« 運指を忘れてしまい・・・ | トップページ | 手首がちょっと・・・ »

2016年4月16日 (土)

ピ、ピ、ピックが、、、

引っ越し後、初登場のMartin D-45。

Cimg7732

やはり、美しさは天下一品、捨てがたいものがあります。

各メーカーで同じデザインのものを出していますが、やはり「本物」は格が違いますよね。

Cimg7733

その格は、「風格」なのかも知れません。

コピーされても微動だにしない、という。

Cimg7499

このペグも、美しいですよね。

Cimg7399

ネックは、「セレクト・ハードウッド」とかいうことになっていまして、特定はできないようです。

マホガニーかも知れませんし、そうでないかも知れません。(見た目はマホガニーなんですが)

個人としては、材を知りたいですよね。

Cimg7728

でも、やはり70年代に憧れますね。

それはともかくとして。

ご存じのとおり、私は滅多にフラットピックを使わないのです。

ですが、たまたま、何を思ったか、パンダさんの「眼をとじて」を弾いてみたのです。

ストロークの、素敵な歌です。大好きな歌です。

すると、、、。

Img_0147

まあ、何年も使って、随分薄くなって弱っていましたからね。

滑り止めのフィルムもすっかり捲れて。

ここまで使えば、本望ですよね。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

« 運指を忘れてしまい・・・ | トップページ | 手首がちょっと・・・ »

Martin D-45」カテゴリの記事

ピック」カテゴリの記事

コメント

こんにちは

ピックって割れるもの・・・なんですね
そう思えば爪なんて欠けてあたりまえかもしれません
爪ならまだ生えてくるんですが
昨日から左指の腱鞘炎?で困ってます
買って交換できる指が欲しいです(笑)

ziziさん、いつもコメントありがとうございます。
これまで、割れたことはなかったですね。破片も見つかりません。ギターの中かも。

左指ですか。手首ではなくて。
腱鞘炎は、休めるしかないですからね。辛いところです。心配ですよね。
私も時々手首が痛いので、湿布を貼るようにしています。

私は握力が極端にないので、ピックの演奏が出来ません。フラットピックをもって弦をじゃらんと弾くと、ピックを落としてしまいます。もう何回もサウンドホールに落としてしまい、それからはフィンガーピッキング一本で頑張っています。昨年のクリスマスにいつも演奏をご一緒してくださるパートナーの方から指にはめるタイプのピックを戴き、ジャカ弾きをどうしてもしなくてはいけない時はそのピックを使用しています。
私のギターケースの中には私が高校生の頃に使っていたピックも入っているのですが、まだ現役で使えそうです。私はそれだけピック演奏をしてこなかった事につながると思うのですがいつかはカッコよくピック演奏をしてみたいと思います(*''▽'')

おっと割れちゃいましたか。
硬くなりすぎたのでしょうか。
もう70年代D-45に気持ちは動いていますね。

かおりさん、いつもコメントありがとうございます。
私の場合は、滑って落とします。潤いのない指でして。。。(汗)
打田さんや山崎さんのサムピックは、フラットピックも兼ねていて、いいみたいですよ。私も使ってみようかと思っています。今度、報告しますね。
かおりさんが高校生の時の。と言いますと、まあ、ついこの間みたいなことで。。。

しばしばさん、いつもコメントありがとうございます。
経年劣化で「THIN」も「HARD」になってしまったものと思います。
70年代D-45ですか。。。ジャーマン期は手が出ませんから、せめて1975あたりに持ち替えたいですね。
・・・・いかんいかん、その前に、D-28(1962)だった。何を血迷っているんだ。(笑)
危うくしばしばさんに乗せられるところでした。(笑)
でも、そんなこと言ってたら、無期限になっちゃうかも知れませんね。見切りとタイミング。ですね。

お~、マーチンD-45
貝がキラキラしていますね。
1970年代のギター少年や青年は
ショーケースの奥に鎮座するマーチン
D-45に憧れました。
(本当は、まだ憧れています(笑))

私はバンドではサイドのコードストローク
のリズムを担当していますが、ピックは
べっ甲ピックでガンガン弾いています。

もう40年以上使用しています。
おむすび型ですが、角がだんだん
丸くなっています。

そうそう私も最近、右の手首が少し
痛くなってきました。心配です。
(腱鞘炎かしら)

風の又三郎さん、いつもコメントありがとうございます。
70年代、私は中学生、高校生真っ只中。ギターに憧れ、そして挫折し。Martinなんて写真でしか見たことがなく。
しかしながら、鼈甲というのはそんなに丈夫で長持ちするものですか。すごいですね。
そう言えば、私、職場で使っている決裁用の印鑑はチタン製にしました。普通のですと、滑って落とす度に欠けてしまって。。。
チタン製は、何度落としてもびくともしません。(笑)

続き
マーチンD-28(1962年製)の購入の兆し
があれば・・・。

直ちに、本事案について発議し、決裁(奥様)
を受けえること。
その時の奥様の決裁印(実印)は、チタン合金
だったりして(笑)。
理解ある奥様で羨ましいですね。
(予算は、100福沢諭吉さんでしょうか)

我が家では、以前子会社に出向中、落ち込んで
いると山の神(家内)が、ウクレレ買っていいわよと
ただし、予算は3福沢諭吉さんでした~♪。

丸に橘さん、こんにちは。

おお。Martin D-45。やっぱり本物は風格が違いますね。

ちなみに私もフラットピックは滅多に使わないですが、昔はコードストロークをするとよくサウンドホールの中に落としていました♪

それとパンダさんの「眼をとじて」は、恥ずかしながら、知りませんでした。
いい曲ですね。

風の又三郎さん、いつもコメントありがとうございます。
そうでした。家での決裁権は、私にはないのでした。(笑)
チタンと言うより、「金印」かも。(笑)
気が変わらないうちに、決済を回します!
子会社も、なかなかいいものでしたよ。本社直轄ではできないことも、子会社ではOKだったりして。(笑)
今回は本社直轄なので、正直、ちょっと窮屈。。。。

J minorさん、いつもコメントありがとうございます。
サウンドホールに落とすというのも、経験ありますね。ホント、50過ぎると潤いのない手になるもんですから、滑ること滑ること。(笑)
パンダさんの「眼をとじて」、私はかぐや姫LIVEバージョンが一番好きですね。

割れちゃうこともあるんですね(@@
D-45のフチが削れるくらい物凄く激しいピッキングしたんですか(笑)

実家にいくつか残ってる40年物のMartinピックはヤバイかも…

akogiさん、いつもコメントありがとうございます。
何ですかね、個体に寄るのかは分かりませんが、気がついたらこんなことに。。。。
原因の一つは、私のストロークがめちゃめちゃへただということ。これは間違いのないところです。(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571672/63495314

この記事へのトラックバック一覧です: ピ、ピ、ピックが、、、:

« 運指を忘れてしまい・・・ | トップページ | 手首がちょっと・・・ »