« ありゃあ、、、、今度は、、、 | トップページ | 今日の弦交換 »

2015年12月25日 (金)

年末は弦交換の時期

今日は、弦交換デーでした!

と言っても、Guild D44Mだけですけど。(笑)

Cimg7631

弦は、いつものこれ。

Msp4100

Martin MSP4100。

GuildにMartinの弦を張るという矛盾。

私は、自称ミーハー。この弦を使う理由はただ一つ。

「プレーン弦が金メッキされている」

「金」に弱いんですよ。世代的に。さすがに金歯はないですけど。(笑)

中学時代、技術の授業で作った椅子に、金のスプレーで色をつけたほどです。(笑)

が、今回はドラマがありました。

Turing machineを元に戻したのです。

Cimg7760

GOTOHのTuring machineを外しました。

元に戻した理由の一つがこれです。

Cimg7761

GOTOHのワッシャーが小さいのですね。70年代Groverに比べて。

見た目重視の私としては、このワッシャーの跡がやはり気になってしまって。

全部外して。

Cimg7762

オレンジオイルで指板を磨き。

Cimg7763

ボディも軽くポリッシュで。

Cimg7764

もちろん、ブリッジもオレンジオイルで。

Cimg7765

元々付いていたGroverのTuring machineを用意し。

Cimg7791

きれいに磨いて。

Cimg7790

かなり金メッキは剥がれていますが。70年代ですから、仕方ないですね。。。。却ってギターの古さにマッチしています。

指板のオレンジオイルが乾いた頃を見計らって、取り付けます。

Cimg7798

元の鞘に収まりました。

Cimg7799

裏側です。

Cimg7801

Grover→GOTOH→Groverということで、波瀾万丈の変遷でした。

70年代のギターですから、70年代のミルクボトルが、やはりよく似合います。これが、元に戻した二つ目の理由です。

ということで、弦交換完了です。

Cimg7629

年末弦交換、第1弾でした。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

/p>

« ありゃあ、、、、今度は、、、 | トップページ | 今日の弦交換 »

Guild D44M」カテゴリの記事

ペグ」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

丸に橘さん、こんにちは。

私もD-28にはSP張ってます。
一度Guild弦試してみてください。なかなかいい弦ですし、やっぱりGuildに合ってるかなって感じます。

私もそろそろ弦交換を考えていますが、
トレラン・マラソン練習もあるので、ゆっくり
時間が取れませんが、年末年始の休みの
間に・・・。

正直、不器用なので1時間ぐら掛かります。
もっと磨いたり掃除しますが・・・(笑)。

がめラ三、いつもコメントありがとうございます。
Guild弦、どんな弦なのでしょうね。
そもそも、国内で売っているのでしょうか。
一度使ってみたいですね。

風の又三郎さん、いつもコメントありがとうございます。
すごいですね-。冬のマラソン。
シーズンですからね。
年末年始は、、、、単身赴任先からギターのない世界へ。(笑)
いや、正確には、1台だけ置いてあります。安物を・・・。

マーチンのスタジオパフォーマンスですね。

自分も寒くなると保湿も考えて弦交換しています。
古いギターのボディはセーム皮で拭くだけにしていますが。

しばしばさん、いつもコメントありがとうございます。
スタジオパフォーマンスだから「SP」ということなのですか。なるほどねえ。こういう略語って、以外と知らないですよね。何かの意味を表した記号、というか型番なんだろうなあとは思っても。
今日もまた、交換作業しました。。。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571672/62938193

この記事へのトラックバック一覧です: 年末は弦交換の時期:

« ありゃあ、、、、今度は、、、 | トップページ | 今日の弦交換 »

最近のトラックバック