« 『The MARTIN D-45 and More』 | トップページ | 本に刺激され »

2017年10月 1日 (日)

定番の「休日の12弦ギター」

Guild G-312std。

まずは、いつものようにさだまさしの「歳時記」。

Cimg8449

イントロと間奏は、自分でギター譜をアレンジしました。

自分で作っておいて、演奏の難しさに苦しんでいます。

が、練習あるのみ!

Cimg8473

他に、12弦のレパートリーとしては、

「あの素晴しい愛をもう一度」(「素晴らしい」ではありません)

「海岸通」

「あいつ」

「ホームにて」

だいたいこれで力尽きますね。(笑)

Cimg8474

それにしても。。。

こんな風に、12弦ギターを自在に操れるようになりたいですね。

Cimg8475

« 『The MARTIN D-45 and More』 | トップページ | 本に刺激され »

Guild G-312」カテゴリの記事

コメント

秋となり湿度が下がってきますとギターの鳴りも絶好調
サビだけとかイントロだけとかテキトーなコード弾きとかで満足してしまい、一曲まともに通しで弾かず仕舞いという体たらくです
ちょっと反省

丸に橘さん、こんばんは。

いいでねぇ12弦!しかもGuild!良い音するでしょうね!
相変わらず弦の旅を続けていますヽ(´▽`)/
D-50くんに最適な弦はいったいどれか・・・
すでに丸に橘さんの「D-45 book」の価格を超えるほど弦を買ってしいましました(ρ_;)

幹さん、いつもコメントありがとうございます。
いやいや。またまた。
でも、ジャラーン、シャリーンとやって満足してしまうという気持ちは分かりますね。特に、疲れているときなど。
私も、それを以て「弾いた」というアリバイにすることがあります。
反省。。。

ガメラさん、いつもコメントありがとうございます。
あらあら。
でも、短期間で弦が死ぬほどの激しさ。
私もそのくらいやらないと、、、と思いながら、ほとんどストロークをしないので、、、、。
私は、基本、Martin Msp4100。
何かのもらい物とかで他の弦があれば、使ったりはしますが。
いろいろ試せば、合ったものが見つかるのかもしれませんね。血圧の薬みたいに。(笑)
GuildにはGuildの弦を張ってみたらどうでしょう。

12弦ギターは、良いですね。
過去の一度だけ、「あの素晴しい愛をもう一度」
をスリーフインガーピッキングで弾きました。
何とも言えぬ(ふあふあした)、つまりユニゾン
やオクターブ上の音が醸し出す倍音でしょか・・・。
このシングルレコードは、初めて買ったもので
今も持っていますよ~♪

12弦は1本欲しいのですが、チューニングや
弦交換を考えると・・・(笑)。

又三郞さん、いつもコメントありがとうございます。
「あの素晴しい愛をもう一度」
BmからCに移るのが下手で、5弦のドの音が上手く出ないときがあります。
それと、けっこう速いリズムなので、右手がえらく疲れます。
12弦、MartinのD12-28も欲しいなあなどと、イケナイことを考えてしまったりもします。(笑)

またまた(笑)。
コード進行 Bm→C にコードチェンジ・・・
ユーチューブを観るとあれと?

■坂崎さんは、CP3のG、Bm、C、D7・・・
(原曲のキーはB♭)
3番の転調は、A、C♯m、D、E7
・いのち~(レ)
・ひろい~(ミ) 1度音階があがる。

■加藤さんは、CP0のC、Em、F、G7・・・
普通はCのノーカポだと5カポで転換してG
となるが?
3番の転調は、A、C♯m、D、E7
坂崎さんと同じコード進行のような・・・・

★丸に橘さんも、Cからスタートすると
コードチェンジが楽なような、挑戦して
下さい。~♪

又三郞さん、いつもコメントありがとうございます。
鋭い見立てですね。
加藤和彦さんは、カポなしのCで弾いています。つまり、チューニングを1音(カポ2つ分)落としています。
1音落とすと、弦がけっこうベロンとなる感じでしょうか。
ちょっとやってみますかね。
因みに、加藤和彦さんのギターは、豪州のコールクラークですね。

B♭のフォームを1フレットずらしてハイポジのCにするという手もありますね
そうすればBm(2フレットのセーハ)→ハイポジC(3フレットのセーハ)でスムーズに繋がります

12弦でB♭押さえた事無いのでアレですが

因みに我がD45はずっとミディアム弦なので、一音くらい下げでもテンションは保持されビビりにくいです
一音下げ保管→ちょい弾きにそのまま2カポという手抜きチューニングも可能

幹さん、いつもコメントありがとうございます。
また難しいことを。。(笑)
でも、試してみます。明日、「休日の12弦」ですので。
幹さんはミディアムですか。私は挫折した身故、大変羨ましいです。

【訂正】
ハイポジCにするにはB♭のフォームを2フレットずらす、ですね

他のにもミディアム張りたいんですが、J45さんはボロ過ぎてブリッジがもげそうだし、竹製YAMAHAは孟宗竹の強度が未知数なもんで
あれっ?ブリッジプレートはどんな素材なんだろ
今度手鏡で覗いてみよう

幹さん、いつもコメントありがとうございます。
木部の素材がすべて同じギターって、ありますかね。あったら弾いてみたいですね。
表・裏・側・竿がオールマホガニーとかはMartinにもあるように思いますが、ヘッドの突き板やブリッジプレート、指板にブリッジとなりますと、難しそうですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571672/65861563

この記事へのトラックバック一覧です: 定番の「休日の12弦ギター」:

« 『The MARTIN D-45 and More』 | トップページ | 本に刺激され »