« やはり、これだ! | トップページ | 「あの素晴しい愛をもう一度」再チャレンジ »

2017年10月 8日 (日)

「あの素晴しい愛をもう一度」やってみました

「あの素晴しい愛をもう一度」のコードチェンジ、難しいところがあります。

「いのーちー、かけ」G→「てとー、ち」Bm→「かーったーひか」C→「らー」D

と進むわけですが、この「Bm→C」が、私にとっては難所なのです。

特に、5弦3Fの「ド」に指が掛からないことがあるのです。

下手っぴなので、仕方ないと言えば仕方ないのですが。

いや、調子のいいときは難なくクリアできるのです。が、「悪いとき」の方が多い。(笑)

で、風の又三郞さんのアイデアで、キーを「C」にして弾いてみました。

キーを「C」にしますと、コード進行が「C→Em→F→G」となるため楽なんですね。

出番は、休日定番のGuild G-312std。

Cimg8514

ただ、その場合は、チューニングを1音落とさなければなりません。

そして挑んだ「C」の「あの素晴しい愛をもう一度」。

結果は・・・・。

何だかですね。「45回転のレコードを、33回転で聴いている感じ」と言えば分かるでしょうか。

スピードは普通なのですが、ギターの音的に、ですね。

イメージ的に、「愛」は「愛」でも、50代か60代の「愛」ですかね。(笑)

Cimg8519

ということで、「カポ3のG」で一層の努力をすることにしました。(笑)

幹さんからは、「Cを3Fのセーハコードにしてみては」という提案もいただいたのですが、これも無理筋でした。。。。

さて、最近加わった私のレパートリーです。

« やはり、これだ! | トップページ | 「あの素晴しい愛をもう一度」再チャレンジ »

Guild G-312」カテゴリの記事

コメント

ではしつこくお節介を

Cの出だしでフォームチェンジが間に合わないというのなら、そこだけ開き直ってハンマリングONしてしまったらどうでしょうか
おかずっぽくなりますよ
「岬めぐり」など拝聴したら結構小技を混ぜてるようですし

幹さん、いつもコメントありがとうございます。
そうなんですよね。間に合わなくて。
ゆっくり歌えばいいのでしょうが、それこそ33回転っぽくなっちゃう。(笑)
今回のご提案は、なるほど!ですね。
ハンマリングにしちゃう。それなら自然っぽく聞こえますね。しかも、できそうな感じ。
開き直りって、大切ですね。
やってみます!

丸に橘さん
BmからCですか
早いチェンジだと難しいですよね
練習あるのみです(笑)

海~この曲もいい曲ですね
その後のこうせつのMCも笑えますね。

敏さん、いつもコメントありがとうございます。
昨日今日と、気温が高めですね。ストーブ焚かなくて済んでいます。
かぐや姫LIVEは、私が初めて買ったLPだったと思います。(初めてのシングルは、中村雅俊の「五日町で会ったなら」もとい、「いつか街で会ったなら」)
「海」は、その頃から好きだった歌です。こうせつさんの歌ではないんですけどね。

丸に橘さん、こんにちは。

「あの素晴しい愛をもう一度」やってみました・・・ってことでしたんで、弾き語りを聞けるのかと思っていたのに、ちょっと残念でした♪

> この「Bm→C」が、私にとっては難所なのです

どちらかといえば私の場合 G→Bm の方が難しいかなあ。昔から苦手としています。
バレー型の B7 はもっと苦手です(苦笑)。

> イメージ的に、「愛」は「愛」でも、50代か60代の「愛」ですかね。

いいじゃないですか。50~60代の愛でも。
私は最近すっかり枯れている感じですが(笑)。

J minorさん、いつもコメントありがとうございます。
わかりました。では、次の「休日の12弦ギター」のときに。(笑)
ぜひ「50~60代の愛」を聴いていただきましょう。(笑)
「G→Bm」はですね。Gの最後の8分音符で指を離してしまいますので、Bmの準備ができるのです。つまり、Bmの指の形で空中で待機していますから、難はないんですね。
「Bm→C」は、音的にそれができなくて。。。

丸に橘さん、こんにちは。

アルペジオで、しかもリズムが早い曲はコードチェンジが難しいですよね。私もJ minorさんと同じでG→Bmが苦手です。Bm→Cで、遅れると感じたら幹さんが言われているようにハンマリングでごまかします。
丸に橘さんのようにまじめ弾くのが1番良いのですが、ついつい「誤魔かし」をやってしまいます(それでド壺にはまって最悪も経験していますが・・・)。
お互い練習あるのみですね!頑張りましょう!

がめらさん、いつもコメントありがとうございます。
いやいや、私も自分の人生、随分と自分で自分を誤魔化してきました。。。。。(笑)
せめてギターぐらい、真面目に弾こうかと。。。(笑)
あ、D7→Bmも苦手です。

自分もG→Bmが苦手ですね
これで都合3人になりました(ちょっと安心)

ひょっとしたらローポジションGの押さえ方が影響するのでは?と仮説を立ててみます
御承知のとおり、ローポジGは人によって押さえ方が違います
自分の場合は「人差し指は使わないG」です
遊んでた人差し指がBmでセーハを頑張らなきゃならん環境の違いのせいですかねぇ

因みに「さだまさし」を弾く者はこの「人差し指はフリーのG」フォームです
blog主様ならよくご存じですよね

幹さん、いつもコメントありがとうございます。
あ、やはり。(笑)
似たもの同士、安心しました。(^_^;)
私もGは中指・薬指・小指派です。
なるほど、さだまさしですか。

トライしましたか・・・。
私はレギュラーシューニングで Cから
または、2カポで Cからスタート。
意外と良いですよ。

50代、60代の愛
まさに 「燻し銀のような愛」ですね。

でもこの曲は、皆と一緒に歌うには
いい曲ですよ。~♪
(URLにセットしました)

又三郎さん、いつもコメントありがとうございます。
はは。。。。次は録画して公開してみます。「1音落とし」。
燻し銀、年齢的にあってるからいいか。。。(笑)
動画見ました。ゆっくりなリズムでいいですね!

弾きやすいよう、歌いやすいようにコード進行を変えてしまうという手はよく使いますが、「あの素晴しい愛をもう一度」の場合はGから始まる印象的なイントロも再現したいところですから悩ましいですよね

幹さん、いつもコメントありがとうございます。
その通りなんですよね。・・・とは言っても、私には再現できないのですが。(笑)
でも、いろいろ試してみます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571672/65890226

この記事へのトラックバック一覧です: 「あの素晴しい愛をもう一度」やってみました:

« やはり、これだ! | トップページ | 「あの素晴しい愛をもう一度」再チャレンジ »