« Martin D-45 内部探訪 | トップページ | またピックが。。。。 »

2017年8月19日 (土)

夏も終わり。。。

生きてます。(笑)

まあ、今のところは。

夏も終わりましたね。東京でも気温が低いとかで。

こちろは、もう最高気温が10度台に突入しています。

しばらく更新ができていませんでした。いろいろハプニングもあって。(と言い訳をして)

Martin D-45(1975)。

Cimg8389

やはり、この指板まわりの装飾にうっとりします。D-41では満足できないんですよね。

音色にも、満足しています。

折も折、こんなのが出ていますね。

Come

Martin D-45 Commemorative(2013)。¥1,000,000 (税込¥1,080,000)です。

TOP: Solid Adirondack Spruce

SIDE&BACK: Solid Madagascar Rosewood

というスペックですから、すごいですよね。しかも、ロングサドルでカッコいい。

それに、中古にもかかわらずこの価格!

しばしばさんのギターです。

Martin D-45(1975)購入前だったら、私はこれに走っていたかも知れません。

« Martin D-45 内部探訪 | トップページ | またピックが。。。。 »

Martin D-45」カテゴリの記事

コメント

その指板周りの装飾のせいでサウンドホールの位置が他のDモデルよりちょっと下げられている、というのをつい最近まで知りませんでした(=ということはブレイシングパターンも違う)
思えば45が唯一の所有ドレッドノートなんで、まじまじと比較したことがないんです
その辺も音質の違いに影響を与えている要因のひとつなのかも知れませんね

幹さん、いつもコメントありがとうございます。
それって本当なんでしょうか。D-28などと見比べてみても、違いが分かりません。むしろ装飾分、指板が短い、つまり最終フレットが装飾分狭くなっています。
今度、比較特集してみますか。

最終フレットが短いのはバインディングの分、と理解してるんですけど実際のところ全体の寸法はどうなんですかね

あ、あとムック本の写真等を見る限りピックガード下端←→ブリッジの距離も違うようなので、そこも「サウンドホールの位置」に影響されてるのかなと

幹さん、再度のコメントありがとうございます。
近々、特集してみますね。
Martin D-45(1975)
Martin D-28(1962)
の比較。
折角ですから、
Guild D44M
Guild D55
Guild G-312std
YAMAHA L-15
も。

おぉ、blogネタに貢献出来たようで何よりです
45が唯一所有のDでありマーチンなので興味津々です
あ、他にバックパッカーならありますが

幹さん、いつもコメントありがとうございます。
まあ、ネタもアレですけど、一番の問題は時間ですかね。異動してから、仕事がけっこう立て込んで、、、。
いや、がんばります。

丸に橘さん、こんにちは。

中古で百万円はなかなかのものですね。
流石に百万超のギターは敷居が高いです(笑)。

でも音は流石の貫録ですね。

何か指を痛めてしまって以来、こういうピックを使った豪快な演奏をしなくなってしまった気がします。

J minorさん、いつもコメントありがとうございます。
やはり、弾き手によって音も違ってきますからね。
ですから、私なんて間違いなく「宝の持ち腐れ」です。
まあ、自己満足ですね。

こんばんは。
このコメは売り出されてる中で最安値ですね。
でも3年半前に自分が買った時は、
税込でも100なんてしなかったですよ。
コメ買うなら日本の個人ルシアーに60くらいで
オーダーしたり、コリングス買った方が
ずっと鳴るギターが買えます。
ギターって難しいですね。

しばしばさん、いつもコメントありがとうございます。
お久しぶりでした。
うーむ。ギターの価格は相当高騰しているということなのでしょうか。ヴィンテージならともかく、「中古」が新品価格よりも高くなっているというのは、希少価値というのもあるのかもしれませんが。。。
やはりネームバリューなのでしょうね。
それで、しばしばさんはルシアーに向かっているのですね。

おはようございます。
勘違いさせてしまったようです。
新品よりは安くなっていますよ。
確か当時コメは新品税込で140前後だったような気がします。
今中古で税込105から130くらいですよね。
自分は新古品みたいなの買ったので。
マーチンのアディロン&マダガスカル仕様は、
コメの発売後に値上がりしたので、
コメの中古は新品価格と変わらないような値段と
あるショップ店員さんから聞きました。
今はビンテージのギブソンが高騰しているようです。

しばしばさん、再度のコメントありがとうございます。
あ、なるほど。了解しました。
それにしても、マダガスカル仕様も高くなりましたね。資源の枯渇は深刻なのでしょうか。
ビンテージのギブソン・・・ハミングバードを手放してしまったのでしたね。

いくらGT-Rが無敵の速さを誇ろうと、ランボルギーニのケレン味を求める人には無関係
ギター選びもそういうもんかと
「45」の風格は「45」にしか出せないんですよね
伝説ちゅうのは技術だけでは構築出来ませんから

個人製作家のも一本所有してますがそれはそれ、45は45
みんな違ってみんないい
by金子みすゞ

幹さん、いつもコメントありがとうございます。
うーん。言い得て妙ですね。
まさに。
巨人は巨人。弱くても巨人。
いくら楽天が強くても、所詮楽天は楽天。
広島は所詮広島。広島がいくら強くなっても、巨人にはなれない。球界の盟主にはなれない。
不祥事が起きても、球界の盟主はやはり巨人。
他球団の監督をやった人が巨人のコーチにはなっても、巨人の監督をやった人が他球団のコーチになった例はない。
翌檜は、逆立ちしても檜にはなれない。
納得です。

丸に橘さん、こんばんは。

ローズウッドが・・
https://www.digimart.net/magazine/article/2016113002304.html
ますますビンテージが高騰に・・・
高騰しなくても買えませんが私は・・・

がめらさん、いつもコメントありがとうございます。
うーむ。そんなことになっていたとは。。。
先行き不透明な世界になってきましたね。
いずれ、オベーションのようなギターが標準になるのかもしれません。

角笛だったホルンは今や金属製
現在のフルートも金属製なのに未だ木管楽器扱い
ギターが現在の形式になってまだ歴史は浅いのですから、材質も時代によって変遷してゆくのでしょうね
しかし生ギターとプラグドギターは楽器として別物だと個人的には考えています
エレアコは突き詰めるとYAMAHAのサイレントギターの様にボディ不要になるのですから

幹さん、いつもコメントありがとうございます。
材質は変遷する。。。弁当箱も、いつの間にかプラスチックになりましたね。子供の頃はアルマイトだったのに。そのずっと前は木で。
そういうもんなんでしょうね。
エレアコつまりピックアップを通した音は、3000円の合板もMartin D-45も同じようなものだと、私も感じてしまいますね。生音は全然違うのに。

サイドやヒール、ボトムまでのポール
インレイ。
「微妙な厚みや振動の差が、独特の
音を生む」と雑誌に書かれていました。
所有者のみが体感できる特権。
羨ましいですね(笑)。~♪

又三郎さん、いつもコメントありがとうございます。
さて、飾りと音色は関係あるのか否か。
結局は、「気持ち」なんでしょうね。
又三郞さんのD-76は、45グレードの材ですから、音色的にはD-45と同等。飾りが歩かないかの違いのみ。
「体感」という点では、同じですねー。

D76は裏板が3P構造ですから、「D35デラックス」みたいな立ち位置かと

本の記述に見られる「貝装飾が音色に影響している」という説には少々疑問を抱いてます
では28に装飾を追加したら音色も45に近づくのか?と

幹さん、いつもコメントありがとうございます。
3Pですよね。ブレーシングも35と同じなのでしょうか。
35は、ブレーシングが28と違うというのを何かで読みましたね。
まあ、私のような凡人には、違いがよく分からないかも。(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571672/65684011

この記事へのトラックバック一覧です: 夏も終わり。。。:

« Martin D-45 内部探訪 | トップページ | またピックが。。。。 »