« ついに来ました その2 | トップページ | Martin D-45 内部探訪 »

2017年7月18日 (火)

ポツポツと出るものですね。

YAMAHA L-15。

また出ています。

L157181

今度はいくらまで行きますかね。

説明では、

L157182

ということですので、うーん、私なら札を入れないですね。

とはいえ、数が少ないですから。しかも、70年代の前期型。

そこそこは行くのではないでしょうか。

ということで、我がYAMAHA L-15。

Cimg8332

まずまず現状に満足しています。

割れもないし。

Cimg8331

下手くそですが。。。

« ついに来ました その2 | トップページ | Martin D-45 内部探訪 »

YAMAHA L-15」カテゴリの記事

コメント

マーチンD28やD45をついに手に入れても
他のギターを見るのですか(笑)。
そういえば、バンドのバンマスはマーチン
のエレアコが欲しいと、連休中に御茶ノ水
楽器店街に行き、試奏するも、予算が、、。
楽器や機材は欲しくなると、、、(笑)。

「岬めぐり〜♪」フォーフィンガーの演奏
とボーカル良いです。
バンドも8/5ライブがあり、私は、この
曲をギターとボーカルをします。
ふたり〜で行くと〜♪
くだけ〜る波の〜♪
ここの音階とコータローさんのユーチューブ
を聴いて修正しました。
この曲は本当に良いですね。🎸♪

又三郞さん、いつもコメントありがとうございます。
見ちゃいます~。(笑)
要するに、野次馬根性。
もう欲しくないけれど、たとえば今自分が持っているのはいくらぐらいで手放せる、とか。(笑)
万一に備えて。
ただですね。マホガニーがないんですよ。
ですから、Martin D-18だけは、一応予算を確保したいと考えています。(ダメな私。。。)
又様の「岬めぐり」期待しています!

自分の場合、試奏しないで購入したのは竹ギターだけですね
一度入手したギターは二度と手放す気になれないし、ネット市場とは無縁であります
昔々事情により手放してしまったD35(初マーチン)は製造No.を控えてますので、もし万が一再び廻り合えたら買い戻したいなぁ
もう二度とあんな悲しい思いはしたくない

丸に橘さん
昔、僕の先輩がヤマハのL20だったかな?
宝物のように弾いていました。
僕は25000円のヤマハのギターでした。(;´・ω・)
ヤマハのギターも良いものを手にしたいですね。
岬めぐり~上手ですね、歌も上手いです
先日、札幌で吉川忠英さんのライブを見てきました。
忠英さんも岬めぐりを演奏してくれました。
この曲は僕が中学1年生だったかな?
今も大好きな曲の一つです。
また色々な曲を聞かせてください。

幹さん、いつもコメントありがとうございます。
うらやましいです。試奏できる環境にお住まいということが。。。。田舎暮らしはねえ。。。
しかし、すてきなD-35だったのですね。私も以前持っていましたが、新機種導入のためサヨナラしました。
幹さん、買い戻せますように。。。

敏さん、いつもコメントありがとうございます。
YAMAHAもピンからキリまでありますが、コストパフォーマンス的には、L-15は最高の部類でしょうね。
いろいろお褒めくださり、ありがとうございました!

いや、もし仮にすすき野が全国有数の楽器店街だとして、尚且つどうしても欲しいギターがあったとしたら、飛行機乗ってでも試奏しに行きますよ
自分にとってのギター選びは、他の観光客がスキーや温泉や郷土料理を満喫するのに匹敵する快楽です
ましてや高額商品の購入なのですから
自分にとってのギター選びの基準はあくまでも音色と弾き心地なので、通販は選択肢に無いです

ま、もっともこれ以上本数を増やす気はないんですが

幹さん、再度のコメントありがとうございます。
たしかに。「どうしても」で、しかも「そこにしかない」ということであれば。
それにしても、試奏のために送ってくれる楽器屋さん、、、、調べましたら、TC楽器屋さんが、「返品OK」となっていましたね。送ってもらって、音が気に入らなければ返品できるというのは嬉しいですね。

丸に橘さん、こんにちは。

70年代の前期型っていうと、私が高校生ぐらいのときでしょうかねえ。
そこまで古いと、多少はコンディションに難のある部分も出てくるのでしょうね。

ちなみに私は一番最初のギターがヤマハの2万円のギターで、それとヘッドの形が全く同じってこともあって、どうもあの形には若干の抵抗感があるんですけれどね(笑)。

J minorさん、いつもコメントありがとうございます。
私は、モーリスのW-30でした。月2000円の月賦で。
毎月楽器店に払いに行きましたね。家の手伝いなどをして貯めたお金を持って。
当時の3万円のギターっていうのは、とてつもない高級品でした。。。。

再度、コメント。
マーチンギターD-18は、良いですよ。
私のは、1974年製ですが、ローズウッド
のD-28(1979年製)やD-76(1976年製)に
比較すると、マホガニーの音色は本当に
素朴な音で良いですよ。

丸に橘さんは、D-18GEを手放したので、
今度は、シンプルなオールドを是非。
〜🎸♪

又三郎さん、再度のコメントありがとうございます。
そうなんですよね。
Martin D-18。マホガニーですよね。
いい出物があったら、とは頼んであります。
そうですね、やはり50年代辺りをねらいたいですね。

アンサーソング。
本日の練習会にて「岬めぐり」をバンド
演奏しました。
ご笑納(視聴)ください~♪

又三郞さん、いつもコメントありがとうございます。
拝見しました!
なんと、パックパッカーですね~。
弾き加減は如何ですか。小指を置くスペースなさそうで、、、。
こうしてバンドで演奏すると、ドラムっぽいこともできるのですね。
すばらしいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571672/65551636

この記事へのトラックバック一覧です: ポツポツと出るものですね。:

« ついに来ました その2 | トップページ | Martin D-45 内部探訪 »