« 寒波の夜は | トップページ | うーん。やはり12弦。 »

2018年1月31日 (水)

やはりキラキラ感がいいなあ

たまにしか弾きませんが。

Cimg8688

ナッシュビル・チューニングのキラキラ感は不滅です。

Cimg8691

弦が切れやすいので、いつも慎重にチューニングし、慎重に緩めています。

これは定番ですね。

こちらは石川鷹彦さん。

これ以外にも、

「歳時記」

「あの素晴しい愛をもう一度」

「なごり雪」

「秋止符」

も最高です。

ぜひ、一家に一台ナッシュビル・チューニング。

« 寒波の夜は | トップページ | うーん。やはり12弦。 »

Guild D55」カテゴリの記事

ナッシュビル・チューニング」カテゴリの記事

コメント

丸に橘さん、こんにちは。

> ナッシュビル・チューニングのキラキラ感は不滅です。

こういう音は、クラギじゃ全然無理ですね。

S.Yairi YD-306 にキラキラ感とはおよそ縁遠い Martin のシルク&スティール弦 M130 を着けてみましたが、やっぱりちょっと物足りない音かもなあ・・・と、思っていたりします。

J minorさん、いつもコメントありがとうございます。
クラギはクラギで、あの「ナイロン的」な優しい音がいいですよね。
私も、1本買おうと思います。ただし、YAMAHAのサイレントギター。(笑)
中古で安いのがあったら。
ナッシュビル・チューニング用の弦が、ダダリオとマーチンから出ていますから、それを張ってみるといいですよ。コンパウンドより、ずっとテンションが弱く、クラギ感覚で弾けます。
私のは、マーチンです。

やはり22才の別れと言ったら
ナッシュビルチューニングですね。
この風の動画は大好きで何度も聴いてしまいます。
大久保さんの方が無理そうなので、
風の復活は無いと思いますが
叶うことならもう一度、風を感じてみたいです。

しばしばさん、いつもコメントありがとうございます。
そうですねえ。。。大久保さん、オフィシャルサイトで病気のこと書いてましたね。。。。
なつかしいVTRが、よく残ってましたよね。
私も大好きな動画です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571672/66343349

この記事へのトラックバック一覧です: やはりキラキラ感がいいなあ:

« 寒波の夜は | トップページ | うーん。やはり12弦。 »

最近のトラックバック