« Martin D-28(1962)その5 | トップページ | 「趣味は12弦ギター」 »

2016年10月10日 (月)

Martin D-28(1962)その5(2)

10月に入ってから寒い日が続いています。

我慢していたのですが、耐えきれず、ついに先週から火を焚いています。

Img_0476

まあ、こちらはストーブ常設ですので、何の準備もせず「スイッチを入れるだけ」なのですが。

我慢して、風邪を引いたら元も子もありませんから。。。。

さて、引き続き。

blog友の風の又三郎さんから、「マーティン・ヴィンテージギターガイド」誌に「ハードケースコレクション」の記事があると教えていただきました。

その本、私も持っているんです。

Img_0467

ですから、読んでいるはずなのですが、肝腎なときに思い出せないんですね。

で、捲ってみました。

こちら。

Img_0464

さらに、

Img_0465

なんと、4ページの特集でした。

60年代ハードケースには、1ページ割いています。

Img_20161010_0001

境目はどうしても跨がりますからね。

まずは、50年代~60年代初期。

Img_20161010_00011

内装は緑色です。

Img_20161010_00015

説明によると、留め金具は4か所。立てたときの下部には、金具が付いています。

Img_20161010_00013

次に、60年代初期~70年代初期。

Img_20161010_00012

内部は深い青。

Img_20161010_00016

基本的には、50年代~60年代初期のものと構造的には同じとのこと。

やはり、留め金具は4か所。立てたときの下部には、金具が付いています。

Img_20161010_00014

底に付いている丸金具の位置が若干違うだけのようです。

又三郎さんご指摘のとおり、「カリフォルニアにあったヴィクトリア社 (Victoria  Luggage Co.)が供給していたケース と思われる」とあります。

まさに、しばしばさんのは「オリジナル」。

で、私のは?

改めて見てみます。

Img_0470

すると。。。内装は緑色。フサフサしているのを除けば、50年代~60年代初期と一致。

Img_0469

底の特徴は、こちらも50年代~60年代初期のものと一致しました。

ただ、底はフラットではありません。ご覧のとおり、アーチバックになっています。本に載っているのは、アーチになっているかどうかがよく分かりません。しばしばさんのはどうなっているのでしょうか。

また、

Img_0460

立てたときの底部に保護金具があります。これも一致しています。

ただ、、、

Cimg8049

そうなんです。留め金具が5か所なんです!

ヘッドから3か所目までは同じなのですが、4か所目はヘッド寄りにあり、5か所目はボトムの位置つまり保護金具の反対側に付いているのです。

こ、これは。。。。

結局、「Martinがギターと一緒に販売した=オリジナル」であるかどうかというのは、「分からない」というのが正直なところです。

ただ、ケース本体の形や質感、保護金具の形からして、「同じメーカーが同じ時期に製造した物」ということは言えるのではないでしょうか。

いずれにせよ、50年、半世紀以上前のこと。

件の本でも、「オリジナルのケースを断定するのが難しい年代」と書いています。

ですから、私としては「推定オリジナル」というロマンチックな結論を出しておきたいと思います。

« Martin D-28(1962)その5 | トップページ | 「趣味は12弦ギター」 »

Martin D-28」カテゴリの記事

ケース」カテゴリの記事

コメント

早速、登場させて頂きました。
「風の又三郎」です(笑)。

もうストーブが出ているのですね。
でもギターは、温度だけでなく湿度
管理も重要ですね。
こちらの今日の室内は、温度22度、
湿度60%です。
でも通常の湿度は70〜80%あります。

ハードケースのクラシカルな形は
貫禄ですね。
でも私は、ロケット形のハード
ケースが好きです〜♪

風の又三郎さん、早速のコメントありがとうございます。
Martin ブルーケース、憧れますね。欲しいですが、やはり中身は70年代、しかも中期以前でなくては。。。。いずれD-45を70年代ブルーケース期に入れ替えたいと思っていますので、その時に!

こんにちは。

64のケースも裏はアーチしてます。
でもパッチンは四ヶ所です。

しかしこの頃のケースはマーチンって感じで
最高ですよね。
やっぱりビンテージにはブルーケースは
似合いません。
それにブルーケースより60年代の方が
シッカリしてます。
貴重なケースですから大事にして下さいね。

しばしばさん、いつもコメントありがとうございます。
やはりアーチバックですか。何か意味があるのでしょうね。裏板の保護でしょうか。
大切に保管しておきます。
さて、ブルーケースには、不満が一つ。(持ってないけど)
「どうして180度開くの?」(笑)
何もそこまで・・・・って感じですよね。これも何か意味あるんですかね。。。。
まあ、以前持ってたギターのケースで、ストッパーが短くて蓋が90度開かないのがあって、ギター取り出すときに蓋を押さえていないと勝手に閉まっちゃうというのがありました。これはこれで困りましたが、180度も、ちょっとね、、、。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571672/64326092

この記事へのトラックバック一覧です: Martin D-28(1962)その5(2):

« Martin D-28(1962)その5 | トップページ | 「趣味は12弦ギター」 »