« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月

2017年7月23日 (日)

Martin D-45 内部探訪

ハイ。

Cimg8424

今日はですね。ご覧のとおり、体内です。

まずはエンドブロック部分。

Cimg8426

正直、汚い。。。。

まあ、いろんな歴史があったのだと思いますが。エンドブロックのシミは何ですかね。水に浸かったのか。

黒いのは、まさかカビでは。。。

表板と側板の接合部分からは、接着剤のような物がはみ出しています。

こちらは、左の側板。布製割れ止めがびっしりと貼られています。

Cimg8427

右側。側板の木目がよく分かります。

Cimg8428

これは、左肩の部分。この辺りはきれいですね。

Cimg8429

右肩です。

Cimg8430

ローズウッド製ブリッジプレート。鏡に映してみました。やや減り気味ですね。

Cimg8433

エンドボール、食い込んでいるような、いないような。

Cimg8438

裏板の中央に焼き入れられたブランドスタンプ。

Cimg8434

ノンスキャロップドの力木がきれいです。力強さを感じますね。

Cimg8435

さて、内部は如何なものでしょうか。

2017年7月18日 (火)

ポツポツと出るものですね。

YAMAHA L-15。

また出ています。

L157181

今度はいくらまで行きますかね。

説明では、

L157182

ということですので、うーん、私なら札を入れないですね。

とはいえ、数が少ないですから。しかも、70年代の前期型。

そこそこは行くのではないでしょうか。

ということで、我がYAMAHA L-15。

Cimg8332

まずまず現状に満足しています。

割れもないし。

Cimg8331

下手くそですが。。。

2017年7月12日 (水)

ついに来ました その2

ということで、続きです。

今日は、ハードケース。

Cimg8415

いわゆる一つの「ブルーケース」ですね。

Cimg8416

「Martin」ロゴは、立体的です。けっこう凝ってますね。

Cimg8417

お尻の部分は、豚鼻ではなく金属のボッチです。

Cimg8418

それにしても、クッションは何も効いていないケースなので驚きました。

これはもちろん私のとは違いますが、Youtubeで見つけました。

2017年7月11日 (火)

ついに来ました

ハイ。

Img_0548

Martin D-45(1975)。

ついに我が家に来ました。某ショップで、ネットに出る前に購入しました。

まあ、ジャーマン・スプルース期の「1974以前」の物が欲しいのは山々ですが、資金的且つ腕前的に、それは「辞退」(笑)ということで。

「1975」でも、私にとっては「過ぎたるギター」です。

Cimg8388

美しいボディ。

Cimg8400

マーチン・クラックもありません。多分、クラックが入る前にピックガードが交換されているのだと思います。

弦高は、

Cimg8391

2.5mm。

ただ、サドルが、、、、

Cimg8410

ご覧のとおり、低いのです。でも、まあ、許容範囲。

光り輝くヘキサゴン・インレイ。

Cimg8394

この時代は、ソリッド・アバロン。実に美しい。。。。

そして、、、

Cimg8398

縦ロゴです。

立てろご不在の5か月間は、実に寂しい日々でした。

やはり、これがなくちゃね!

チューニング・マシンは、

Cimg8404

ご存じ、Grover 102G、ミルクボトル。

こちら。

Cimg8406

バックのインディアン・ローズウッド。

Cimg8408

こちらはサイド。

Cimg8409

つづく。。。

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »