« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

2016年5月31日 (火)

マホガニーの音色って、好きだなあ

Martin D-18GE。

Img_0061

マホガニーの音色って、やはり好きですね。

よく「ブライトな音」って言われますが、そのあたりはよくわかりません。何を以て「ブライト」と言うのかはね。

Img_0282

でも、このマホガニーは、ローズウッドとは明らかに音色が違うわけで。

で、以前持っていたD-18とこのD-18GEも違います。表板の違いなのでしょうか。。。。

気持ちよく弾きました。

ここ数日はは寒くて・・・・。

Img_0319

ストーブ、ガンガン焚いてます。

そして、湯湯婆。。。。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

2016年5月29日 (日)

Martin D-45 vs Guild D44M

今日は、何やら物騒な題名。

我がMartin D-45。

Img_0044

対するは、やはり我がGuild D44M。

Img_0197

「44」と「45」というのもニアミスですね。それぞれ、なぜ「44」なのか、なぜ「45」なのか、考えても考えてもわかりません。

まあ、それはそれとして。

弾き比べです。

ぶっちゃけ、買ったときの価格差は3倍以上です。D-45の1本分でD44Mが3本買えて、しかもかなりのお釣りが来ます。

しかし、亀の甲より年の功。間もなく40歳になるD44Mに対して、D-45はまだ5歳。親子です。

結果は、、、。

Img_0293

言わずもがなですね。

Guild D44Mの圧勝に終わりました。

さて、なにゆえこんな「弾き比べ」の場を改めて設けたのか。。。

それは、、、、。

Img_0196

「決断」をするためですね。

Cimg7732

実にきれいなMartin D-45ですが、やはり、音を出してナンボなんですね。

優先順位第2位。

「Martin D-45を70年代のものに入れ替える」

決断はしましたが、いつになりますことやら。(笑)

いや、でも、「優先順位第1位」も、いつかは見切りをつけなくてはならないのではないかと思っています。

間もなく6月。

今日は気温が上がらず、寒い日曜日でした。。。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

2016年5月21日 (土)

ナッシュビル・チューニングへの思い已まず

Martin D-35の登場は、いつ以来なのでしょう。

Img_0312

ずっと、弦を外したままケースの中で眠っていました。いろいろありまして。。。

そして、ナッシュビル・チューニングへの思い已まず、、、、、。

そうなのです。Martin D-35にを、ナッシュビル・チューニングにしたのです!

Img_0313

といっても、専用の弦セットは手元にありませんので、半端物の寄せ集めにしました。

Img_0311

1弦は、D'Addarioの.011。

2弦は、D'Addarioの.016。これは、4年ぐらい前に買ったものですね。

3弦は、D'Addarioの.008。

4弦は、YAMAHAの.014。たぶん、8年か9年前に買った弦です。

5弦は、D'Addarioの.019。これも4年ぐらいは軽く経っています。

6弦は、D'Addarioの.032。巻き弦です。これも、4年ぐらいですね。

捨てるに忍びない弦を使うことができました。

Img_0314

早速、「22才の別れ」、「あいつ」・・・・。

やはり、「一家に1本ナッシュビル・チューニング」ですね。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

2016年5月15日 (日)

Guild D55 レギュラー弦復活

Guild D55は、しばらくナッシュビル・チューニングにしていたこともあり、登場回数が減っていましたね。

で。

Img_0273

ハイ。

今回の弦交換により、レギュラーチューニングの弦に戻ってきました。

Img_0261

これはこれで、すごくいいんですね。

まだまだ音は硬めですが、たぶんこれがGuild D55のデフォルトではないかと思っています。

弦高も。

Cimg7952

2.5mm。うーん、ナイス。

いいですねえ、G-Shield ロゴ。

Img_0264

このロゴ、すべてのギターに欲しいところですが、、、、まあ、Martinで言えば縦ロゴ、つまりは高級機種の証なわけで。

今日は、なぜか「海岸通」に酔い痴れましたね。

切ない調べですね。。。。

私はGuild D55での「海岸通」アルペジオ。

私も、いつか公開します。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

2016年5月14日 (土)

Guild D44M サドル換装しました

桜、咲きました。が咲いた翌日の寒波で風邪を引き、熱出して昨日は寝てました。

さて、これまで気になっていた、Guild D-44Mのサドル。

いや、別に弾きにくいとかそういうことではなかったわけですが、弦高が2mmそこそこだったがために、あるいは音色に損失があるのでは?ということで。

Img_0195

そこで、弦交換を機に換装しました。

あ、弦交換に際しては、もちろんボディからネックからフィンガーボードから、すべてを磨き上げ。

ちよっとゴリゴリしていたペグにKURE5-56を差し。

Img_0244

さて、審査ドル。もとい、新サドル。

Img_0295

横から見ると、

Cimg7958

5mm弱ありますかね。聳え立ってますね。

こちらと比べてみてください。

結果、こんな感じになりました。

Cimg7957

弦高は2.5mm強をキープ。

よっしゃ!ってことで弾いたところ、、、、。

Img_0292

音色激変!(あくまで主観です)

これまで以上のボリューム。

キラキラ、ギラギラと鈴なりの高音弦。

ズンズンと響く低音弦。

狙いどおり!

でも、誰も聴いてくれない悲しさ。(笑)

僅か0.5mm程度の違いが生み出す音色の妙。不思議です。

0.5mmを笑う者は0.5mmに泣く。名言?迷言?(笑)

大きな自己満足に浸った今日でした。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

2016年5月 8日 (日)

久々のMartin D-18GE

私の場合、「久々」だの「久しぶり」だのといったタイトルが多いですね。

うーむ。いかんなあ、、、。

ということで、Martin D-18GE。

Img_0060_3

弦も張り直し、指板も磨いてピッカピカ。

幅広指板も、12弦ギターを弾いている者にとっては「まあ、いいか」。

Img_0057

ほんの数mmにもかかわらず、たとえばGuild D44MからMartin D-18GEに握り直すと、かなりの違いを感じます。

ですが、以前も書きましたが、弦間が広いので弾き間違いや干渉が少なくなるのが利点。

贅沢を言えば、Guild D44MとMartin D-18GEの間ぐらいの広さが良いのかも。

MartinのGEシリーズでは、この幅広指板に耐えかねて手放す人がけっこういるとか。

Img_0276

Blog友のziziさんは28も18も所有されていて、しかもガットをも弾かれる方ですから、慣れているんでしょうね。

ただ、私の不満はTuning machinesでしょうか。

Img_0280

Waverly4060。

確かに高級品なのでしょうが、やはり私の好みとしてはロトマチックですね。

初めは良いと思ったんですけどね。使っているうちに、調弦のしやすさがね。贅沢言ってはいけませんけど。

しかし、Martinのカスタムや高級品は、最近は徹底してWaverly4060ですね。しばしばさんのCommemorativeもそうですし。

それだけ優れた逸品なのでしょうが、、、、。まあ、好みということで。

それはそうと、Blue-Gさんのサイト。

こんなのがありました。

20160507_152108

あ、ハードケースは関係ありません。

D-28(1963)が¥800,000 (税抜)。ということは、税込\864,000。

決して高くはないですね。ただ、説明書きに書いてなくても、問い合わせると「クラック修理痕あり」とかね。そういうことがありますから。

隣のD-28(1947)も、破格のお値段。こちらはかなりの修理歴が公表されていています。にもかかわらず、もうHOLDになっています。私は、、、、もう板割れは嫌ですね。

それにしても、1963でしたね~。惜しいところ。ファールチップ、ですね。

さて、こんな「海岸通」もありました。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

2016年5月 6日 (金)

Guild G-312どう変わったか(その2)

さて、その2です。

Img_0251

弦のテンションがキツくなった分、次のような現象が起きました。

Img_0249

1.音が硬くなった。

硬い、柔らかいは好みの問題なので、どっちがいい悪いではありませんが、、、、。

2.右手が疲れる。

弦の反発がそれだけ強くなったわけで、これは当然のことでしょうね。まあ、慣れれば何でもなくなるとは思いますが。。。。

Img_0257

もう少し弾いてみないと、私にとってどちらが好みかは判断が難しいですね。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

2016年5月 5日 (木)

Guild G-312どう変わったか

今日は弦交換の翌日。

相変わらずの寒さに、思わずストーブスイッチオン。

当然、加湿器もスイッチオン。

Img_0246

今日は休日ということもあり、、、、。

Img_0255

ハイ、Guild G-312です。

ゲージを変えた結果どうなったか。(変えたと言いますか、前も使ったことあるわけで、、、)

まず、弦高。

EJ41のときは、、、。

Cimg7946

2mm。

で、EJ38。

Img_0250

光っちゃって見えにくいですけど。2.5mm弱ぐらいありますね。

かなりテンション違いますからね。覿面です。

Img_0248

実は、これ以外にも大きな違いが!

また次回!

12弦ギターで奏でる「海岸通」も練習しています。

しかし、、、、切ない名曲です。

このような名曲とリアルタイムに、、、、自分は、つくづく良い時代に生まれ育ったなあと思っています。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

2016年5月 4日 (水)

弦交換デー

GW。

世の中には2日と6日を休日にして10連休にした会社もあると聞きますが。

私のところは「暦通りね~」ってことで、「これ以上はあるまい」という見事な飛び石。

カレンダー見ていると、5/1~7の美しさに惚れ惚れします。美しい。。。。

連休前半は自宅に帰りましたが、5/2だけ勤務してまた帰るというのも、肉体的、経済的に効率のいいものではなく。

後半は社宅にてギター三昧。

それにしても、寒いGWです。我が家のストーブもフル稼働。

Img_0203

ということで、今日は弦交換デーとなりました。

弦交換は、昨年末以来のこと。随分と引っ張りました。

Img_0240

オールスター・キャスト。

左から、Martin D-45、Martin D-18GE、Guild D44M、Guild D55、Guild G-312std。

こうしてみると、けっこう入れ替えたり手放したりしてるんだなあ、、、。

まずは、「手術台」の準備。

Img_0216

そして、弦。

Img_0214

いつものMartin MSP4100ですが、今、箱入りは絶滅してます。かなり前に買ったものですね。

Img_0218

LIGHTゲージです。

これまで、ミディアムやエキストラ・ライトなども試しましたが、結局はライト・ゲージに戻ってきました。

同じライト・ゲージでも、D'Addarioとは一部太さが違いますよね。

ハイ、弦を張る前に記念撮影。

Martin D-18GE。

Img_0224

Guild D55。

Img_0225

Guild G-312std。

Img_0228

Martin D-45とGuild D44Mは撮影失敗。

弦は機能までに全部外してあるので、張るのみ。

5台張るのは、けっこうキツいもので。写真撮るのもキツい。。。。

私は、こんなことしています。

Img_0220

弦交換した日をメモして、ハードーケースの「カパ」に入れているのです。弦の袋の有効利用にもなってます。

最後は、12弦ギターの交換。

今回は、これにしました。

Ej38

前回は、こちら。

Ej41

ご覧の通りテンションが違います。

EJ38。

Img_0231

EJ41。

Img_0232

どの位違うかは、多分ziziさんが計算してくれます。(笑)

それはともかくとして。私は12弦ギターの弦はD'Addarioを使っているのです。

なぜかと言いますと、3コースの副弦が問題なのです。

D'Addarioは、EJ38もEJ41も3コースの副弦は.008inchです。

が、Martinの弦は.010inchなんですね。

音も違いますし、何よりも.010inchの弦をGまで巻くのは・・・・すぐ切れるのです。ガンガン切れます。だいたい、3回ぐらいの使用で切れます。

.009にするだけで、まったく違います。.008ですと、かなり長持ちします。僅か.001~.002inchの違いなのですが、天と地ほどの違いがありますね。

ミーハーとしては、本当はMartinのGoldメッキを使いたいのですが。。。

ということで、半分張って休憩です。

Img_0234

コーヒー飲んで、あと半分。

終わりました。

Img_0235

今日一日、弦を張るだけでヘトヘトになりました。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

2016年5月 2日 (月)

「岬めぐり」気持ちよく

Guild D44Mは久しぶりでしょうか。

Img_0194

現時点で、私のナンバーワン。

お値段的には、、、、、ん?もしかして、最下位かも。(笑)

コストパフォーマンス最高です。(笑ってられませんよね、ホントは)

でもね、

Cimg7901

裏側の「オール黄金色」も実に魅力的。

「岬めぐり」、久々に満足できるパフォーマンスでした。(あ、あくまでも私の中では、ですよ)

実は、イントロの初めの方の握りを少し変えたのです。

それでミスも減りました。

Img_0096

それにしても、

山本コウタローさんのこの歌。

ぶっちゃけ、決して上手くないですよね。(笑)

私とどっこいどっこいか?ってな感じです。だったら、私も公開したって恥ずかしくない・・・?(笑)

でも、山本コウタローさんは自分が作曲した歌だから誰もが聴いてくれるし、許されるんですよね。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »