« ローテーション的にGuild D44M | トップページ | Martinもナッシュビル・チューニング用の弦を »

2016年6月 4日 (土)

これもまた、全盛期は70年代

Guild D55。

Img_0262

これはですね、以前も書きましたがカミさんに買ってもらった大切な物ですから、生涯手放すことはありません。

が、新しい個体ですから、音色はまだまだ硬いですね。

Img_0302

やはり、Guildの全盛期と言えば70年代。

できれば前半の逸品が欲しいところ。

人間の欲望というのは、限りがないものですね。

でも、そうして「夢を見る」というのもいいかもしれません。

Img_0305

そんなことを思いながら、ギターを弾ける幸せを感じていたのでした。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

« ローテーション的にGuild D44M | トップページ | Martinもナッシュビル・チューニング用の弦を »

Guild D55」カテゴリの記事

コメント

いや〜、ギルドのギターヘッドやデキャル
ピックガードは、独特ですね。
ギルドも欲しくなりますね。
でも、我が家の山の神(家内)は、
シビアなので、、、。
〜♪

丸に橘さん

こんにちは

ギルドD55 このギターも思い出があるんです
良いギターですよね

私は学生時代にローンに追いかけられたD18
でしたが、クラブの仲間内ではギルド派もいました。

その昔ですがNHKののど自慢予選にアコギバンドで
チャレンジした時の相方リード担当のギターが
このギルドD-55でした。

結果は残念賞でしたが思いでがいっぱいです。

風の又三郎さん、いつもコメントありがとうございます。
なかなか、簡単にはいきませんよね。。。
何かを手に入れるためには、何かを手放さなくてはなりませんから。
辛いところです。

アラフィフおやじさん、いつもコメントありがとうございます。
へえ~、のど自慢に。しかもGuild D55で!
Martin D-18とGuild D55のコンビって、凄すぎる。。。しかも、その当時。。。

丸に橘さん、こんにちは。

> 以前も書きましたがカミさんに買ってもらった大切な物ですから、生涯手放すことはありません

それはもう、何が何でも絶対に手放せませんね(笑)。

> やはり、Guildの全盛期と言えば70年代。

そうなんですか、Guildの全盛期と言えば70年代・・つまり、私の青春記と重なるんですね。

J minorさん、いつもコメントありがとうございます。
青春の70年代。
私が大学に入学したのが昭和55年(80年)。
多感な中高時代がGuildに入っている、そんな感じですね。
その時代のD44M(1977)も、手放せない物の一つです。

このD-55は宝物ですよねー。
奥さんがギタープレゼントしてくれるなんて普通ありえませんよー。
本当に羨ましいです。

しばしばさん、いつもコメントありがとうございます。
まあ・・・なんと言いましょうか。(笑)
はい。(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571672/63731583

この記事へのトラックバック一覧です: これもまた、全盛期は70年代:

« ローテーション的にGuild D44M | トップページ | Martinもナッシュビル・チューニング用の弦を »