« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

2016年6月29日 (水)

マホガニーの音色を堪能する

マホガニーと言えば、やはりMartin D-18。

そして、我がD-18GE。

Img_0063

スタンダードなD-18とは少し音色が違いますが、それは、「今の」ということ。

かつてはこれがスタンダードだったわけで。

Img_0276

好きですねえ。マホガニーの音。

同じマホガニーでも、Gibson J-45やHummingbirdはどんなものなのでしょうね。

Img_0279

ということで、久しぶりに(久しぶりという言葉が多いなあ・・・)Martin D-18GEを引っ張り出して堪能しました!

「岬めぐり」

「神田川」

「歳時記」

「ホームにて」

etc.・・・

私の好きなマホガニーの音と言えば、これ。

この動画の中で、 凄腕の平野融さんが弾いているのがMartin OM-18か000-18あたりでしょうか。

まさに、「THE マホガニー」ですよね。惚れ惚れとする音色です。

それが、岡林さんが弾いているテリーズ・テリーのローズ系の煌びやかな音と見事に融合しています。ナイス・タッグですね。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

2016年6月27日 (月)

まあ、好みとは思いますが・・・

憧れのMartin D-28(1962)。

今、あることはあるんですね。

たとえば、これ。

20160623_190038

こちらのページ

うーん。このルックス・・・。

まあ、好みですよね。

否定はしません。決して。好きな方はいるはずです。前オーナーも、好きだから、この姿にしたのでしょうから。

でもね、、、、私の好みではないですね。。。。。

これもあります。

20160627_203909

こちらのサイト

これはですね、ロゴの状態が、、、。

20160627_203938

もちろん、あくまでも写真ですから、実際どうなのかはわかりません。

が、現物を見られない者にとっては、手は出せません。

やはり、どうせ高い買い物をするのであれば、納得できる物でないと。

気がつかなかったのですが、こんなのもありました。

20160620_194107

気付かない間に「SOLD」になってました。

けっこう見落としあるんですね。難しいもんで。。。

でも、きっと現れます!

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

2016年6月22日 (水)

音色にうっとり・・・Guild D55

私は「Guild病」なのでしょうか。

今日のGuild D55は、いつになく?いい音色。

Img_0263

私の「その日の指標」は、「岬めぐり」。

Img_0265

ほぼ毎回、一番最初に弾きます。

これが気持ちよく(下手は下手なりに)決まれば、いい感じでその日は終われるのです。

「気持ち」ですから、そこには音色も関係してくるわけで。

Img_0267

てなことで、いい一日でした。。。。

因みに、昨夜は火を焚かずに過ごせました。

ただ、寝るときは、まだ「タオルケット+毛布+掛け布団」です。。。。

今夜も火を焚いていません。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

2016年6月20日 (月)

サボっちゃいけない。。。

更新サボってましたね~。

実際、ギターを弾く時間もかなり減っていました。

土日はほとんど何かの用事(仕事も含めて)で・・・。

平日はなかなかね、、、。

そんなこともあり。(言い訳)

今日はGuild D44Mでストレス解消!

Img_0297

弾きたいのに弾けないというのは、下手くそでもストレスを感じるもので。

短時間ですが、ルーティン・ワークしました。

輝く音色にうっとりです。

Img_0298

さて、寒さを吹っ飛ばすぞ!(まだ寒くて、、、ストーブ焚いてます、、、)

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

2016年6月 6日 (月)

Martinもナッシュビル・チューニング用の弦を

ついに出しましたね。Martinも。

ナッシュビル・チューニング用の弦。

Mspht10

MSPHT10という弦です。パッケージの左上には「HIGH TUNING」と書いてあります。

Martinのサイトによれば、弦の太さは、

20160505_175856

となっています。

値段は、クロサワさんで税込\1,134+送料¥270。

20160505_175946

対するD'Addarioのナッシュビル・チューニング用の弦は、High Strung/Nashville Tuning、EJ38H。

20160505_181134

太さは、

20160505_180736

値段は、かなり違います。

こちら最安のサウンドハウスで、税込\572。(送料無料)

20160505_181259

倍以上も違うのですから驚きです。

ただ中身としては特徴的な違いがありました。

ゲージを並べてみますと、、、、。

Martin    D'Addario

.010       .010

.012       .014

.008       .009

.013       .012

.017       .018

.025       .027

うーむ。こ、これは。。。

ポイントは、お気づきでしょうか、そう、第2弦と第4弦です。

Martinは第4弦の方が太いのに対して、D'Addarioは第2弦の方が太いのです。

弾いたときの音がかなり違うはずです。

普通に考えれば、高音ほど細い弦になるわけですから、その点ではD'Addarioの配列が正しいのです。

なのに、なぜMartinは逆にしたのか。。。。。

Martinですから、何か深い考えがあってのことだと思いますが。園井とが、私レベルにはわかりません。

実際に弾いて、、、、、いや、弾き比べてみないと。

でも、税込\1,134+送料¥270かあ~。「クロサワ価格」だからなあ。。。。

サウンドハウスで入荷するかどうか、問い合わせてみますか。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

2016年6月 4日 (土)

これもまた、全盛期は70年代

Guild D55。

Img_0262

これはですね、以前も書きましたがカミさんに買ってもらった大切な物ですから、生涯手放すことはありません。

が、新しい個体ですから、音色はまだまだ硬いですね。

Img_0302

やはり、Guildの全盛期と言えば70年代。

できれば前半の逸品が欲しいところ。

人間の欲望というのは、限りがないものですね。

でも、そうして「夢を見る」というのもいいかもしれません。

Img_0305

そんなことを思いながら、ギターを弾ける幸せを感じていたのでした。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

2016年6月 2日 (木)

ローテーション的にGuild D44M

相変わらず、寒い。。。

最高気温7度ぐらいでしたね。全国的に気温が低いのでしょうか。

それはさておき。

今日は、Guild D44M。

Img_0294

ローテーション早まってます。(笑)

Martin D-45はお蔵入りしましたし。

やはり、気持ちいいのだけでローテーション組まないとね。

Img_0296

早くこういう季節が来ないかな。。。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »