« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

2016年8月28日 (日)

しつこいですが、JIM DUNLOP Johnny Cash Capo/Curved その3

blogの更新も、すっかり滞るようになってしまいました。。。。

それはともかくとして、「JIM DUNLOP Johnny Cash Capo/Curved」第三弾。

Img_0398

以前にも書きましたが、私は座って弾くのが苦手で、いつも立って弾きます。

当然ストラップをつけるわけなのですが、ボディやネックヒールにストラップピンを打ち込んで、、、、というスタイルも得意ではありません。ネックが安定しないような感じで、どうも弾きにくいのです。また、改めてストラップピンを取り付けるのが面倒、というのもあります。

必然的にヘッドにストラップを付けることになりますが、ループの支点を上の写真のようにしています。こうすることで、ギターの重心が下がり、ギターが「立つ」感じになって体への密着度が高くなるわけです。

ところが、

Img_0399

ハイ、1フレットにNSカポを付けますと、つまみの頭がストラップに接触します。

すると、、、

Img_0400

回しにくいこと、回しにくいこと。この上ないのです。

カポを1フレットに付けることがすごく多い私にとって、これは実に面倒でした。

ですから、1フレットにカポを付けるときは、こんな風に下から取り付けていました。

Cimg4829

まあ、別にこれで何か支障があったのかと言われると、特に思い浮かばないのですが。

しかし、JIM DUNLOP Johnny Cash Capo/Curvedの登場により、

Img_0401

ご覧のとおり。

Img_0402

余裕でつまみを回せます。

お陰様で、すっきりしました!

Img_0403

これからは、NSカポと共存共栄でいこうと思います!

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

2016年8月21日 (日)

JIM DUNLOP Johnny Cash Capo/Curved その2

皆様に励まされ。

力を込めて回した結果。

Img_0397

前回よりも少し開き。

無事、「カポ5」もOKとなりました。

やはり、最初はきついものなんですね。

お蔵入りせずに済みました。。。。

さて、今夜も台風を迎え撃つとしますか。。。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

2016年8月17日 (水)

JIM DUNLOP Johnny Cash Capo/Curved 届きました

実に久しぶりの更新です。

JIM DUNLOP Johnny Cash Capo/Curvedが、ついに届きました。

Img_0377

注文して2か月。「舶来」という感じがします。

開けてみると、、、、。

Img_0378

クッション材。そして、、、。

Img_0379

クッション材を取り除くと、箱の底に小さくへばり付いていました。

Img_0380

JIM DUNLOP Johnny Cash Capoですから、まあ、シグネチャーモデルというわけです。

取り出しました。

Img_0381

いろんな、、、

Img_0382

角度から、、、

Img_0383

お辞儀しているみたい。。。

Img_0384

頭には、Hatを乗せている感じです。

Img_0385

うーん。気になったのは、この開き具合。これで一杯です。

カポ1は、余裕です。

Img_0386

カポ3あたりまでは、なんとか入ります。

ところが。。。

Img_0389

これ、カポ5です。

入りません。引っ掛かってしまうのです。ゴムですから、押し込めば入ります。

このギターは、Guild D44Mですので、ネックは結構薄めです。

にもかかわらず、カポ5では入らないのです。

カポ5を多用する私としては、「ん?」ですね。

もちろん、カポ7も入りません。

Img_0388

同様に、押し込めば入ります。が、当然のことながらカポ5の時よりも力が必要です。

ということで、まあ、せっかく買ったのですがお蔵入りですね。。。。

多分、カポ3ぐらいまでしか使わない人なら、十分かと思います。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »