« 今年も暮れていきます | トップページ | 寒波の夜は »

2018年1月28日 (日)

(またもや)久々・・・

すっかりサボってましたね。

1月ももう終わるというのに。今月未更新。

ダメだこりゃ。

私の今年の目標は、できるだけ更新する、ということにします。

せめて、去年以上。(と言っても、去年何回更新したかはわかりません(笑))

・・・・などと言いながら、YAMAHA L-15を磨いていました。

Cimg8536

去年の1月でしたからね、ひょんなことから手に入れたのは。

ブラジリアン・ローズウッドではありますが、如何にもYAMAHAという音色のL-15。

多分。。。。カタログでは「高級ハカランダ」という材ではありますが、当時の価格と現在の実勢価格から考えると、実際はそんなに「高級」ではなかったのではないか・・・そんな気がします。

ふとそんなことを思った一日でした。

« 今年も暮れていきます | トップページ | 寒波の夜は »

YAMAHA L-15」カテゴリの記事

コメント

丸に橘さん、こんにちは。

「高級ハカランダ」の「高級」と言う言葉が購買者の心をくすぐりますね。。。

確かヤマハは「高級蝦夷松」などと言う言葉も使っていたような。。。こちらも高級感が伝わって来ますね。。

ハカランダの音はやっぱりいいですね。。
自分で弾いていても、このギターいい音してるなと思う事が良く有ります。
(材だけの問題では無いと思いますが)

前に売却するようなコメントも有りましたが。。希少なギターと思いますので大事にされて下さい。


銀次さん、お久しぶりでした。いつもコメントありがとうございます。
「高級」ね。じゃあ、もっと高いヤツはどんないい方になるの?超高級?(笑)
でも、当時でも15万円で「高級ハカランダ」が本当に使えたのか。。。
うーむ。。。。

お久しぶりの更新(笑)。
そちらは、降雪、積雪で毎日
大変でしょうね。
こちらは、数センチの積雪で
大混乱でした(笑)。

ヤマハ、ハカランダ材のギター、
程度が良いですね。
私のヤマハFG-350 コーラズロール
材は、一見、ハカランダ材の様に
見えます(笑)。
音は?、やはり、マーチンのマホガニー
やローズウッドの音色にはかないません。
一度、野外(山で)に持って弾きましたが、

丸に橘さんも、ヤマハのギター、時々
稼働(弾いて)しているのですね(笑)。

又三郞さん、いつもコメントありがとうございます。
ホント、ダメな私です。
つくづく、又三郎さんのすごさが分かります。更新するというのが、どんなにマメなことなのか。
YAMAHA L-15はですね、「いよいよ」かもしれません。又三郎さんにも、銀次さんにもアレなんですが。迷っているところで。。。

ネック以外孟宗竹で出来ていても、如何にもYAMAHAな音色がしますよ

しかしYAMAHAも一度病みつきになるとなかなか手離せませんよね

幹さん、いつもコメントありがとうございます。
ははは。たしかに。不思議なものです。
しかし、よく竹で作りましたよね。(笑)
一発屋でしたけど。
でも、一度でいいから本物見てみたいですね。怖い物見たさに。(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (またもや)久々・・・:

« 今年も暮れていきます | トップページ | 寒波の夜は »

最近のトラックバック