« Guild G-312どう変わったか | トップページ | 久々のMartin D-18GE »

2016年5月 6日 (金)

Guild G-312どう変わったか(その2)

さて、その2です。

Img_0251

弦のテンションがキツくなった分、次のような現象が起きました。

Img_0249

1.音が硬くなった。

硬い、柔らかいは好みの問題なので、どっちがいい悪いではありませんが、、、、。

2.右手が疲れる。

弦の反発がそれだけ強くなったわけで、これは当然のことでしょうね。まあ、慣れれば何でもなくなるとは思いますが。。。。

Img_0257

もう少し弾いてみないと、私にとってどちらが好みかは判断が難しいですね。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

« Guild G-312どう変わったか | トップページ | 久々のMartin D-18GE »

12弦ギター」カテゴリの記事

Guild G-312」カテゴリの記事

コメント

12弦でテンションが強いと弾くのが辛いですよね。ヘタレの私だったら弾き易さを優先しちゃいます(笑)

akogiさん、いつもコメントありがとうございます。
そうですね。
音的にどうか、というのも考えて、どちらにするか決めたいところです。それによって、サドルをどうするかも決まってきますし。
はてさて。。。

丸に橘さん、こんにちは。

う~ん、12弦ギターでテンションがきついっていうのはしんどそうですね~。
ひ弱な私は6弦でカスタムライトでもしんどいくらいですから・・・。

ちなみに Martin にも12弦があるんだろうか・・・と調べてみたら、あるんですね。
全然知らなかった(苦笑)。

J minorさん、いつもコメントありがとうございます。
Martinの12件も、「いつかは」と思っていますが、まだまだ遠いですね。
で、12件というのは、ある意味マニアックですね。
しかし、感動の音色を奏でてくれます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571672/63591105

この記事へのトラックバック一覧です: Guild G-312どう変わったか(その2):

« Guild G-312どう変わったか | トップページ | 久々のMartin D-18GE »