« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

2017年3月19日 (日)

Guild G-312std 弦交換久々

左手中指の先が割れてしまい、痛くて弾けません。

弦だこと爪の間が、、、パックリと、、、。

取り敢えず水絆創膏を塗りましたが。

乾燥の季節は、どうしてもね。

ということで、今日はGuild G-312stdの弦交換。

記録によれば、去年の9月以来。

Cimg8254

ハイ、たまには趣向を変えて、Elixirにしてみました。結構値は張りますが、長持ちとの触れ込みですので。

弦を外し、まずは指板とブリッジをオレンジオイルでメンテナンス。

Cimg8255

しっとりと。

Cimg8256

ヘッドロゴもピカピカに。

Cimg8257

磨いて。

Cimg8258

さて、張るぞ!(結構覚悟が要ります)

Cimg8260

例によって、半分張ったところで休憩。

Cimg8262

疲れちゃって。。。

Cimg8263

そして、

Cimg8264

完成です。

Cimg8265

寂しいですが、そのままケースにしまいました。

割れがくっつくまでは、弾くのは難しそう。。。

2017年3月12日 (日)

YAMAHA L-15用ストラップ

やはり、YAMAHAのギターにはYAMAHAのストラップを、というのは、腕は悪くても「カッコ」は大切にするミーハーの真骨頂。

ということで、古いYAMAHAのストラップを入手したのですが、、、。

Cimg8248

うーむ。カッコいい。バックルとエンド部分には、しっかりと「YAMAHA」のロゴが。

ん?

そうなのです。肝腎要のバックルに付ける側がないのです。

さて、どうしたものかとネットサーフィンしながら閃いたこと。

「マンドリン用のストラップを買って、自作しよう!」

そうなのです。マンドリン用なら、太さ的にYAMAHAのバックルに使えるのではないかと考えたわけです。

そこで購入したのが、これ。

Cimg8139

ARIAのマンドリン用ストラップ、SPS-2500M/BR。色もブラウンで、まさにピッタリ。

しかも、先がループになっていて、ヘッドに付けやすい。太さもバックルにピッタリ。

やったね!

早速、革ポンチでバックル用の穴開け。

Cimg8140

しかし、、、、。

Cimg8130

ハイ、長いものだから、余っちゃってカッコ悪い。

折り返したらこんなになっちゃって。

Cimg8132

それじゃ、切っちゃえ、ということで。

Cimg8182

鋏で貯金、もとい、チョキン!

すると。

Cimg8220

おお。スッキリ爽やか。

こんな感じで。

Cimg8221

うーん、いい。

別の角度から。

Cimg8222

カッコいいバックルです。

Cimg82221

ヘッドの部分はこんな感じです。

Cimg8134

もう1枚。

Cimg8135

元々がマンドリン用ですから、ループの部分が細いんですね。

でも、それが却って使いやすい、巻きやすいのです。

ですから、これで十分。

という休日でした!

2017年3月 5日 (日)

Martin D-28(1962) 音色にうっとり。。。

我が生涯の友、Martin D-28(1962)。

Img_0508

うーん。弾くたびに、弾けば弾くほど、その音色に惚れていきます。

Cimg8243

言葉には言い表せない、然りとて映像では伝えきれない、えも言われぬレベルの音色が、そこにあります。

ただただ、うっとりするしかありません。

やはり、これは生でないと分からないものなのでしょうね。

Cimg8238

それはまさに、この表板の年を経たスプルースと、

Img_0495

この裏板・側板、ブラジリアン・ローズウッドのなせる技なのでしょう。

Img_0500

それが、ヴィンテージ。。。。

それが、今、私の手元にあるというのは、奇跡としか言い様がないですね。

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »