« こんなのが。。。 | トップページ | 妄想の平成28年か »

2015年12月31日 (木)

Martin(1962)の出物とは

いよいよ、今年も暮れていきます。

本blogをご覧くださった皆様、誠にありがとうございました。

また、コメントをくださった方々には、深く感謝申し上げます。

さて、大晦日の時点で、J-guitarにあるMartinの1962年物は、こんなところです。

Martin1962

わずか7本。

この中に、私の求めるものはありません。(akogi305さん、1963には素晴らしいD-28出てますよ)

来年、素晴らしい出会いがありますように。。。。

最後は、この動画で締めくくりたいと思います。私の、第一のテーマ曲です。

また来年もよろしくお願い申し上げます。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村


ギター ブログランキングへ

« こんなのが。。。 | トップページ | 妄想の平成28年か »

Martin」カテゴリの記事

コメント

62も少ないですねー。
自分は00-18には興味あります、レスポンス良さそうですよね。

本年は丸に橘さんと知り合えて、いろいろ勉強させていただきました。
また丸に橘さんを通じてギター仲間もでき楽しい年になり感謝しております。
来年もお相手していただければ嬉しいです。

それでは良いお年を・・・

しばしばさん、いつもコメントありがとうございます。
しばしばさんは64年でしたね。64年も、MartinはOO-21NYという1本しかありません。Gibsonはたくさんありますね。しかし、うーん、工学、もとい、高額。Gibson J-160Eの149万って、なんスか。
それにいたしましても、しばしばさんとのやりとりは刺激的でした。
来年もよろしくお願いいたします。

JギターのマーチンD28 1962年製
の3本を観ましたが。

音量、音質は分かりませんが、
外観は、クラックがあったり、キズ等が
あり、またハードケースも程度が悪く・・・。
やはり買うのであれば、少し綺麗(美品)
なのが欲しいですね(少し高くても)。

もちろん、手に取って外観のチェックと
試奏は必要ですが・・・。

まあ~、気長に出物を待つしかありませんね。
お互いに、「一生モノのアコギ」は、来年に期
待しましょう。

それでは、良い年をお迎えください~♪。


風の又三郎さん、いつもコメントありがとうございます。
そうですね。焦らず。。。
私は、外観は傷だらけでもかまいません。が、クラックがあったり、ボディがかなり膨らんでいたり、ロゴが無残なことになっていたりというのはパスですね。
多少値が上がっても、満足できる物を、と思っています。
地理的に、現物を見ることは難しいかもしれませんが。。。気長に待ちます。
お互いに。(笑)
よいお年を!

丸に橘さん
明けましておめでとうございます。
旧年中はお世話なりました。
本年も宜しくお願い申し上げます。

J-160Eは、オール合板ですよね。
でも60年頃までのギブソンはネック・トップ・サイドバックと素晴らしい木材を使用しています。
昔のギブソンの木材を見る目と拘り、凄いです。

しばしばさん、新年早々、コメントありがとうございます。
ジョン・レノンの影響も大きいのでしょうか。
結局は、それだけの価値がある、ということなのですね。
今年もよろしくお願いいたします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571672/62974748

この記事へのトラックバック一覧です: Martin(1962)の出物とは:

« こんなのが。。。 | トップページ | 妄想の平成28年か »