました!

Cimg8508

2018年4月28日 (土)

こ、これは。。。

何と。

G31202

Guild G-312std。

まだありましたよ。

しかも、セールで値下げされています。¥145,800(税込)です!

5/13までの期間限定値下げのようです。

ホント、私が買いたいぐらいです。L.R/Baggs LYRIC マイク+プリアンプ付きですからね!

どうですか、皆さん。(店の回し者ではありませんけど)

でも、私にはカミさんが買ってくれたこれがあります。

Cimg8672

浮気?はしません。(笑)

が、、、、、もし、70年代Guild G-312NTが目の前に現れたら。。。。

うーん、クリックしてしまいそう。。。

2018年4月24日 (火)

久々の登場Guild G-312std

まあ、Martin D-18(1952)の話は小休止として。。。

話題的にも実に久しぶりなGuild G-312std。

実は1か月ほど前に、また3コース副弦(.008)がプッツンしまして。

Cimg8888

それ以来ずっとお蔵入りしてました。

写真の日付は、いつもしているのですが弦交換をした日です。

前回は去年の10月28日だったのですね。

で、ようやく交換。

弦は、前回同様、

Martin MSP4000 92/8 Phosphor Bronze Extra Light

Martin MSPHT10 92/8 Phosphor Bronze High Tuning

の組み合わせ。

Cimg8889

そして、これまた前回同様、MSPHT10の2弦用.012と4弦用が.013を逆にして張ります。

Cimg8890

ユニゾンの2コースは、結果として.014と.013の組み合わせになります。このズレがまた、実に面白い音色を生みます。

Cimg8891

弦の袋に日付(30.4.22)を入れて、完成。

うーん。いい音。

Cimg8791

やはりいいですね!Guild G-312std!

Cimg8790


改めて惚れ直したのでした。

2018年4月20日 (金)

Martin D-18 「残念なところ」その4-3

いやはや。

大変なブランクでした。

突然の異動命令。会社に仕える身としては、「はい!わかりました!」以外の答えはなく。

今度は、支店サイズも少し大きく、出張所もあるので、合計140人ほどのスタッフに囲まれています。その他、パートさんも20人ぐらいはいますか。。。。

異動しておよそ半月、ようやく落ち着きました。

ということで、Martin D-18の続きです。

ええと、どこまで書きましたかね。(笑)

あ、ピックガード関係でした。

はたと困ったところでしたね。(笑)

これなんです。

Cimg8769

わかるでしょうか。

ヒビのようなものが入っているのです。

ちょうど1弦の下辺り、ピックガードの内側ですね。

いわゆる「マーチンクラック」ってヤツなんでしょうか。

ピックガードの外側は、このとおり。

Cimg8770

何でもありません。

ですが、

Cimg8843

もう一枚。

Cimg8845

ボディの内部を見てみますと、異常ありません。

幸い、割れ?ヒビ?は、貫通していないのです。

さて、どうしたものか。ハタと困りました。

表面のヒビは、放っておいていいものかどうか。

いいのであれば、そのまま両面テープでピックガードを貼ってしまおうかと。自分で。

悩みどころです。

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

最近のトラックバック