« これもまた、全盛期は70年代 | トップページ | サボっちゃいけない。。。 »

2016年6月 6日 (月)

Martinもナッシュビル・チューニング用の弦を

ついに出しましたね。Martinも。

ナッシュビル・チューニング用の弦。

Mspht10

MSPHT10という弦です。パッケージの左上には「HIGH TUNING」と書いてあります。

Martinのサイトによれば、弦の太さは、

20160505_175856

となっています。

値段は、クロサワさんで税込\1,134+送料¥270。

20160505_175946

対するD'Addarioのナッシュビル・チューニング用の弦は、High Strung/Nashville Tuning、EJ38H。

20160505_181134

太さは、

20160505_180736

値段は、かなり違います。

こちら最安のサウンドハウスで、税込\572。(送料無料)

20160505_181259

倍以上も違うのですから驚きです。

ただ中身としては特徴的な違いがありました。

ゲージを並べてみますと、、、、。

Martin    D'Addario

.010       .010

.012       .014

.008       .009

.013       .012

.017       .018

.025       .027

うーむ。こ、これは。。。

ポイントは、お気づきでしょうか、そう、第2弦と第4弦です。

Martinは第4弦の方が太いのに対して、D'Addarioは第2弦の方が太いのです。

弾いたときの音がかなり違うはずです。

普通に考えれば、高音ほど細い弦になるわけですから、その点ではD'Addarioの配列が正しいのです。

なのに、なぜMartinは逆にしたのか。。。。。

Martinですから、何か深い考えがあってのことだと思いますが。園井とが、私レベルにはわかりません。

実際に弾いて、、、、、いや、弾き比べてみないと。

でも、税込\1,134+送料¥270かあ~。「クロサワ価格」だからなあ。。。。

サウンドハウスで入荷するかどうか、問い合わせてみますか。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

« これもまた、全盛期は70年代 | トップページ | サボっちゃいけない。。。 »

ナッシュビル・チューニング」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。

今までマーチンにナッシュビルチューニング用の
弦がなかったことに驚きです。
正規輸入元が高いのは仕方ないかなと思うのですが、
早く他で販売されればいいですよね。

しばしばさん、いつもコメントありがとうございます。
サウンドハウスに問い合わせましたところ、何と税込送料込で¥842とのこと。早速注文しました。が、取り寄せ(=輸入)なので2ヶ月かかります。
この金額の差は、いったい何なのでしょうか。。。。

微妙のなゲージの違いはどう影響するんですかね? 比較音源お願いしますね! ナッシュビルチューニングをよく理解していないのですが、通常の弾き語りでも歌いやすいのですか?

akogiさん、いつもコメントありがとうございます。
問題はですねえ。いっぺんに2本もナッシュビルチューニング用のギターにするのか、だとしたらどれをするのか、ですかね。一度弦を張れば、まあ3か月は。。。。となるわけで。
弾き語り、ナッシュビル・チューニングもバッチリいけます。私は好きです。もちろん、合う曲、合わない曲もありますが。

丸に橘さん、こんにちは。

> ついに出しましたね。Martinも。
> ナッシュビル・チューニング用の弦。

ということは今までなかったんですか。意外ですね。
サウンドハウスで安く買えてよかったですね。にしても、1つでも取り寄せてくれるんですね。

ナッシュビル・チューニングとは全然違うけれども、昔私がカポなしの C で、友達が カポ5 の G にして「妹」を演奏したりしましたよ。

J minor さん、いつもコメントありがとうございます。
意外なことでしたね。
売れないからでしょうね。パッケージにしても。
しかし、さすが、サウンドハウスです。助かりますね。
それにしても、カポ5のG。面白そうですね。私もやってみます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571672/63741349

この記事へのトラックバック一覧です: Martinもナッシュビル・チューニング用の弦を:

« これもまた、全盛期は70年代 | トップページ | サボっちゃいけない。。。 »