« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月26日 (火)

どちらが正しいのか、今となっては。。。

まあ、これはもう、今となっては分かりません。

まずは、こちら。

Img_0368

はい。あの有名な本、石川鷹彦さんの「WORKS」。

石川鷹彦さん最古のMartinは、意外や意外、D-18なのです。

Img_0366

これがそのD-18が紹介されているページですが、ここに、このように書かれているのです。

Img_0367

「また、スタジオ・ミュージシャンとしての仕事を始めた時期でもあり、このD-18はレコーディングで大活躍。初期の代表曲は、ソルティ・シュガーの『走れコータロー』、かぐや姫の永遠の名曲『神田川』、風の『22歳の別れ』ではナッシュビル・チューニングで使用された。」

とのこと。(なお、正しい表記は『22才の別れ』)

そうなのです。この本に依れば、「神田川」のアルペジオはMartin D-18だということなのです。

ところが!

こちら。

Img_0364

先日も出てきました、三栄書房の『マーティン・ヴィンテージギター・ガイド』。

ここには、南こうせつさんのMartin D-45(1971)が紹介されています。

Img_0363

こうせつさんのインタビューの中に、次のようなことが書かれています。

Img_0361

「(※後日、石川鷹彦氏に確認を取ったところ、間違いなくD-45で弾いているとのこと)」

また別のページには石川鷹彦さんのインタビューが掲載されていて、

Img_0359

そこには、

Img_0360

「そう、45だと思うよ。かぐや姫の最初の頃から45を使っていたはず」

とあるではありませんか。

もちろん、「WORKS」だって、綿密な取材に基づいて石川鷹彦さんご本人のチェックも受けているはずで。

それでいて、この矛盾。

さて、真打ち登場。

Img_0375

「アコースティックギター名器バイブル」(毎日新聞社)。

ここにも石川鷹彦さんのインタビューのページがあります。

Img_0372

このページ。なんと。。。。

Img_0373

はい。

「かぐや姫のデビューの頃のアルバムにはすべて付き合ったんだけど、「神田川」を含めて、ほとんどの曲でD-18を使った。」

と仰っています。

・・・・・・・・・・・・・。

もう、今となっては「記憶」の世界。「記録」は残っていないのです。

ですから、D-18なのか、D-45なのかは、藪の中というしかないでしょう。

ただ、正直言って『マーティン・ヴィンテージギター・ガイド』は誘導尋問っぽいですからね~。

これは、「神田川」を聴く人がどう感じるかだと思います。

私は、D-18だと思っています。音色はまさにマホガニーそのものだと感じるからです。

皆さんはどうですかね。

「18なのか、45なのか」

永遠の謎解きですね。

さて・・・。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

2016年7月24日 (日)

今度は4弦・・・

続くときは続くものです。

Guild G-312。

チューニングしていたら。。。

「プツッ!」

Img_0353

あちゃあ・・・。また?

なんと、今度は4コースの副弦。

Img_0355

珍しいところが切れるものですね。

うーん。でも、プレーン弦の.012はスペアがありません。

しかし、だからといって全部張り替えるのは、ちょっと・・・。

ということで苦肉の策。在庫で持っていたD'Addarioのライトゲージセットの1弦を流用。

まあ、セットの場合はMartin MSP4100と決めているので、使わない在庫だし。他の弦もスペア用にすればいいしね。

ということで、またもや復活!のGuild G-312でした。

Img_0254

ということで、久々の弦高です。

Cimg8005

いいところですね。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

2016年7月23日 (土)

ロングサドルと弦

何度も読んでしまいまますね。

三栄書房の『マーティン・ヴィンテージギター・ガイド』。

51ztxqdyal

この本の26~27ページに、ドキッとすることが書いてありました。

それは、Martid D-45(1940)のページ。

Img_0356

そこには、こんなことが。。。

Img_0357

曰く、

「ロングサドルに載る弦はミディアムゲージ以上が必須。当時はまだなかったライトゲージを張ってもたいして鳴らず「これがオリジナル45?」と誤解してしまう程の差がある。」

とのこと。

ドキッとしたのは、「これは、やはり今もそうなのだろうか」ということなのです。

私は以前、ミディアムゲージ使って挫折した人間。

我が愛器、Martin D-18GE。

Img_0064

私が持っている唯一のロングサドル。

Img_0277

うーん。格好いい。。。

Img_0278

この角度も。。。いい。。。

でも、ライトゲージなんですね。

・・・などということを考えながらの、、、、。

Img_0288

Martin D-18GEでした!

それにしても、何度読んでも新しい発見があるものですね。

Img_0358

Martin D-45(1940)。

私なんぞは、現物を生で見ることは一生ないことでしょう。

そういえば、Martinが出荷の時に張っているのはミディアムゲージだと聞いたことがあるような気がします。本当かどうかは分かりませんけど。

これもミディアムゲージなのでしょうか。

皆さんは、ゲージどうしてますか。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

2016年7月15日 (金)

またもや3弦を・・・

3弦と言いますかね。12弦ギターですから、3コースという表現の方が分かりやすいでしょうか。

3コースの主弦。

Img_0342

写りはどうですか。見えますか。

不思議ですよねえ。やはり、いつも3弦なのです。

スペアは、例によってD'AddarioのフォスファーブロンズPB023。

Img_0341

これは、かなり前に買い置きしていたので紙の袋です。やはり、ビニール袋よりいいなあ。でも、保存の観点からは、きっと味気ないビニール袋がよいのでしょうね。

ということで、

Img_0259

Guild G-312も、

Img_0252

復活です。

Img_0347

うーん、気持ちいい。。。

こんな動画がありました。

Martinの12弦ギターも魅力的ですね。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

2016年7月 9日 (土)

3弦を交換して・・・

変わることなく魅力的な音色を聴かせてくれているGuild D44M。

Img_0336

5月のGWに弦交換をして、まだ2か月程度ですが。。。。

Img_0339

3弦のみ交換しました。

いつもなのですが、3弦だけが「死んだ音」になってしまいます。「ポン」という響かない音になってしまうのです。

なぜ3弦だけなのか、理由は分かりません。

ただ、どのギターもそうなんですよね。すべて、3弦だけがそうなってしまいます。酷いときは、張り直して1か月経つか経たないかぐらいで「ポン」になってしまいます。

皆さんは、原因が分かりますか?

で、なぜ3弦だけ換えるかといいますと、、、、、全部交換して、また3弦だけ音が死んでしまったら、もったいないですから。他はまだピンピンしていますからね。

ということで、、、、。

スペア弦は、これ。

Img_0340

D'AddarioのフォスファーブロンズPB025。

Martinはバラ弦の販売がありませんが、どうしてなのでしょうか。戦略なんでしょうか。それとも面倒くさいのでしょうか。

そしていつものように。。。

Img_0335

3弦は切れやすいので、たくさん巻きます。

Img_03351

しかし!

70年代のGrover 102は、ストリングポストの巻ける部分が短いんですね。現行品は根元までテーパーになっていますが、これは3分の2ぐらいでしょうか。

何はともあれ、3弦復活!

「岬めぐり」の気持ちいいこと!

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »