« サボってはいけません | トップページ | やはり、Guild »

2016年2月14日 (日)

Guild D44Mの音色

blog友のJ minorさんから、「メイプルのギターはどんな音がするんですか?」というコメントをいただきました。

Img_0091

であれば、まあ、私の下手な演奏で申し訳ないのですが、聴いていただこうかと。

Img_0093

なお、録画はCASIOのEXILIM EX-Z300という、古~いコンパクトデジタルカメラです。

弦は、Martin MSP-4100という、ライト・ゲージのフォスファー・ブロンズ弦です。

では、まず「神田川」(かぐや姫)。

「歳時記」(さだまさし)。

「22才の別れ」(かぐや姫/風)。

「22才の別れ(ナッシュビル・チューニング)」(かぐや姫/風)。

さて、多少なりとも音色を感じていただけたでしょうか。

同じメイプルでも、Gibson Doveとは比べたことがないので分かりません。

他は、blogの左側に置いてありますので、どうぞ。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

« サボってはいけません | トップページ | やはり、Guild »

Guild D44M」カテゴリの記事

コメント

丸に橘さん、こんにちは。

いやあ、休日もなくお忙しい中、わざわざ記事を立ち上げてくださって光栄です。

前回のとき、

>私のメイプルは、実に甘い音色です。「硬さ」はまったく感じられません。

とお書きになっていましたが、なるほど、妙な硬さはないですね。

まあ私は以前「味オンチと音オンチ」という記事を書いたほどなので、音の聞き分けにはあまり自信はないですけれど(汗)。

いずれにせよ、丸に橘さん自信がお気に入りのギターを手にしていられることがうらやましいです。

私の場合、まだ本当に理想のギターに出会ってない気がしてなりません。
まあ音オンチの私からすればフォルヒ G23-CRCT でも十分高額のギターですが・・・。

丸に橘さん、こんばんは。

やっぱり丸に橘さんのD-44Mは良いですね。
メイプルの音と言うよりは、これぞGuildの音ですね。
こんなGuildらしい音を出す個体には、なかなか当たりません。

J minorさんが書かれていたのが一般的なメイプル評なんでしょうが、当たりの個体で弾き込まれていると良い具合に硬さが取れて、甘い響きになるのだと思います。

Guildらいし音は、もうオールドでしか得られないので、いつかはこれぞGuildという個体に当たるよう待っています。

メイプルでもメーカーによって違いが出ますね。
あとサムピック等の影響もあるのかな?
きらびやかな音に感じます。

私のメイプルは初期物ラルビーのC-10Mという物ですけど、ピアノみたいな音なんですよ。

J minor さん、いつもコメントありがとうございます。
たった今、仕事から帰りました。
お聴きくださり、ありがとうございます。
理想のギター・・・・あくまでも、「現時点で」ということになりますが。
でも、これ以上のメイプルに会える気はしません。
ぶっちゃけ、安いですよ~。この個体は。(笑)

がめラさん、いつもコメントありがとうございます。
Guild>
やはり70年代Guild。
このD44Mは、一生手放さないでしょうね。前オーナーがなぜ手放したのか。。。。
もっとも、この音色は腕っこきのリペアマンによるネックリセットのお陰ですね。

akogiさん、いつもコメントありがとうございます。
きらびやかなのは、サムピックとフィンガーピックというのもあるかも知れません。一音一音がはっきりくっきりと出ますね。
Larrivee C-10Mですか~。それはかなりのハイクラスですから、Guild D44Mなんぞ足下にも及ばない高級機種です。

うーん、メイプル・・・
何度も購入しようと思っては他のギターにいってしまうんですよね。
この前もコア買ってしまったし・・・
GUILD DOYLE DYKES Signatureも買う一歩手前までいったのですが・・・
やっぱり他のギターになっちゃいました。
いつかはですね。

メープルの音は、私のヤマハ CPX1000
と高音のところが違うな~と。

思いつつ、丸に橘さんの演奏は
実直な人柄や忍耐強い性格など想像して
聴いていました(笑)。

私と違い仕事は真面目なんでしょね。
今日は午後からPCで資料を作成しながら
睡魔に襲われ、「白河夜船」の状態でした(笑)

しばしばさん、いつもコメントありがとうございます。
コアって、興味津々です。
オールコアって、どんな音なのでしょうね。
メイプルは、やはり古いのがいいのでしょうね。Doves In Flightも興味ありますが、年代的に新しいので、どうなのでしょうか。

風の又三郎さん、いつもコメントありがとうございます。
私の演奏は、ちょっと速いですよね。もっとゆったりとリズムを刻んで弾かないと。。。。結局、速く終わらなきゃミスしちゃう、という恐怖感の現れなんですね。気が小さいのです。。。。
眠いときは、眠るのが一番!

こんにちは~
 メイプルって、音の前になんかおいしそうで、
ギターも食べたくなるのは私だけ、ですよね(*^o^*)
失礼しました
 丸に橘さんのしっかりした奏法もあるんでしょうけど、
ひとつひとつの音符がとても綺麗ですよね。
それに、ギターそのものがとても美しいです。
 私は、メイプルとオールコアの生音を
リアルな場所でじっくり聴いてみたいと
ずっと思っているのですが、
まだ実現していません。残念。
 ところで、私のマーチンには「Solid Spruce」との表記。
これって、「イタリアン・アルパイン・スプルース」のことですか?
ブリッジはエボニーで真っ黒なんですけど・・・
 冬の寒くて乾燥する時期はケースから出すのも怖いです。
ど素人の私にはやっぱりヤマハが一番です。
あ、ヤマハユーザーの皆さんごめんなさい。
あくまでも、廉価版の話しですから。

なるほどギルドってこう言う音だったんだ。
メイプルだからこの音って事なのかな?
よく解りませんが、昔のフォークソングで良く聞いていたような気がします。

MEGUMIさん、いつもコメントありがとうございます。
シロップですね~。まさにメイプル・シロップ。言い得て妙。
さすが文学的です。私も文学部出身なのですが、負けてます。。。
Guild D-44Mは、美しいですね。全身黄金色です。山吹色かな。
Solidというのは「単板」という意味なので、「「Solid Spruce」というのは「普通のスプルース単板」ということですね。
冬場は、加湿器入れっぱなしですね。

青井草さん、いつもコメントありがとうございます。
同じGuildでも、もちろん材が違えば音は違います。
表現って、難しいですね。
そのあたり、研究すると面白いのかも知れません。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Guild D44Mの音色:

« サボってはいけません | トップページ | やはり、Guild »

最近のトラックバック