« 実に納得したこと | トップページ | Guild D44Mの音色 »

2016年2月13日 (土)

サボってはいけません

ハイ、Guild D44Mのことを書くのも、およそ1か月ぶりですか。

Cimg7633

ダメですね、サボるというのは。

書くのも1か月ぶりなら、弾くのもそれに近いものがあります。

Img_0090

でも、裏切らずに待っていてくれるのです。

Cimg7903

Martinのドレッドノートでメイプル仕様というのは、たぶんカスタム特注品以外はないのでしょうね。

大変魅力を感じますが、「新しいメイプル」というのは何だか音が硬いような気がしてしまいます。

そのあたり、詳しくはないので一概には言えませんが。

Gibson Doveでも、新しいものは音が硬いという話を聞きますから。

ところで、なぜMartinはレギュラーモデルにメイプルがないのでしょうか。

不思議ですね。。。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

« 実に納得したこと | トップページ | Guild D44Mの音色 »

Guild D44M」カテゴリの記事

コメント

感心しますね。
出番が少ないとは言えども
楽器のローテイション、平等に
使用していますね。

私は、マーチンD-76を購入してからは
他のギター(マーチンD18、D28、ヤマハFG-350、
CPX1000)の出番がありません。
ただ、ケースから出して磨きましたが・・・。

山の神(家内)いわく、依怙贔屓しているのねと。

風の又三郎さん、いつもコメントありがとうございます。
平等なローテーション、けっこう心掛けています。
が、それでも偏りは出てしまいます。。。
D-76でしたら、仕方ないですよ。材のグレードはD-45と同じということなのですから、つまりは70年代D-45の音色なわけで。私でも一辺倒になってしまうと思います。
石川鷹彦さんもそうだったと、何かの本に書いてありましたね。

丸に橘さん、こんにちは。

なるほど。Guild D44M の M はメイプルですか。
メイプルのギターはどんな音がするんですか?

ちょっと調べたら、「音質が硬めで立ち上がりが良く、ピックを使ってジャカジャカとかき鳴らすストローク系の方たちに重宝されている」ってことですが、そんな感じなのですか?

だとしたら、私のようにソロギター用途には不向きかな?

J minorさん、いつもコメントありがとうございます。
では、我がGuild D44Mの特集をいたしましょう。
私のメイプルは、実に甘い音色です。「硬さ」はまったく感じられません。
いつもアルペジオですが、ジーンとくるほどの音色です。
高音弦はギンギンと響き、低音弦ははっきりと低く聞こえます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サボってはいけません:

« 実に納得したこと | トップページ | Guild D44Mの音色 »

最近のトラックバック