« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月

2018年3月25日 (日)

Martin D-18 「残念なところ」その4-2

「うーん」なピックガード。

前回は「衝撃の写真」を見ていただきました。

ただ、「にもかかわらず、なぜ購入したか」ですよね。

その理由は、これです。

Cimg8781

オリジナルのピックガードが付いているのです。

Cimg8782

ようするに、「な~んだ、貼ればいいんだ!」ということですね。

しかし、ここで、はたと困る私でした。。。

2018年3月21日 (水)

こんなのが。。。

すぐに売れてしまっていました。

Kaoru

kaoruギター。

一体いくらだったんでしょうね。

それすら分からないまま、あっという間に売れてしまっていました。

私も、いつか手にしたいと思っています。

国内制作家のギター。

手にするとしたら、やはりkaoruギターかな、と。

何せ、あの石川鷹彦さんが3本も持っているギターですから。

中古で滅多に出ず、出ればあっという間に売れてしまうkaoruギター。

憧れです。

2018年3月18日 (日)

Martin D-18 「残念なところ」その4-1

なかなかですね。

更新が思うように行かず。。。。

さて、「その4」です。

これは極めつけです。

でも、しつこいようですが、「それを承知の上で」私は購入したのです。

その衝撃の写真は、こちら。

Cimg8778

ハイ。

ピックガードが剥がれています。

Cimg8766

別の角度から。

Cimg8773

もう一枚。

Cimg8780

さて。。。

2018年3月 6日 (火)

Martin D-18 「残念なところ」その3

またもや久々の更新。

年度末はね、超多忙でヘトヘト。

更新もままならず。(ダメだなあ・・・)

さて、「残念なところ」シリーズ第3弾。

こちら。

Cimg8767

いや、サドルではなく。

サドルはね、満足しているのです。「聳え立つ」高さがありますから。

これはですね、ブリッジを取り替えていると思うんですね。

おそらく、弦高を稼ぐためにブリッジを低くしていて、ネックリセッのときに作り直して、元の高さに戻したのでしょう。

で、その処理。

上の写真だけでも「あちゃ~」と思ったかと。

Cimg8768

汚いですね。。。。

かなり腕の低いリペアマンだと思います。(「リペアマン」とは呼べないか。。。)

ただ、これもね、私は結局知っていて買ったわけですから、受け入れないといけないですね。

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

最近のトラックバック