« Guild G-312stdに舌鼓 | トップページ | こんなの買っちゃいました »

2017年9月18日 (月)

台風の中、考えたこと

こちらにも来ましたよ。台風18号。昨日の秋晴れとは打って変わって。

「芭蕉野分して盥に雨を聞く夜哉」

現在、暴風警報、大雨洪水雷注意報。たぶん、間もなく大雨警報。

台風の度に、多くの方が亡くなられ、ただただご冥福をお祈りするばかりです。

そんな中、考えたこと。

「やはり、Martin D-18を手にしよう!」

一度きりの人生。疾うの昔に折り返しを過ぎ、いつどうなってもおかしくない年齢。

無事に定年を迎えられる自信は、まったくありません。

「ついにか!」

と覚悟して病院に掛かることも何度もありました。

であれば。ということで、今日はターゲットを絞りました。

Martin D-28がBirth yearの「1962」ならば、D-18は「1950年代」で行こう!

ということで、早速ピックアップ。

(1)1957年 918,000円

D18_1

(2)1952年 896,400円

D18_2

(3)1952年 864,000円

D18_3

(4)1951年 756,000円

D18_4

 これらは候補ではありますが、「この中から」とは考えていません。というより、「今、出ている物」って、あまり好きではないのです。

 D-28(1962)の時のように、何件かのショップに注文し、「ネットに出す前」に連絡をしていただくことにします。

 私の条件としては、「クラック歴なし」だけです。あとは、購入してからなるべく再整備しなくて済むこと、でしょうか。

 ・・・・と、宣言したのはいいのですが、「お値段」を目の当たりにして、ちょっぴり血の気が引いています。(笑)

 新品で買ったD-18を手放したのは、2年半前。D-18GEを手放したのは、半年前。

 マホガニーのない世界というのは、やはり寂しいもの。

 年末に向けて、そろそろ・・・。

« Guild G-312stdに舌鼓 | トップページ | こんなの買っちゃいました »

Martin D-18」カテゴリの記事

コメント

丸に橘さん、こんにちは。

おお!こっちが愚図愚図しているうちに、そちらはまた決意されましたか!

> 1)1957年 918,000円

これはまさに私が生まれた年のギターです!
私がほしいくらいですが、なかなかの価格ですね。

ちなみに台風の方は鎌倉はもうとっくに通り過ぎ、風は強かったものの、きょうは台風一過で素晴らしい好天でした。

J minorさん、いつもコメントありがとうございます。
おお。1957。これはJ minorさんにお譲りいたします。(笑)
やはり、「18」がないとダメなんですね。エースナンバーですから。
「18」「28」両方揃っていないとね。
でも、こんなにするとは。。。
J minorさんが手にする(もう手にした?)であろう「18」と私の「18」。
お互いに自慢し合いたいですね。

こんばんは!
そうですね。。。当方もOOO-18GEともう1本、アメリカのルシア物(ハカ・アディロン)を所有してますが。。。部屋の中で気楽につまびけるのはマホの18の方です。なんか歳を重ねるとマホの音がいいと言う人が多いみたいですが。。わかるような気がします。いいギターが見つかるといいですね!

銀次さん、いつもコメントありがとうございます。
「アディロンダック・スプルース×マホガニー」と「アディロンダック・スプルース×ブラジリアン・ローズウッド」。
何と贅沢な組み合わせ。
もう十分ですね。
私も探します!

自分は小心者なので、この辺の年代ともなるとボロい個体のほうが気兼ねなく扱えていいですね

うちのJ45さん(歳上なので“さん”付け)は、縦にばっくり割れたトップ材をエポキシかなんかの接着剤でくっつけるという雑な修復痕があり、塗装面もすっかり劣化、お腹もっこりでブリッジの端が浮きかけているというオンボロですが、ぽろんと指弾きすると堪らない芳醇なマホガニーサウンドを奏でます
「ギブソンはたいして鳴らない」という固定観念をぶち破ってくれた一本でもあります
「こんなボロに大枚はたいた変人は自分くらいなもんだろう」という妙な優越感もあったりして

幹さん、いつもコメントありがとうございます。
たしかに。多少ぶつけても「まあ、いいか」。(笑)
J-45ですかー。きっちりと押さえてますねえ。
かなりのヴィンテージなんですね。
私は、、、、ボロでもいいですが割れだけは。。。
まだまだ未熟ですね。

山の神(家内)にこれなんて読むねと、
「芭蕉〜盥(たらい)〜夜哉」と、さらり
読みました。難しい字ですね(笑)。

私も、マーチンD-28(1979年製)やD-76(
スリーピースなのでD-35)を弾いた後は、
D-18(1974年製)を弾きます。
軽く、明るく、素朴な音色が良いですよ。

今は、定年は60歳ですが、再雇用で65歳
まで働けます。月に換算すると
6,000〜7,000円で楽しめますよ。
その後、売却すれば、半額です。
是非、気に入った一本(D-18)を
購入して、人生を優雅な時を
過ごして下さい。〜🎸♪

又三郞さん、いつもコメントありがとうございます。
「盥」の俳句、私の好きな俳句です。
又三郞さんのMartinは、きちんと考えられた上での選択ですね。
計算もまたスゴイ!
なるほど~。月額に換算すると、何だか余裕が出てきました。問題は、それまで生きてるか?だけ。(笑)
年内ゲットに向けて頑張ります!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 台風の中、考えたこと:

« Guild G-312stdに舌鼓 | トップページ | こんなの買っちゃいました »

最近のトラックバック