« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

2016年1月28日 (木)

「古い物」への憧れ

Martin D-18GE。

Img_0055

スタンダードのD-18と入れ替えで手に入れた物ですし、何も不満はありません。

このロングサドルも、

Cimg7495

このヘッドロゴも、

Img_0059

ヘッド裏の刻印も、

Cimg7502

このアディロンダック・スプルースの木目も、

Cimg7736

大変気に入っているのです。

もちろん、マホガニーの音色も。

しかも、ゴールデン・エラ期のMartin D-18を復刻したものですから、内部構造もフォワード・シフテッド・スキャロップド・ブレーシングとなっています。

ですが、やはり「古い物」への憧れというのはなくなりません。

というのも、いつだったか、楽器店で弾かせてもらった1950年代のD-18の音色がすばらしかったからです。

D-18GEの比ではありませんでした。

もし、同じD-18でも1962年以前のものを手に入れるチャンスがあれば、躊躇することなく入れ替えます。

なぜ1962年かと言いますと、私の生まれ年という単純な理由からです。

ただ、当分は資金的に「チャンス」はやってきませんが、、、。

ただ、「出会い」は逃したくないですね。

・・・・・。

ということで、何だかとりとめもないことを書いてしまいました。

仕事の関係もあり、近頃は更新も滞りがちです。これは即ち、「弾いていない」ことを意味します。

反省。。。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

2016年1月24日 (日)

日曜日ナッシュビル・チューニング

元々、12弦ギターにしてもナッシュビル・チューニングのギターにしても、出番は休日ばかりでした。

これからは、なんていう大それたことを言うつもりはありませんが、基本運用として、

土曜日=12弦ギター

日曜日=ナッシュビル・チューニングのギター

という感じにしていこうと思います。

ということで、今日はGuild D55、ナッシュビル・チューニング。

Img_0036

以前、コメントをくださったMEGUMIさんが、「ナッシュビル弦は特に爪がないと均一な音にならなくて困っています。フィンガーピックは感覚的にどうしてもなじめなくて」と書いていらっしゃいました。

私は、フィンガーピック派です。

Img_0053

サムピックとフィンガーピックに慣れるまで、何年かかかりました。

諦めかけていたとき、ある日突然、使えるようになりました。もっとも、未だに違う弦を弾いてしまったりしていますが。(笑)

今はもう、フィンガーピックなしでは弾けません。

特に、ナッシュビル・チューニングは絶対ダメですね、指の肉では。

それにしても、毎回書いていますが、Guild D55のナッシュビル・チューニングは最高です。もう、いつまでも弾いていたいぐらいです。

Cimg7908

Guild D55つながりで、いつもの森恵さんの動画です。

「真夏の果実」。桑田さんのより、森恵さんのほうが好きですね。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

2016年1月23日 (土)

新しい機材で・・・

あ、新しいギターではありません。

こんなの、買ってしまいました。

Cimg7888

デジタルカメラです。

Canon PowerShot G7X。

パッケージ、こんなんです。

Cimg7883

久しぶりに都会に行ったので、家電量販店で、風の又三郎さんが導入したようなビデオカメラでも見ようかと思っていたわけです。

で、その近くにあったデジタルカメラ売り場で「最近のデジカメはどうなのかねえ。。。。」と、まったく買うつもりもなく見ていたところ、CANONの服を着た見目麗しき女性がいろいろと解説してくれて。

製品の特徴だけでなく、「今ならバッテリーがもう一つ付いてきます!」などと。

Cimg7885

さまざまなメーカーの社員が量販店には派遣されて来ているんですよね。

他のメーカーの方は、私に寄ってきませんでしたね。きっと、「こいつ、買うつもりないな」と的確な判断をしていたものと思われます。

説明を聞いているうちに、いつの間にかレジでクレジットカード出していましたね。(笑)

気に入ったのは、これ。

Canonpowershotg7xfrontscreenup

ディスプレイが可動式なのです。

いつも、撮影するときにどんな写り方をするのかが分からなかったのですが、これなら演奏の動画を撮るときもバッチリ。ぶっちゃけ、演奏が上手くできたと思ったのに上手く写っていなくて没にした、ということもありましたから。

ということで、早速。

Img_0032

最近、Guild G-312での「歳時記」(さだまさし)に凝ってます。

近いうちに動画もチャレンジしてみます。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

2016年1月19日 (火)

気付かなかった・・・・・

今日は、暴風雪・大雪警報。

明後日まで続く見込みで、町には人っ子一人歩いていません。

商売あがったり。お客さんゼロ。開店休業。

まあ、下手に出歩けば命の保証ないですからね。

どうしようもありません。。。

閑話休題。

私って、けっこう物忘れも多いし、おっちょこちょいなんですね。

そんな私の記憶によれば、「これは気付いていなかったなあ」という発見がありました。

いや、過去に実は気付いていて、このblogに書いたのを忘れているのかも知れませんが。

これです。

Cimg7792

Guild D44M。

ネックブロックですね。

今まで、随分見ていたはずなんですよ。購入してから何年も経っているわけですから。

なんと、1年前に内部撮影の記事も書いているのですね。

にもかかわらず、今頃になって気付いたのです。

ネックブロックに「D-44」という刻印があるのです!

「あらー」って感じでしたね。

ところで、Guildのモデルの表記は、「D44M」なのでしょうか、「D-44M」なのでしょうか。

ハイフンが入るのか、入らないのか。あるいはどちらでもいいのか。

たとえば、ネックブロックには「D-44」つまりハイフンがあります。(「M」がないのはなぜ?というのはありますが)

ところが、ラベルはこうなっています。

Guild_d44mbl

ハイフンがないわけですね。

まあ、それだけいい加減でいいのかも知れませんが。

結論としては、「どっちでもいいんでない?」あたりでしょうか。

いずれにしても、溜息の出るほどいい音色の個体です。

Guild D44M。

Cimg7630

皆さんも、模試で物が、、、、いや、もし出物があったらぜひ。

メイプルボディ、いいですね。Gibson Doveと比べたくなりました。

弦高です。

Cimg7927

この弦高で、これだけの音色を出しているのです。あと0.5mmぐらい高くてもいいですね。

サドルを1mm高くしますか。。。。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

2016年1月17日 (日)

うーん、いい音色です。。。

Guild D55をナッシュビル・チューニングのギターにして、2回目の出番。

Cimg7906

1回目は大して感じなかったのですが、今回は「えっ?こんなにすばらしい音色なの?」と驚いてしまうほどでした。

高音弦から低音(いや、高音よりももっと高音だから。。。ややこしい。。。)弦まで、ギンギンに鳴ってくれましたね。

Cimg7907

私のナッシュビル・チューニングでの定番曲は、

「22才の別れ」

「あいつ」

「海岸通」

「秋止符」

「歳時記」

「なごり雪」

です。

Cimg7923

このうち、「なごり雪」はレギュラー弦の時と違って、スリーフィンガー(私はフォーフィンガーですけど)で弾きます。

また、「秋止符」も異なったアレンジで弾くようにしています。

前にも書いたかも知れませんが、一家に一台、ナッシュビル・チューニングを!ですね。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

2016年1月16日 (土)

ん?値段が違う。。。

我がGuild G-312。

今、国内でネットで探せる範囲では3本しか市場にありません。そのうち1本は、今日現在「HOLD」となっています。

残り2本のうちの1本の値段を見ていて、あれ?と思いました。

それは、、、、、

Ikebe

上記は楽器店の直販サイトです。

値段は、税込281,880円。

同じ物が、楽天市場のサイトにも出ていました。

それが、こちら。

Ikebe_rakuten

値段は、なんと税込306,180  円。

えっ?まったく同じ物が?同じ店なのに?どのサイトで買うかで24,300円も違うの?

これは衝撃でしたね。

まあ、楽天市場の場合はポイントも付けなきゃならないし、売れた分の楽天への手数料も発生するのでしょうし。

その分が、ちゃあんと値段に乗っているわけですね。

そう考えると、楽天のポイントなんて馬鹿馬鹿しいのかも知れません。ポイントがたまって喜んでいる場合ではないですね。

それは多分、これだけではなくてすべての商品で言えることなのかも知れません。。。。。

一つの落とし穴なのでしょうね。

因みに、このGuild G-312CEつまりカッタウェイのピックアップ標準装備は、森恵さんと同じ機種です!

今なら、何と!

同じ楽器店の楽天サイトでアウトレット品が税込205,200円の物が売ってます!(これが3本目でした)

やはり私は、自分のが一番です。

Cimg7512

ということで、森恵さんの動画。

こちらはGuild D55です。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

2016年1月11日 (月)

Guild G-312雪辱戦

先日は、途中でダウンしてしまいました。

こんどこそ!

ということで、リターンマッチです。

Cimg7568

気合いを入れて、Guild G-312と向き合います。

Cimg7898

いざ!出陣!

Cimg7685

ということで、今日は、

「歳時記」

「あいつ」

「なごり雪」

といった、12弦ナンバーを気持ちよく弾けました。

リターンマッチ、無事終了。

ある意味、「慣れ」なのかもしれません。

まだ「あの素晴しい愛をもう一度」まで行っていませんので、イマイチと言えばイマイチですが。。。

次回は、と思っています。。。。

さて、3連休も終わりましたね。

今日は、日中の最高気温がマイナス8度ぐらいでした。

流石に、これはキツかったですね。外に出る気になりませんでした。

明日も同じぐらいのようですが、、、、、また明日から仕事に勤しみます!

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

2016年1月10日 (日)

Guild祭り!

まあ、祭り、ってほどではないですけどね。

一応、言葉だけでも楽しくしようかと。(笑)

今日は、Guild D44M。

Cimg7628

D44Mは、弦を張り替えてから初めての登場です。

弦交換時、Tuning Machinesを元に戻したことはこちらに書きましたね。

ヘッドの雰囲気は、こんな感です。

Cimg79011

つまみの部分は金メッキがかなり落ちていますが、それでも裏側は色の統一感があります。

たぶん、これもオリジナルではないと思うんですよ。

当時のカタログによれば、D44MはGoldのTuning Machinesを搭載するほどの高級機種ではないわけで。

オリジナルは、Grover 102Cなんですね。

ですから、初代から私の直前のオーナーまでの誰かが、Grover 102Gに交換したのだろうと推測しています。

ただ、この102Gは70年代のもので、ギターそのものも1977年製ですから、少なくとも70年代のオーナーですね。

さらに、ガメらさんのblogによれば、「1970年代は日本向けのブルーラベルが存在する」とのこと。

私のD44Mは青いラベルではありませんので、元々は米国で販売されたものということになります。つまり、交換したのは米国時代のオーナー、おそらく初代。。。。

それがいつしか海を渡り、転々として、私の元に。。。。

うーむ。ロマンを感じますね。もちろん、マロン(栗)も好きです。(笑)

閑話休題。

このTuning Machinesを見ていて、ふと気付いたこと。

まず、これ。

Cimg7910

70年代以前のGrover 102のトルク調整ネジがマイナスというのは周知の事実。

しかし、、、、

Cimg7912

これなんです。本体をヘッドに固定するネジは、プラスなんですね。

「は?」

ですよね。このちぐはぐさの理由が分かりません。

いずれにしても魅力なのは、「Grover」のロゴの刻印された、この軸の形。

Cimg7913

反対側から。

Cimg7914

これを「ミルクボトル」とは、よく名付けましたね。

さて、久しぶりのGuild D44M。

音色は相変わらず最高です。弾きながら、ついついうっとりしてしまうのです。

「岬めぐり」

「22才の別れ」

「ホームにて」

「花嫁」

「歳時記」

「S.Y.さん」

「なごり雪」

「神田川」

「秋止符」

「海岸通」

「あいつ」

・・・・・

いつもの曲を弾いて。

充実の日曜日でした!

弦高です。

Cimg7678

今日のYouTubeは、「あいつ」。

正やんの名曲です。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

2016年1月 9日 (土)

休日恒例、12弦ギターなれど。。。

Guild G-312。

Cimg7511

実に久しぶりです。

Cimg7684

何度か弦高のことについて書きましたが。。。

サドル新調しました!

Cimg7899

これまでよりも、1mm近く高くしています。

よって、弦高は、、、。

Cimg7895

主弦側で2.5mm確保です。

こちらは副弦。

Cimg7896

やはり、音の張りが違いますね。実にクリアになりました。

しかしながら、、、やはり指への負担は大きくなりましたね。

久しぶりということも手伝って、今日は「歳時記」と「あいつ」だけでダウンしました。疲れてしまって。

情けない話です。

ということで、今日は森恵さんの動画で。(えっ?こっちのほうがいいって?やはりね。。。)

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

2016年1月 7日 (木)

新年弾き初め

昨夜、単身赴任先の社宅に戻りました。

仕事始めは、もちろん4日でしたが、本社での新年交礼会や会議、新年会、研修会などがあって。

昨夜、部屋の湿度は29パーセント。それから夜通し加湿器を稼働させ、今日帰宅すると、ようやく45パーセントに。これで、ギターを出しても安心。

さて、開幕投手は、やはりエースで臨まなければなりません。

ということは、Martin D-45。

Cimg7393

あら、いきなり後ろ姿。ならば、、、、。

Cimg7394

ついでにね。(笑)

「エース」というより、「D-45なんだから、頼むよ、エース」ってな感じですかね。(笑)

まだまだエースの風格はありませんが、、、。

Cimg7727

今年は、テーマ曲を集中的に、と思っています。

ストロークも1曲ぐらいは。

さて、テーマ曲の一つ、「なごり雪」。

この間奏って、けっこういいなあと思うのです。

アレンジして、楽譜を作ってみます。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

2016年1月 4日 (月)

悲しい査定

こんなサイトを見つけました。

そこで、自分の所有ギターを査定してみたのです。

すると、、、、。

まずは、エースMartin D-45。

Sateid45

意外や意外。カスタムよりもスタンダードシリーズの方が上です。

それでもなあ・・・こんなものなんですね。。。。

私は新品をぶっちゃけ税込み65万円で買ってますが、それでもここまで下がるわけですね。

二番手、Martin D-18GE。

Sateid18ge

これも新品で買うとけっこうなもんなんですけどね。私も中古で買ってますから、、、、まあ、こんなものなんですね。

最後に、Guild D55。

Sateid55

もうこれは「切ない」というレベルですよね。

しかも、これ、ピックアップ付きの機種ですよ。

私のはタコマ工場製なので「CT」とはちょっとだけ違いがありますが、たぶん査定は同じようなものでしょう。

それにしても、、、仕方ないですよね。いずれもこの程度で査定しないと、商売になりませんから。

そのおかげで、中古市場では安く手に入るわけで。

新年にはあまりふさわしくない話題だったかもしれませんが、なかなか面白いサイトでした。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

2016年1月 2日 (土)

「歳時記」楽譜修正中

今まで一度だけ話題にしたことがあります。(こちら

楽譜づくり。

私は、Tuxguitarというのを使っています。

Tuxguitar

このアイコンはあまり好きではないんですけどね。

ソフトは使いやすいです。

「歳時記(ダイアリィ)」(さだまさし)は私のテーマ曲の一つなのですが、今までバッキングのみで弾いてきました。

が、一応、イントロや間奏を自分なりにアレンジした楽譜も作ってあったわけです。

この正月休み、それを練習しようとしたところが、まあ、弾きにくいこと。実際の左手の運指が、私の腕ではとてもとても、、、、というところが多くて。自分で作っておいて。(笑)

そこで、弾きながらイントロと間奏の修正をしています。

Tux

いずれ、イントロと間奏をアレンジした動画を公開できるように頑張ります!

https://www.youtube.com/watch?v=X3lb9b1zkAI

https://www.youtube.com/watch?v=RpNe2BINack

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

2016年1月 1日 (金)

妄想の平成28年か

新年おめでとうございます。

平成28年となりました。今年もよろしくお願いいたします。

皆さん、「28」年です。

ん?「28」? もしや、D-28? 1962?

はい、妄想の平成28年となりそうです。

で、ギターもない留守宅での新年ですので、一つ新年を迎えての妄想でも。。。(この年になりますと、「夢」と言えません。「妄想」ですよね)

Martin D-45。ブラジリアン・ローズウッドは逆立ちしても不可能なので、せめてもの妄想は、ジャーマン・スプルース期のD-45。

たとえば、こちら

Tcd451974

THE中古楽器屋さんの逸品です。

なんと、まだお店に出たばかりですね。かなり状態がいいようです。たぶん、程なく売れてしまうのでしょう。

ぶっちゃけ、アベノミクスになってから、高額なギターの売れ行きが加速してないですか?

おかげさまで、私の妄想も確実に期間短縮になっています。(笑)

閑話休題。

こちらもなかなか。

Dod451973

型番が変わってますね。「SD-45」。なんだかパソコンに挿しちゃいそうな名前です。(笑)

「イルカに乗~おった~、D~45がやって~き~た~」(ネタ古いですね)だったらいいのですが。

うーむ。指板交換の個体ですか。いいのではないでしょうか。

そして、こちら

Apd451974

「\ASK」って、好きではないですね。要するに、鮨屋の「時価」と同じでしょう。

「だったら、今日の値段はいくらなの?」って突っ込みになります。

ブルーケースの中が茶色というのもセンスないですね。(自分のことを棚に上げてしまってますけど)

でも、写真で見る限りはサドル低いですよ。ほどなくネックリセットが必要になりますから、購入するなら+αの出費を覚悟しなければなりませんね。

しかも、ペグが現行品ということであれば、ん~。。。。

ちなみに、ジャーマン・スプルース D-45の音色はこちら。

正やんのD-45ですね。ちなみに、こうせつさんのは1956年製Martin D-28だと思います。(こっちの方がよかったりして。(笑))

さて、3本のうち、どれにしましょうか。(もう掃海し、もとい、妄想開始)

皆さんの答えは???

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »