« さらばMartin D-45 !! | トップページ | Guild G-312で「歳時記」さだまさし »

2017年2月22日 (水)

YAMAHA L-15(1976)その5

しつこく特集。(笑)

今日は、これです。

Cimg8087

側板と裏板。

カタログによれば、スペックは「高級ハカランダ単板(裏板3ピース)」とのこと。

これが1980年代の後期型になると、「高級」ではなくなるということになっています。

3ピースですから、Martin D-35を意識したものであることは明らか。

拡大しますと、

Cimg8088

という感じです。

まあ、完全に板目ですよね。ブックマッチかどうかも怪しい。。。。

この70年代前期型がどのぐらい製造されたかは分かりませんが、これまた中古市場に滅多に出てこない機種なのです。

「ハカランダ」では、お手頃価格ですよね。

« さらばMartin D-45 !! | トップページ | Guild G-312で「歳時記」さだまさし »

YAMAHA L-15」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571672/64927294

この記事へのトラックバック一覧です: YAMAHA L-15(1976)その5:

« さらばMartin D-45 !! | トップページ | Guild G-312で「歳時記」さだまさし »