« 井上陽水のGuild D55 | トップページ | Martin 175 YEARS »

2015年12月 6日 (日)

久々のナッシュビル・チューニング

4か月ぶりぐらいになりますか。

実に久しぶりにナッシュビル・チューニングの弦を張りました。

一度張りますと、まあ、半年ぐらいは専用器となります。

選ばれたのは、どのギターかといいますと、、、、こちら。

Cimg7546

Guild D55。

レギュラー・チューニングとは暫しお別れ。

名残惜しさを感じながら、弦を外す前に、

「神田川」

「岬めぐり」

「秋止符」

Cimg7549

そして弦を外し、

Cimg7707

しっかりとメンテナンスします。

Cimg7709

オレンジオイルで指板とブリッジを磨き、フレットの縁も綿棒でゴシゴシ。

Cimg7710

ご覧ください。けっこう汚れが溜まっているのです。

Cimg7711

乾くまで、スタンドに立てておきます。

Cimg7712

のっぺらぼうです。

Cimg7713

乾いたら、糸巻きを外してヘッドを磨きます。

Cimg7719

いつもはここまでしませんが、まあ、たまには。。。

ということで、いよいよ弦を張ります。

Cimg7704

D'AddarinのEJ38H。

右肩部分に、「High String」と書いてあります。

Cimg7701

太さは、、、。

Cimg7703

作業開始。

Cimg7720

しかし、弦交換というのは、けっこうな作業ですね。何回やっても。

完成。

Cimg7721

細いですね。

Cimg7722

ただただ細く。

Cimg7724

細い。。。

Cimg7725

疲れてしまって。今日は、「22才の別れ」を一度試奏しただけで終わりました。

今日の動画は、ナッシュビル・チューニング関係で。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

« 井上陽水のGuild D55 | トップページ | Martin 175 YEARS »

Guild D55」カテゴリの記事

ナッシュビル・チューニング」カテゴリの記事

ペグ」カテゴリの記事

メンテナンス」カテゴリの記事

弦高」カテゴリの記事

コメント

やっぱり石川さんは上手いなぁ。
音が違うよね。

才能の違い、としか言い様がありません。
指先に眼が付いているとしか思えませんね。

丸に橘さん、こんばんは。

ナッシュビルチューニングですか。したことないなぁ。
弦も細いんですね。どんな感じなんだろう?

がめラさん、いつもコメントありがとうございます。
私の下手なギターも、まずまず上手く聞こえます。
魔法のチューニングです。
いや、これはチューニングだけではないですね。弦も違いますから。
ぜひ、1本はナッシュビル・チューニングに。

ナッシュビルチューニングは弾いたことも張ったこともありませんが、今度試してみようかな。
しかし、ペグを外しての掃除とは参りましたm(_ _)m
ものぐさな私めのギターは、埃をかぶっても手の平で拭うだけf^_^;)

akogiさん、いつもコメントありがとうございます。
ナッシュビル・チューニング、一家に一本。(笑)
ぜひ。
糸巻き外しての掃除は、年に一度の大掃除。(笑)
いや、年に一度もしないかな。。。こういう大きな変化の時だけです。

丸に橘さん、こんにちは。

掃除の手順、「なるほどな」と思いながら、見ていました。
どうも私はこの手このことが億劫で・・・。

ナッシュビルチューニングといえば、やはり「22才の別れ」ですね~。
私も昔よく弾きました。

でもナッシュビルチューニングで弾いたことは・・・一度もないかも・・・。

私も週末は弾き語りでもしてみようかと思っています。
ま、飽くまでお遊びですが・・・。

J minorさん、いつもコメントありがとうございます。
いつも下手な演奏してしてやれませんので、せめて掃除だけでも、と。(笑)
いつも済まんな、と声を掛けながら。(自虐的)
ナッシュビル・チューニングは、下手くそでも上手く聞こえるという、大変お得なチューニングです。(笑)

すいません、ずっと仕事で気持ちに余裕がありませんでした
ナッシュビル、理屈ではわかったつもりでしたが、「あんな太い6弦をオクターブ上げるとネックに悪いんじゃないか?」なんてことを真剣に考えてました(笑)
また一つ賢くなりました(^_^;)
それと動画でも言ってましたけど12弦用の弦を買うとナッシュビル+レギュラーの2本に張れてお得・・・なるほど!でした

ziziさん、いつもコメントありがとうございます。
石川鷹彦さんて、面白い人ですよね。
私、それをやったことがあります。
が、12弦の弦は、大概エクストラ・ライトなんですよね。ナッシュビル・チューニングには良いのですが、6弦にエクストラ・ライトはどうも私には合わなくて。。。
エクストラ・ライトが好きな方にはピッタリですよね。
ziziさんも、ぜひナッシュビル・チューニングを1本!

●ナッシュビルチューニング
キラキラと跳ねるような、良い音ですね。
「22歳の別れ」のイントロはこれでなくちゃ。
それにしても、糸巻きまで外すのですか・・・。
ギターを大事に、そして丁寧に、愛着もって
いて、正に名器は永遠に残るのですね。

●1972年東京 渋谷公会堂に”よしだたくろう”
のコンサート(今はライブと言いますが)に行っ
た時、前座の森山良子さんのバックで石川
鷹彦さんがマーチンD45を弾いていたのを
思い出します。~♪

風の又三郎さん、いつもコメントありがとうございます。
ナッシュビル・チューニング、今度は動画でアップできるように頑張ります。
それにしても、凄いコンサートを生で体験しているのですね。まだ私が10歳で、吉田拓郎を知らない時代に。。。

ナッシュビルはやったことないですねー。

ちょっと気になったのですが、ペグを外すとネジ穴が大きくならないですか?
自分がペグ交換するときはネジをひと回り大きめにしています。
というかゴトーもウェバリーもペグを買うとひと回り大きめのネジが付いています。

しばしばさん、いつもコメントありがとうございます。
いろいろなギターのいろいろな音色を楽しみたいと思いますから、普通はしないですよね。
私も随分悩みましたが、、、、。
でも、やってみると、ああ、いいなあ、と。
ネジのことは、気付かなかったですね。次は気にしてみます。もしかしたら、穴が変になっているかも知れません。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571672/62818829

この記事へのトラックバック一覧です: 久々のナッシュビル・チューニング:

« 井上陽水のGuild D55 | トップページ | Martin 175 YEARS »