« カポタストはこの辺に・・・ | トップページ | YAMAHA L-15(1976)その5 »

2017年2月20日 (月)

さらばMartin D-45 !!

しばらく消息不明でしたが。

ついに旅立ちました。

Img_00440

散々悩んだのですが。

私も50代半ばとなり、これが鳴り出す頃には、私はもう弾けなくなっています。

風の又三郞さんの受け売り?ですが、まったく同感なのです。

70年代D-45のための資金とします。

あ、ジャーマン期は経済的に無理です。その直後ぐらいで。

さらばMartin D-45 !!

« カポタストはこの辺に・・・ | トップページ | YAMAHA L-15(1976)その5 »

Martin D-45」カテゴリの記事

コメント

1975年くらいのD45も既に40年ですから個体数は
それほど多く残ってないでしょうね。
いいのを見つけたら直ぐに押さえないと売れてしまいます。
本当なら実際に見て触って弾いて購入したいですが、
私も結局はweb上で購入してしまいました。

ゼクさん、いつもコメントありがとうございます。
40年。気が遠くなりますね。これから40年と言いますと、私は100歳近くになってます。とっくにあの世に旅立ってますね。(笑)
そう考えますと、やはり、1975か1976、譲っても1977ですか。

なんと・・・
D-18GEの次はD-45ですかー・・・
カスタムショップ製のD-45なら
近年ものでも鳴っている個体も
ありますから
D-45の70年代後期と価格も同じ100くらいですので、候補に入れてもいいかもですね。
うーん、しかし丸に橘さんも
次々と思い切ったことを・・・

しばしばさん、いつもコメントありがとうございます。
思い切ったこと・・・しばしばさんのHummingbird放出に刺激されましたね。
そして、先日55歳を迎えたこと。
「あと何年弾けるのかな」と、ふと考えてしまったのです。すると、「時間を買う」つまり、すでに育っているブツを手に入れる、というのもありなのではないかと。
寂しいですかね。。。

◼︎お〜!、ついにマーチンD-45(1970年代)
購入に向けて、加速度が増しましたね。
私も先日、マーチンD-45(1970年代)を
デジマートや楽器店のHPで見ていました。
やはり後半でも100万円しますね。

所有の成熟した芳醇な音色、音質の1970
年代のマーチンD18、28、76を委託販売
に出し、さらに資金を追加し、購入するの
は、もう少し馬齢を重ね、最後の一生も
ののアコギ、かも分かりません。
丸に橘さん、電撃的購入を期待します。

◼︎別件ですが、
12弦演奏、コードストロークやフィンガー
ピッキングの動画をアップして下さい。
勿論、ボーカルも(笑)。
ギルドの安価な12弦を検討しています。
よろしくお願いします。〜♪

風の又三郎さん、いつもコメントありがとうございます。
資金繰りの当てもないのに。(笑)
D-76は、45と同じ材を使っているとのことですので、要するにD-45(1976)と同等、ということですよね。そう考えますと、「装飾の違い」がそんなに値段の差になると言うことなのでしょうか。もちろん、「ネームバリュー代」みたいのもあるかとは思いますが。
12弦の件、次の休日にチャレンジしてみます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571672/64918642

この記事へのトラックバック一覧です: さらばMartin D-45 !!:

« カポタストはこの辺に・・・ | トップページ | YAMAHA L-15(1976)その5 »