« Martin D-45 vs Guild D44M | トップページ | ローテーション的にGuild D44M »

2016年5月31日 (火)

マホガニーの音色って、好きだなあ

Martin D-18GE。

Img_0061

マホガニーの音色って、やはり好きですね。

よく「ブライトな音」って言われますが、そのあたりはよくわかりません。何を以て「ブライト」と言うのかはね。

Img_0282

でも、このマホガニーは、ローズウッドとは明らかに音色が違うわけで。

で、以前持っていたD-18とこのD-18GEも違います。表板の違いなのでしょうか。。。。

気持ちよく弾きました。

ここ数日はは寒くて・・・・。

Img_0319

ストーブ、ガンガン焚いてます。

そして、湯湯婆。。。。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

« Martin D-45 vs Guild D44M | トップページ | ローテーション的にGuild D44M »

Martin D-18GE」カテゴリの記事

コメント

なんとストーブですか、ビックリです。
マホガニーはいいですよね、大好きです。
特にキューバンマホガニーは素晴らしいですよね、
マホガニーと言ってもピンキリでアフリカンマホガニーからキューバンまで別物です。
いつかアディロン&キューバンマホガニーのギターか
ジャーマン&ブラックウッドのギターが欲しいです。

マホガニーの音って本当に良いですよね!
ここ最近はマホしか弾いてないくらいです(^▽^;)
でも、最近手に入れたD-18QMは失敗でした
音が上品すぎるというか繊細過ぎて
どうにもメロが鳴ってくれないのです…
新品というのも原因かなと思っていますけど
ストロークではそれなりに響きますから
結局、音の芯が細いのだと思います。
我慢できずにさっそく手放しましたよ(笑)

しばしばさん、いつもコメントありがとうございます。
この日の最高気温は11度でした。別に珍しいことではないのですが、、、。軟弱な男でして。。。夜は一桁になりますし。。。(笑)
キューバンマホガニーが「本物」ということなのですね。ビンテージのD-18はそうなのでしょうか。
アディロン&キューバンマホガニー!
それこそ戦前ものですかね。
うーむ。Martin D-18(1962)という選択肢も。。。

mssumasumさん、いつもコメントありがとうございます。
D-18QMといえば、かなりの高級魚、もとい、高級機種。しかし、音の芯が細い・・・・なんとなくわかるような気がします。「響かない」という感じなのでしょうか。
残念でしたね。

こんにちは~

 ご無沙汰です。
私は、ギターの音の善し悪しそのものが
よく分かりません。
明らかに「ならないなぁ~」というのは経験上ありますが、
材質による違いって、結局好みなのでしょうかね。
あ、これ、一定レベル以上の演奏技術がある人だけの
特殊なテーゼですね。
 ギター選びって男女の恋愛に似てますよね。
福山さんちに侵入するほど「好き!」
っていうひともいれば、
うちの相方の方が「男前やん」と
ぶさいくなのに惚れ込んでるひともいる。←私(;^_^A
ところで、ラブソングの福山さんのギターって、
いい音ですか?
なんか、脱線しまくりですいません。

D-18QMですけど、45ランクのトップ板が使われているため、倍音成分が極めて強いのです。
音の鳴り始めは45風の音色なのですが、ローズの様にいったん音を受け止めてから低音を増幅する感じではなく、音抜けがマホガニーのために、スカッと抜けてしまう感じです。
なので単音引きでは、ゴージャスであるけど、迫力を感じません。
メロを立てて演奏したいソロギターには不向きですね。
でも弾き語りには最高の音色だと思います。
ストロークなら音圧も十分出ますし、スリーフィンガーではとてもきらびやかな音を出します。

D-18(1962)という選択もアリでは?(笑)
私もこの年代のD-18が欲しいです!

めぐみさん、いつもコメントありがとうございます。
まあ、材質は好みですね。やはり。
福山さんのギターね、、、それはもう、お金持ちですからいい音に決まってますよ~。(笑)
あのレベルの方ですと、悩まずに何でも買えるでしょうからね。(ちょっと僻み?)

mssumasumさん、サイドのコメントありがとうございます。
マホガニーには、普通のランクのスプルースが合っているということなのでしょうか。
そう言われると、D-18GEよりも、手放してしまったD-18の調子のいいときの音の方がよかったような気もしてきました。(すぐ人に左右されます)

丸に橘さん、こんにちは。

マホガニーがほめられると何だか嬉しい気がします。
私が憧れているのが Martin CTM 000 Style18 Quilted mahogany だけに。

しかし mssumasumさんのコメントを見ると、「(D-18QMは)メロを立てて演奏したいソロギターには不向きですね」なので、すぐ影響されてしまいます(苦笑)。

J minorさん、いつもコメントありがとうございます。
そうですよね、000-18。しかもキルテッド。
Dと000は違うのではないでしょうか。もともとストローク用のモデルではありませんし。
ぜひお試しください!

こんばんは~
こちらはストーブどころか
エアコンが半月前から稼働中です(笑)

私は、マホも良し、ローズもよし、
ということでいろんな音を楽しみたい派、です
先日はギターの集まりに
D-18GEを持って行きましたが
良い感じに鳴ってくれましたよ
手前味噌ですけど、良いギターだと思います(笑)

●私のマーチンD-18(1974年製)、トップは
スプールス、サイド・バックは、ホンジュラス・
マホガニーです。

べっ甲ピックでコードストロークをバンバン弾き、
アルベジオやスリーフインガーはべっ甲サムピックと指(ツメ)でガンガン弾きます。

D-28との比較において、音の立ち上がりが良く
(反応が早く)、音質がクッキリとクリアーで明るく
感じます。また、マホは軽いですね。

私は、D-18を購入したのは正解であったと
思っております。

●丸に橘さん、D-28と引き比べるのは良い
ですよ~♪

ziziさん、いつもコメントありがとうございます。
エアコンですねー。うらやましいことで・・・
材質は、いろいろ試したいですよね。そんな年頃?です。(笑)
KOAなんかも興味がありますが、価格的に「雲の上」に。
マホガニーは、Guild D-40も比較したいところです。
D-18か?
D-40か?

風の又三郎さん、いつもコメントありがとうございます。
やはり、ガンガン、ですね。うーむ、70年代もまたよし。心動かされます。
比較するためにも、D-28。
手持ちの頼りないD-45では、比較の対象にならない。。。。

 おはようございます。
連投すみません。
福山さんの「ラブソング」が
思ったより苦戦しているということで、
ネットでドラマを視聴してみました。
あの中で福山さんが弾いておられるギターは
もしかしたらギブソン? 材質は?
アコギ弾きの皆さんは、
あの音をどう評価なさっているのだろうと
気になって質問してみたのですが、
結局、「ラブソング」をご覧になってる方って
いらっしゃらないみたいですね(;^_^A。
ドラマのギター音とリアル音とは
違いますし、質問自体がぼけてましたね。
失礼しました。

めぐみさん、すいません。。。私も「ラブソング」知らなくて。(笑)
今、見てみましたが、ドラマの中で使っているのはGibson J-45ですよね。
マホガニーです。

お初失礼致しますm(__)m

D-18の話題だったので
ついつい皆様のコメントも拝読させてもらいました。

私が学生時代に買ったD-18は1976年のもの
だったか?と思います(すでに忘却のかなた(^-^;

ソロギを始めて売却してフォルヒに化けました(お恥ずかしい

その音の記憶と今のGEにはきっと共通点が
あるのでしょうが私の曖昧な記憶では
当時のはガサガサと鳴るタイプだったような気がします。

音は時代と共に洗練されていくのでしょうね。

アラフィフおやじさん、コメントありがとうございます。
同世代でしょうか。
学生時代にMartin D-18とは、すごいとしか言い様がないわけで。。。
当時の私は中学時代に親に買ってもらったMorris W-30でした。押し入れの奥底に入ったままでしたが。(笑)
音は世に連れ。。。ですね。

音に関しては好みが大きく影響しますので、私の好みが多分に含まれていると思ってくださいね。倍音成分が好きな人なら大歓迎でしょうし、マホガニーらしい明るさや抜けの良さは健在です。前にも書きましたけど、音が繊細で倍音を多く含むため、単音弾きでは、何とかメロが立ちますけど、音が重なった途端に混じり合って、より煌びやかに響く半面、個々の音が不鮮明になります。これを良しとする場合もありますから、やはり、好みの問題だと思います。

この演奏動画を聴いていただければ良く分かると思います。
https://youtu.be/JrPGjlvhcJM

こちらがレギュラーになります。
https://youtu.be/8MW1wHKnBCk

まさに風の又三郎さんがおっしゃる通りの音質で、倍音は少ない(クリアー)けど素直な出音(立ち上がりが良い)で、音そのものに艶(クッキリ)があります。一般的に明るいと言われるマホですけど、個人的にはローズが特別暗い音色を持っているだけで、コア、メイプル、ハカランダのいずれも明るい音色だと感じています。

D-18GEはまだ弾いたことありませんけど、アディロンダックの表板ですから、より太く鮮明は音が想像できますよね。どちらかというとマホは高音寄りの材ですけど、アディロンダックなら低音のパワーも期待できそうですし、マホの良さが良い方向に出る組み合わせだと思います。

mssumasumさん、いつもコメントありがとうございます。
「煌びやかに響く半面、個々の音が不鮮明」なるほど、そのような視点で聴き比べますと、「そうか~」と感じますね。
D-18GEは、スタンダードに比べて、たしかに低音のパワーに驚きました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マホガニーの音色って、好きだなあ:

« Martin D-45 vs Guild D44M | トップページ | ローテーション的にGuild D44M »

最近のトラックバック