« カポタスト考 | トップページ

2017年6月16日 (金)

Brazilian rosewood兄弟

今日もまた、寒い一日です。

Cimg8383

6月も半ばだというのに、ほとんど毎日こんな状況。

気温1桁。あるいは10度台前半。

20度超えたのは、何日かあったか。。。

今夜も電気毛布入れて寝ます。

それはそれとして。

我がMartin D-28とYAMAHA L-15。

Cimg8339

Brazilian rosewood兄弟。

Cimg8340

音色を比べてみました。

先日、YAMAHA L-15について、「うーん。いい音色。」と書きました。

もちろん、それに嘘偽りはありません。

が、こうして比べてしまうと、、、、、圧勝ですよね。Martin D-28(1962)の。

価格差が5倍として、音色はどうかというと、それ以上。10倍、15倍、いや、測れません。比べものにならない、というのが結論です。

そう考えますと、意外や意外、Martin D-28(1962)はコストパフォーマンスが良いということになります。

Img_0503

Brazilian rosewood。

ハカランダ。

Img_0518

Martinは、はるかに良い材を使っている・・・ということなんですね、やはり。

« カポタスト考 | トップページ

Martin D-28」カテゴリの記事

YAMAHA L-15」カテゴリの記事

コメント

僕はこのハカランダという言葉ですが、必ずしも
ブラジル産のローズウッドではないと思うんです。
もちろんブラジルローズはハカランダですが、
昔の日本のギターはコーラルもココボロもシャム柿も
ひっくるめてハカランダ表記しているように思います。
Martinはこの辺りはしっかりとしてるとおもうのですが
日本の昔のギターはどうみてもブラジルローズでは
ないものもハカランダと書いています。
最近はL10の前期でさえもニューハカランダと明記
して販売している位ですから、他のメーカーは
本当にブラジルから仕入れて使ったのか疑問です

ゼクさん、いつもコメントありがとうございます。
鋭い指摘ですね。
そうかもしれません。そう考えると、YAMAHA L-15が「高級ハカランダにしては安い」(今も安い)訳が、なんとなく分かりますね。
ニューは絡んだ、もとい、ニューハカランダ?何、それ。って、ブラジル人は言うかもしれませんね。(笑)

丸に橘さん、こんにちは。

ハカランダにはどうしても憧れがありますね。
私の S.Yairi YD-306 も1年前に買っていればハカランダだったらしいのですが・・・。

最近ではハカランダの代替材ばかりが増えましたね。やはり本物にはかなわないのでしょうか・・・。

J minorさん、いつもコメントありがとうございます。
代替材ですね。マダガスカルとか、ホンジュラスとか、アマゾンとか、、、、いろいろありますね。
どんなものなのか、持っていないので想像しかできませんけれども。
S.Yairi YD-306、惜しかったですね。
ただ、各メーカーやルシアーさんたちは、Brazilian rosewoodをまだまだ秘蔵しているようですから、なくなることはないのでしょうね。
でも、現行品の方が高いように感じます。むしろ、ヴィンテージ物のほうが安いのではないでしょうか。

その論旨だと逆にL-10は思いっきりコストパフォーマンスが悪い事になってしまいますが

いや実際そう思いますよ

当時の国産メーカーはXブレースの鉄弦ギターを手探り状態から造り始めてまだ十年かそこいら
19世紀からギターを生産し続けてきたマーチンとの技術格差は歴然です
しかもウレタン塗装の低価格帯製品ですからね

てな訳で、近年のJギターvintageブームとやらは極めて冷めた眼で眺めております
少々毒舌過ぎましたかね

ヤマハL-15 弾き易そうですね。

私のヤマハ赤ラベル FG-350(1970年製)
のバックは、コーラズローズです。
音は、マーチンD-28(1979年製)と比較と
すると、音のしまりが今一つですが、昔の国産
ギターは丈夫(トップが厚い?)ですが・・・。
やはりブランドの違いが?、どうですかギブソン
などは(笑)。

明日は地域のイベント参加のため最終リハー
サルでした。明日は楽しく演奏しようと思います。
~♪

幹さん、いつもコメントありがとうございます。
そうですね。今のL-10は過大評価ではないでしょうか。
今のYAMAHAはすごいと思うのですが、あの頃のYAMAHAは「駆け出し」の新人ですから。
L-15も、場合によってはサヨナラするかも。(笑)
たぶん、買った値段以上の価格になってます。

又三郎さん、いつもコメントありがとうございます。
コーラズローズ。FG-350は合板でしたね。
思い入れのあるギターは、「その頃」の音色ですから、貴重ですね。
Gibsonはですね、なぜか興味が湧かなくて。。。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571672/65419706

この記事へのトラックバック一覧です: Brazilian rosewood兄弟:

« カポタスト考 | トップページ